更新が滞っております。
まずは、8月21日の海上釣り堀から‥

付き合いの延長で、
行った海上釣り堀
当初は1回きり?

ところが、3ヶ月に1回位?

いえいえ、2ヶ月に1回?

ドンドン面白さにはまり、
なんと、今月2回目の釣行🎵
image

道具もレンタル→1本購入+レンタル

2本目購入で今や全て揃った感じ。

経験も増え、釣り方もわかってきて
釣果もうなぎ登り❗‥




そんな甘無い❗







最初の頃の方が、よっぽど釣れました。

最近は真鯛さえ厳しい展開です。
まぁ、水温も高く、エサ取りも多い
この時期は難しいらしいのですが‥⤵

それでも、何か進歩しているのか?
ちょっとは上手くなっているのか?

自問自答しながらの釣行となりました。

開始早々に、隣角のgontaさんに
青物がヒット❗

今日は爆釣か❗
と思ったもののそれ以来さっぱり😭

ポツポツと鯛が釣れるだけで、
盛り上がりの無い時間が淡々と
流れます‥⤵

鯛はポツポツと釣れますが、

青物の放流直後も活性は
上がらず‥⤵

終始、山場の無い平淡な釣行と
なってしまいました。

竿頭は釣り堀初体験(釣り自体)の
女性が8匹釣り上げ、我々男性陣の
面目も立たず、全体でも40匹程‥
またもや宿題の残る釣行でした。
image


最後に、今までの釣り堀での
見てきたことや、感じたことを
残したいと思います。

まずは、持論で魚相手に竿は折れない❗
と、思っていたのですが、
折れます❗

今までに2回見てます。
釣り堀独特の、掛けたら直ぐ上げる。
走らせない取り込みの為、
PE5号や、6号にハリス8~10号の
ラインシステムは竿の限界を
はるかに越え、手前で走られると
バットエンドからへし折られます❗
専用の竿(海上釣り堀用の安価)で
良いので、用意した方が無難です。

そして、リールはドラグガン締め
投げる事はないという状況で使える
安価だけどしっかり巻けるリール
が必要です。

また、仕掛けに関しては、
大は小を兼ねますが、小は大を
兼ねません😱

細ハリスの効果はある程度
有ることが確認できていますが、
大物が掛かったときはぶち切られます。
なので、ある程度の余裕は必用と
思います。

そして最後にエサ❗
生が良いとか、アミノ酸が効くとか
色々ありますが、基本は

だんご

なんだかんだ言いながら、これが一番
当たり、外れが少ないと思います。

この辺をもう一度考えて次回の
釣行に備えたいと思います。