いつも思うことがあります。
シーバスでは、まだまだここまでたどり着いていませんが、ライトゲームでは、バイトの出方に明らかな違いがあります。
image

なんの事かわからない書き出しですが…
同じ魚を釣り上げるのに、
これが同じ魚なのか?と思う事が多いのです。


例えば、チヌ
image

往々にして、警戒心が強く、繊細な仕掛けで釣る。
餌釣りでの人気ターゲットです。

なので、餌釣りの場合は、細い仕掛けで繊細にアプローチします。
イカダのかかり釣り等は、極細の竿で、微かに出るバイトを精神を集中して、捕ります。

でも、ルアーで釣ると、
ミノーやバイブレーションに、
ゴチン!
底ズルでも、ゴゴゴ、ゴゴゴ、ギューン!

同じ魚です。


今が盛況のタチウオ
image

浮き釣りでは、アタリが出て、ウキが沈んで、あわせても餌のはしっこだけ、噛んで乗らなかったり。

ルアーで釣ると、シュンシュン、ドッカーン!

同じ魚です。

これが同じ場所で、隣同士で
違うのです。



ルアー釣りのなかでも、
例えば、ブラックバスの場合
image

スピナーベイトにグググッ!

と思えば、ノーシンカーで、
ラインにしかバイトが出なかったりします。

これも同じ魚です。

餌、ルアー、場所、魚の状態に
関わらず、バイトの出方が違うのです。

経験では、リグが重ければ重いほど、明確なバイトの出方。
軽ければ、軽いほど繊細なバイトの出方になると思います。

どうしてそうなるのか?
はっきりとはわかりませんが、
同様の経験をされた方も多いかと思います。

そこで、最近思うことは、闇雲にラインやリグを軽量化すると、釣り自体が難しくなるのでは無いかと思うようになっています。

今季アジングには、あまり出れていませんが、ラインを1.3ポンドまでおとし、リグもなるべく軽い選択で釣りをしました。

釣果はそれなりに出ましたが、
釣り方自体が難しく、とても初心者が一人で楽しめる、気軽なライトゲームでは、ありません。

これからの季節、手もかじかんでリグったり、操作するのもままならなくなります。

今季のメバリングは、その辺も少し考えてトライしていこうと思います。
image






追記
今日は月曜会です!