日曜日は所属のクラブチームの
バス釣り大会第一戦でした。
image


琵琶湖オカッパリなので、
まぁまぁ釣れるだろうと
呑気に構えて、金曜の夜は
泥酔…

案の定、御前様で土曜日の昼から
現地入りしました。

眠い目を擦りながら、様子見しますが、



激渋😱

何ら収穫も無く、
途方に暮れながら、夜は
同じように前日入りのメンバーの
方たちとダベリング🎵

仮眠もそこそこに深夜に
もう一度竿入れてみると…

image


やってもーた❗

はい❗
本番に是非置いておきたかった
良型のバス❗

本番転けるパターン濃厚で
当日の朝を迎えました。

何の策も、パターンも掴めていない
ままゲームスタート❗

沖目の枯れかかったウィード
周辺を何となく撃ちますが、
ノー感じ❗

傍らでは、メンバーの方が
良いサイズをあげています。

どうやらバスはウィードに付く
のでは無く、ウィード沿いを回遊
している感じで、それより手前は
ノンキーがチョロチョロ釣れる
程度の薄~い状態です。
image


このままタコ粘りで、回遊との
交通事故を待つのか?
それとも、少しでも条件の良い
場所を探して動くのか?


迷ったあげく、ラスト3時間は
場所を変えて勝負することにしました。


てくてくと歩いて、エリアの最端
で勝負❗

この移動が、結果に大きく作用
したのですが、同行で新しくメンバー
に加入した、初参加の方がいきなりの

ヒット❗

規定のビックフィッシュ賞に
僅か1cm届かない44cm1210g
のビックフィッシュをゲット❗

一気にテンションがMAXに
上がります🎵


が…

どうやら単発⤵



それでも、このエリアにバスは
必ず居ると自分に言い聞かせて
探り続けます。

このエリア
image

右は、ルール上最端で
人工島の水路に続く方向
image

左は本湖

予想では、バスは本湖から水路
に向けて入って来ると判断し、
本湖側の護岸基礎部分のブレイク
で、ダウンショトで待ち伏せしました。

ラスト1時間❗

枯れかかったウィードに引っ掛けて
シェイクしていたリグを外した瞬間


コン❗







来たー⤴


慎重に、慎重に寄せてあげたバスは
815g
image

先に大きなバスを見てるので、
小さく感じますが、
待望のキーパー❗


帰着時間も考えると、残り30分


次の決断は手数の減るダウンショット
は捨てて、エリア全体を素早く探れる
ジグヘッドの、スイミングにリグ
り直し、あわよくばの追加を狙うと…


コココ❗

ギューン😭


来たー⤴

image


最後の最後に1匹追加で帰着時間
となりました。

終わって見れば、
結果2位❗

同行の方も堂々の3位入賞❗
image


幸先良くスタート出来ました。




3月からバス大会の準備をし、
管理釣り場で感覚を覚えてもらい、
秘密基地での度重なるミーティング
まだまだ準備不足も有りましたが、


努力は運を支配する❗


身近でまたもや、実例を見れた
事は、結果以上に収穫となった、
バス釣り大会第一戦でした。

次は淀川城北ワンド戦


準備したいと思います🎵