10月15日は参加しているプライベートチームの
バス釣り大会でした。
終始降り続ける雨のなか、レンタルボートで
琵琶湖に出ます。
[画像:9ac01426-s.jpg]
結果は5挺中5位…💧(最下位)と惨敗でした。

夏場に繁茂したウィードに手こずりながら
バスを探しますが、これといったスポットを
見つけられず、バイト自体が遠い展開…

2時間以上かかってようやくキーパーキャッチ
それも続かず、雨の湖面を右往左往…
同船のSAFCメンバーがその後1匹追加し、
お昼前の時点でまだ2匹…⤵
当初の予定では、サクッと揃えて後半戦は
入れ替えのキッカーを巻きで探すつもりが、
大苦戦となり、後半もひたすらキーパーを
探してうろうろとなり、最後は子バスの中から
なんとかキーパーを2匹キャッチして帰着
[画像:428860bb-s.jpg]
このサイズはいっぱい釣れますが…
優勝ウエイトは6500gオーバー
私達は、最下位でキーパーすら揃わず
1850g止まり…
不甲斐ない大会となりました。
[画像:2beeba97-s.jpg]
残すところ後2戦、11月の琵琶湖おかっぱり
戦と、青野ダム戦、どちらも厳しいと思いますが、年間の順位は2位キープ🎵
やはりプラは必要だと痛感した今回の大会
終了後のウイニングパターンの発表では、
臆せずにビッククランクを投げ続けたメンバー
8インチのロングワームでリアクションを
誘発させて捕るパターン等、眼から鱗の
連続で、改めてバスフィッシングの深さと
面白さに気付く事が出来ました。

やっぱり、一筋縄には行かない❗
努力の後に結果が繋がる🎵
そんなメンバーに恵まれて幸せだとつくづく
思います。
技術だけではない、メンタルを含めた総合的な
強さを持ちたい❗
そして、みんなと共有したい❗
そう思えた琵琶湖ボートペア戦でした。