いよいよラスト2戦となった
バス大会が琵琶湖で開催されました。
image

風もなく、気温もそれほど下がらずの
絶好の釣り日和でした。

しかしながら湖面を見ると…⤵
濁ってる❗泡浮いてる❗

ターンしてるやん😱

キャストして底を探りますが、
黒くなった枯れかけのウィード絨毯

これといった決め手が見つからず
岸壁沿いを回遊するであろうバスを
ひたすら待ちます……

あっという間に2時間がたち、
未だノーバイト❗
回りでも釣れている様子も無く
移動を決断

前日プラをこなしている方は、
駐車場の真ん前で釣り続けています。
付近にはメンバーも多数キャスト
しており、聞いてみると釣れている模様

私も、残り時間をその周辺に賭けることに
して、キャストを開始しました。
どうやら、朝イチにジアイがあったようで
わざわざ歩いて、遠方に動いた私は、
完全に外していたようです。

焦る気持ちを静めて、4.5インチの
ストレートワームをネコリグで探り、
ウィードの切れ目で待望のバイト❗


コココ😱


ギル?


いや、ちょっと違う❗

即座に回収し同じ場所にリグを置くと

コココ🎵
即あわせでかかった魚は、グンっと
抵抗感あり❗

慎重に引き上げたのは
450gのキーパー❗
image


綺麗なバスでした。
image


あと、一匹
あと、一匹と念じながら
周辺を探りますがあえなくタイムアップ

1匹だけのウエインとなりました。

1位の方は4匹2kgオーバー
2位の方は3匹1kg後半
3位の方は2匹

私は1匹ウエイン組の中では
最も重く、奇跡的に4位となりました。

上位陣が崩れず、安定した釣果で、
年間優勝は無くなりましたが、
ラストの青野ダム戦も頑張って、
総合順位を1つでも上げたいと思います。




終始ワームのサイズを下げて引数を
伸ばすべきか?
琵琶湖のポテンシャルを信じて、
強めに行くべきか?
迷い、どっち付かずの結果
釣りの最中も集中力に欠け、貴重な
ワンバイトを捕れない不甲斐なさ…
反省の多い琵琶湖戦となりました。