いろんな方法で釣れるチヌ、キビレ

今回は岸壁に付く魚を狙う方法をご紹介します。
image

底ズル、トップも面白いですが、縦の釣りも非常にエキサイティングです!
タックルは後に書きますが、
ベイトタックルが使いやすいです。
基本的には投げないので、流行りのベイトフィネス用とかでなくても、全然大丈夫です。
ロッドはチューブラーでもソリッドでもお好みで、やや長めの7f以上がいいと思います。

ラインは10ポンドのフロロを基準に、エリアによって太くしたり、細くしたりで調整してください。
PEラインは根擦れに弱いので、この釣りにはお勧めしません。
以上のタックルにジグヘッドとワームでOKです。

因みにシーズンは特に無く、真冬でも釣れます。
でも、夜間(ナイトゲーム)が、圧倒的に釣れます。

image


岸壁チニングと言う事なので、狙いは足元です。
堤防の際にそっとジグヘッドを落とし込みます。
釣れる棚が明確に有るので、
ベイトリールで、ゆっくりと落としていきます。
この時スピニングリールでは、アタリの出る棚が掴みにくく、アタリが出た時にもベールを返して合わせるので、タイミングが遅れます。
なので、ベイトリールでのタックルがお勧めなのです。

スリットの有る岸壁であれば、更に期待度は上がりますが、初動が遅れるとせっかくの魚も捕れません。
なので、なるべくベイトタックルの使用がお勧めです。

使用するワームですが、私はクロー系のワームを好んで使っています。
落ちるときのヒラヒラした動きが 、アピール度を上げてバイトを誘発するのかと思っています。

最後にアクションですが、日によって、時期によって違いますが、軽いジグヘッドでゆっくり落とすのか、ズドンと早く落とすのか、または、横にゆっくりと引くのが良いのかいろいろと試してみるのが良いと思います。
そして、意外にもゆっくり巻き上げるのが高反応な時もあります。

ライトタックルで重戦車のようなチヌ、キビレの引きは病み付きになりますよ♪

一度お試しあれ…