釣りをする上でタックルの
選定は重要と思います。
image

高価なタックルと言う意味ではなく、ターゲットに合わせた選定が釣りの面白味、キャッチ率を上げるキーとなる事が多いでしょう。

今回は、リールについての持論です。

ライトゲームでリールを
選ぶ場合は、軽さとラインの巻き取り性能に尽きると思います。

ワンハンドでキャストしたり、
スローに一定の速度で巻き取る場合、軽さはアドバンテージになると思います。

ただ、少々重くても、竿をキープする場所を体に近づける事により軽減できたりもします。

スピニングリールは構造上竿にぶら下がる形なので、重さがダイレクトにわかります。

なので、竿の上にあるベイトリールは、あまり重さを感じません。
でも、一番の理由はベイトリールの方が体に近いからだと思います。
image

リトリーブも安定して、体への負担が少なくなるポジションは、寒くなるこれからの時期特に重要と思います。
今一度確認してみると良いかと思います。



では、ラインの巻き取りに関してですが、軽いジグヘッドやプラグを巻き取るので、スピニングリールが一般的な選択です。


ライントラブルは出やすい釣りです。
ラインローラーにベアリングが付いたものはそれなりの価格がしますが、ラインの交換頻度を減らすと言う意味では、充分元の取れる投資かと思います。

私は付いていませんが…


そんなスピニングリールの選択ですが、私はハイギアを選んでいます。
ゆっくり巻くことが多いナイトのライトゲームでは、必要ないと思う方もいらっしゃると思いますが、慣れると意外にゆっくり巻けます。
これは、慣れなので練習すれば、誰でも出来るようになります。

そんなハイギアのリールを選ぶ最大の理由は、巻き取り量の違いです。

根魚は、大抵の場合バイトすると根(マイポジション)に戻ろうとします。
浮いて表層の餌を食べているメバルでさえも根に潜ろうとします。
シーバスは浮いてエラ洗いで逃げようとしますが、根魚は潜って逃げるのです。

なので、最初のアクションが遅れると、捕れない事が多いのです。

ボトムで釣るとなおさらで、
とにかく初動が大切です。

フロートの釣り等はロングディスタンスでそれなりにラインスラッグも出ています。
そんなときのバイトをラインを瞬間的に巻き取りながらバシッ!とアワセを入れ、なおかつ根に潜られない様に一気に浮かせるには、ハイギアのリールが便利なのです。

因みに、食いついた事に気づかず、そのまま根に入られ、根掛かりと思っている事が意外に有りますよ♪

巻き心地が重く嫌いな方もいるとは思いますが、一度お試しあれ!

と思う今日この頃です。