暑さのせいで頻度が下がって
おりますが、釣りにはちょくちょく
出向いております。

そして、日曜日は基地の庄屋さん
主催の海上釣り堀大会に参加しました。
image


マスターの息子さん、常連のお客さん
そして、ライトゲームチームSAFCの
5名で一マス貸し切りで遊びます。

毎度毎度なにかが起こる、愉快な
メンバーですが、集合時から
ハプニングあり、釣ってる最中も
ハプニングありのドタバタな釣行で、
終始楽しめました🎵

梅雨入りで心配していた天候も
雨は降りましたが、気になるほどでも
なく、逆にカンカン照りよりは、
釣りがしやすい状況でした。
肝心の釣果は、過去最低の全員合計
56匹と撃沈ぎみでしたが…

何より、前回の海上釣り堀で
釣りデビューをし、ライトゲーム
チームに入った同行者が大物賞を
取ったことがよかったです。
image


私は、今回アジの泳がせ等はせず、
終始シマアジ狙いで挑んだのですが、
不発😭
真鯛4匹の撃沈釣行でした😢
image


それでも、回を重ねるごとに
見えてくる課題…

次回に向けいろいろと考え、試す❗
この作業が面白く、また次回には
グレードアップできればと
思っております。

最後に今回の反省点と
わかってきた事を振り返り
たいと思います。

先ず、ばらさない❗
自然の環境でも同じですが、
ばらすと一気に活性が落ちます。

今回もほぼ全員がばらしており、
釣りあげる事によって上がった
活性を落としてしまう事が、
度々ありました。
この記事を書いている私も2回
あわせ切れしております。
なので、直後からしばらくは沈黙の
時間が訪れ、ほとぼりがさめるまで
釣れない時間を過ごす事となりました。

ばらさないとダブりますが、適正な
仕掛けで挑むことも重要かと思います。
私は、もともとシマアジ狙いでしたので、
細い仕掛けで釣りをしていました。
しかしながら、青物はアジの泳がせ
だけでなく、だんご餌にも
食いついてきます。
スポーンっとウキが入るので、
勢いよくあわせを入れると
バシッ❗
ドラグもガン締めの釣り堀では、
適度に余裕の有る仕掛けで釣りを
することも大切だと思いました。

もうひとつ上げるとすれば、
餌はよく吟味して、あまり沢山
持って行かない方が良いとも
思いました。
確かにその日の当たり餌は有るかと
思いますが、その情報に振り回され、
後手、後手に回ることも多いかと
思います。
釣りものにあわせた、自分の信頼
出来る餌を季節に合わせて持って行く
のが、効率もよく釣果も安定するのでは
ないかと思いました。

そんな、3回目の釣り堀ですが、
早くも次の予定が決まりつつあります。
次回こそは、竿頭になれるよう、
情報を吟味し、他人に振り回される事
がない様にしたいと勉強していきます。

本日は、昨日の釣果を食べに行きます。
これも、釣り堀の楽しみ🎵
ビールも進みそうです。