17日の日曜日は、午後から
風が収まる予報でした…



凄腕の最終日なので、サイズアップ
できたら良いなぁ~⤴
と、思いながら日が暮れるのを
待ちました。

マズメのローライトな時間はあえて
外し、真っ暗になってからポイントに
エントリーします。

image

ちょっと話が脱線しますが、
私の釣行の9割以上は、
写真の3タックルを使用しています。

アジ、メバル~チヌ、シーバス~バス
ラインのセッティングを変えて、
対象のターゲットに挑んでいます。

そして、チヌ狙いで釣行する時は、
港湾部はベイトタックル、
河川やサーフはスピニングの長い方
を使います。

どのタックルも高価な竿やリールでは、
ありませんが、それなりに使えています。

タックルを対象の魚に合わせる事は、
大切な事だと思いますが、私は、
それ以上に感覚を大事に考えています。

同じタックルで違う魚…
そのタックルの、新しい一面が見えたり
強み、弱みがわかります。
ライトゲームは年中色々なターゲットが
狙えますので、都度都度タックルを
揃えると膨大な数、金額になるので、
釣行回数の維持にも、タックルを絞る
事は、貢献していると思うのです。


話がそれましたが、
今回のタックルはスピニングの長い方。

基本的に、岸壁の際を攻めますが、
駄目なときに、その少し先…

両方をカバーできるタックルの
選択です。

ポイントに入り、一通り岸壁際を
攻めますが案の定アタリがありません。


いつも基準にしているイガイの
層も丸見えに露出しています。
潮位が低く、魚が際から離れている?

なので、岸壁の際を見切って
その先の基礎の部分にちょい投げで
ジグヘッドを落とし込むと…



コココ🎵

ギューィン❗
綺麗に竿がベントします。

元気に走りますが、重量感が無い😱


image

35cmの若手😁

PE0.4 リーダー8ポンドで
余裕でブッコ抜けるサイズ。

風が止まず、PEラインのメンディング
に苦労しての1匹ですが、残念ながら
サイズアップの入れ替えはならず😅

その後も同じ手口で、探りますが
2匹のガシラに慰められる始末。


なかなか厳しい週末となりました。

そんなわけで、入れ替えはできず、
最終日が終了し、fimoで確認すると
なんとか近畿ブロックでは首位。
全国3位の位置をキープ❗

参加者も少ないチヌ王ですが、
春先の難しい時期、キビレではサイズ
が狙えず、チヌをコンスタントに
釣ること事態が難しかったのでは
ないかと思いました。

次回はもっと釣りやすく
なるでしょうから、更に広く、深く、
チヌを追いかけていきたいと思います。


さて、今週末は城北ワンドでの、
ブラックバス❗
気合いで乗り切りたいと思います。