ファミリーフィッシングの
3大魚種(アジ、サバ、イワシ) の一角を担うアジ。

ルアーで釣るとアジングになります。
image

ライトゲームのなかでは、
難しい部類に入ると、思われている方が多いように思いますが、先にも書いたようにファミリーフィッシングで、釣りやすい魚の代表格です。

サビキ釣では、鈴なりに釣れているアジです。

気楽にトライしましょう。

タックルは専用のロッドも、各社から出ていますが、概ねメバル用とか、ライトクラスのバスロッドでOKです。

リールは、1000~2000番クラス
ラインはフロロの2~3ポンドで大丈夫です。

あとはジグヘッドとワームがあればスタートです。

さて、このアジングと言う釣り
反応の良い魚なので、居れば大抵アタリがでます。
なので、最初はキャストしたらフリーに底まで落としてみましょう。
アタリはコン、とかツッとかではなく、スッと吸い込むアタリなんですが、ラインを張らず緩めずで落とすのがキャッチするコツです。

アタリが無いときは、少し場所をずらして、アタリの出るところを探します。

サビキのようにエサで寄せるのではないので、こまめに場所をずらしてアタリの出るところを見つけましょう。


アタリが出たら、今度は食わすのですが、乗らないときは、ジグヘッドの重さを替えます。
だいたい1gからスタートして0.8、0.6gと軽くしていった方が、その日のアタリウエイトを、見つけやすいと思います。

サビキ釣りでも同じですが、
フォールに反応しやすいので、
キャストしたら落とす、ちょっと誘いあげて落とす、の繰り返しでラインは張らず、緩めずにキープしましょう。

image



最後にジグヘッドの選び方ですが、最近はいろんなメーカーからアジング用のジグヘッドが
発売されています。
image

左は通常のジグヘッドで、右はアジングに特化したジグヘッドなんですが、フックのポイントが極端に上を向いています。
これは、アジの補食の仕方が独特で、エサを吸い込んでは吐き出すを繰返す習性があるので、アタリがあるのに乗らない時などに使うと、吸い込んだら口に引っ掛かり易い形状に
なっています。

アシストフックを付ける方法もありますが、アジングはサビキと違って、乗らないアタリをあわせたり、キャッチの瞬間のポロリを楽しめばいいと思います。

たくさん居てるので、隣同士で競いあったり、喋りながら出来る釣り物です。
気軽に
楽しみましょう。

長くなりましたが、アジングは、

アジを探し、フワフワと
ジグを漂わせ吸い込ませる。

乗らないアタリに悶絶する。

やっと乗った獲物をポロリで逃がす。

寒いけど熱くなる。


で良いと思います。


image

因みに、ナイトゲームのイメージが強いですが、デーゲームも十分成立します。