今回はライトゲームでの 持ち物について書こうと思います。

まずは、これからのメインターゲットになるメバル(アジングも基本的には同じ)です。

ロッド
基本的には2本持って行きます。

ジグ単等の短距離を攻める為のロッド(6.7f)
フロートや大きめのプラグでの遠投用のロッド(8.7f)の2本です。

リール
フロロ1~3ポンド用(2000)とPE0.3号位のライン用(2500)の2個

上記の2タックルが私の基本です。
image




続いて小物類ですが、
ロッドホルダー付のバッカンと、ライジャケ、ショルダーバッグです。
image


バッカンは、移動時にはライジャケ、ショルダーバッグを収納し、釣行時にはライブウエルとして活用しています。
2本の竿のうち使わない方はバッカンに立て掛けることにより、踏みつけ等での破損や傷も防げます。
ライブウエルとして利用する場合は、とりあえずジアイには釣りに集中し、後で写真を撮ったり、持ち帰りの選定をするのにも役立ちます。

酸素補給は冬場は、水温が低く容存酸素量も高いので、詰め込まない限り無くても大丈夫です。
ただし、夏場は水温がライブウエルの中でもどんどん上がりますので、酸素を補給してあげ、
尚且つ水も時折入れ換えてあげないとダメージが出ますので注意が必要です。

ライジャケは、自動拡張式の方がコンパクトに収まります。

そして、ショルダーバッグです。
私は、34(サーティーフォー)のバッグを愛用しています。
image

バッグのフロントには先日購入したPICKERSと、ライト
そして、側面に魚掴みを付けています。
これらは、ナイトゲームが多く、テトラ等での移動も多いので、全て落ちないようにDカンに止めて携行しています。


フロントの小物入れには、
メジャー、ケミホタル等の小物を入れています。
image

バッグのなかにはケースが5個
あり
image

プラグ、メタルジグのケース

image

ワームのケース

image

フロートリグようの小物ケース

image

シンカーやサルカンのケース

image

ジグヘッドのケース

以上が私の基本です。

必要なものだけ、なるべくコンパクトに収納することで、移動のストレスを軽減させましょう。

手軽にライトゲーム楽しみたいですね♪