smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

2016年05月

バス釣り大会第3戦

22日は、クラブチームの
バス釣り大会でした。

1戦目は琵琶湖オカッパリ戦
2戦目は城北ワンド戦

そして今回は、琵琶湖ペア、
ボート戦でした。

ルールはくじ引きで二人一組に
なり、30cmの設定キーパーの5匹
の総重量で競います。
その他のルールで、今回は今年からの
参戦者を招いているので、
紹介者が初年度のペアとなるルールの
適用となり、次戦のボート戦を含め
ペアは決定しています。

なので、くじ引きのドキドキ感は
ありませんが、作戦は練りやすい
状況でした。

5時のスタート時刻に、各チーム
一斉にスタートしました🎵
image


天候は私が経験した過去の琵琶湖戦
でも、最高かと思われる日和
期待感も高まります。


が…⤵


釣れども、釣れどもノンキーとギル
地獄で、なかなかキーパーが出ません😱

オーッと思う魚も、計ってみれば
27~28cmあと少しが出ません。

初のボート釣りの同行者も、釣っては
いますが、子バスに翻弄されています。

ようやく1本ギリギリキーパー
image
が出たのは、お昼前…

その後も、同じラインを重点的に
流しながら探りますが、ノンキー地獄
は続きます。


流れるボートからキャストして、
底をとった状態で我慢していると、
グーッと重みのあるバイトが
出るのですが、小さなコツコツと
無限に出るギルのバイトを取らない
事が、コツかと思うのですが、
なかなか思うようにいかず、浮いてる
中型をもう1本追加するに
とどまりました。
image


ボート釣り初体験の同行者は、
馴れない環境での長時間勝負なので、
精も根も使い果たした感じでしたが、
次回には更なる飛躍を期待しております。



しかしながら、参加者の方々はタフ❗
前日にプラをこなして、泊まりの方や、
遠方からの参加。
image

当日は5時~16時まで一度も丘に
上がらず、パンを片手に竿を持ち
戦い続けます。

次戦も琵琶湖ペアボート戦
体調万全で挑みたいと思います。

釣り入門

ひょんな事で、海上釣り堀に
参加し、その後釣りに目覚めた
仕事先の同僚…

ルアーフィッシングもしたいとの
事で、釣り具も購入❗

で、先日のライトゲーム大会にも
参加し、先週はバチシーバスを狙いに…

ライトゲーム大会はノーフィッシュ
続きの沖堤では、なんとか
デーガシラを少々

バチシーバスでは、ボラは釣れた
もののシーバスは捕れず…

暇を見つけては、近所でキャストの
練習をしております。
努力はいつか報われると、思いますが
なかなか高い壁。

同行した時はアドバイスしながら、
真横で一緒にキャストしています。

ほんの何メートルか違うだけ、
投げているルアーは一緒
結果が微妙に違います。
image

投げる距離、巻くスピード、引くレンジ
釣れるには様々な要素が複合しないと
結果は出にくいようですが、

何が違うのか?
よくわかりませんが、私も
そんな経験を何度もしています。

楽しいはずの釣り❗
投げてるだけでも楽しい
ルアーフィッシングですが、
夢に見る次の楽しみはやりきるしか
訪れません❗

頑張って欲しいものです。


しかしながら、こんなことを
書いて、切に願う私もどうやら
スランプのもようです😱

どうしても夏は釣行回数が
減ってしまいます。
暑いと、大好きな釣り❗≦ビール❗
に傾いてしまいます。

年中ビール派私ですが、やっぱり
夏の冷えたビールは魅力的で
なかなかやめられません。

今日は月曜会❗
ビール飲みながら昨日のバス釣り大会
の反省をします。

バス釣り大会の記事は近日中にアップ
しますが、バス釣り入門の壁が
ここにもありました😅

では…



あ、そうそう😃💡
先日、梅田でルアーを補充した時に
見つけた新しいお店

30分500円、1時間980円で
ビールが飲み放題でした🎵
最近は飲み放題も普通にありますが、
このお店
image

ビールは自分で注げます❗

そうです。
「すいませーん」

はい、

「生中おかわり❗」


そして、しばらく待つ。


この流れがなく、リアルタイムで
自分の前にあるサーバーから
注げるのです。

1時間で8杯飲めました🎵




速やかなアルコール補給には
最高で、F1のピット並みに、
アルコール補給して、次行けます❗


また、行きます❗
釣りも頑張ります❗


では…⤴

ライトゲーム大会~の…

土曜日は第5回ライトゲーム大会
がありました。

仕事を終え、身支度を整え、
私と同僚は現地に向かいました。

集合場所は、現地近くの釣り具屋さん

「これって、釣れるん?」とか、
「欲しい色無いやん😱」やら…
みんなで、わいわい言いながら
いざ、現地に…

image


イヤー🎶
しかし、ずいぶんメンバーも
増えましたね。
大会と銘打って実施中のこの
集まりですが、ソルトルアーの
一大勢力はシーバスアングラーで、
最初の一歩はシーバスからの方が
多く、昨今のライトゲームに
興味はあってもなかなか踏み出せ
なかったり、どうやって良いのか
わからない方が、潜在的には多いのでは?
と思うところからスタートしました。

なので、大会ですが、技術交流も
この集まりの意義として存在しています
会を重ねて第5回
メンバーも増え、メンバーの実力も
かなり上がっているのでは?
と痛感させられる事も多くなりました。

前にも書いたとおもいますが、
一定時間に、みんなで同じ結果を
追い求めて、右往左往し試行錯誤する
のは、かなり有意義で、かなりの
確率で、その日の当たりが発見されます。
自分が見つけるかもしれませんし、
誰かが見つけてくれるかもしれません。
しかし、その場で同じ時間にそこで
釣りをしている事は、かなり重要で
後で聞く話とは、信憑性のレベルが
違います。

競うと言うことも良い作用が
出るでしょうし、もう少しその辺に
楽しみを見出だした人は、前日や、
少し前に下見釣行をするようにも
なります。

趣味で釣りをしている範疇で、
そこまで?
と思う方も居ると思いますが、
楽しく、釣りの技術が上がってくると、
人は、もっと釣りたい🎵
と、前向きに考え、行動するようです。




って、前置きが長くなりました😅





お察しの通り、撃沈しました❗
ターゲットはゲットしてはおりますが、
もはやそのレベルでは無くなり、
良い魚でないと勝てません😱

と、言うことでライト大会にの
ご報告は終わり❗




~の…

沖堤へ❗


深夜2時までライトゲーム大会
移動して、4時出船の渡船で沖堤防に…
image

到着して直ぐに、シーバスヒット❗
さい先良いなー⤴と思いながら、
タモを持っていないことに気付き、
寄せながらタモを掴んだときに、
フックアウト😢

それからは、音沙汰無し。

同行のメンバーもバラシまくり、
目立った釣果はヒラメだけ…

先に帰ったメンバーを
見送り昼間で頑張りましたが、
image

ガシラをちょろちょろ釣っただけ…

image

残念な週末釣行となりました。


飛鳥2カッコ良かったです❗





バチシーバス

先週辺りから、バチシーバスを
夕方から楽しんでおります。

シーバス自体は、私が大きな魚が
苦手な部分もあり、積極的に狙う
事は少ないのですが、この時期は
小型がバチに付くので、こんな私
にも、楽しめるシーズンなのです❗
image


そんなバチシーバス
簡単には釣れるときもあれば、
ボイルしてるのに釣れない。
何てこともあって、なかなか
楽しいんです。
image

今回は、ほぼ入れ食いの状態で
チーバスが釣れましたが、
同じエリアでも、立ち位置の
違いや、流す角度で釣果に差が出る
ライトシーバスゲーム❗

もう少し楽しみたいと思います。

そして、最近投げまくっている
ネコスピン
image


夜でも活躍しますね🍀
image


個人的には、これからの季節
根魚(アコウ)等にも効くと思うの
ですが、シャローのチヌにも効きますね。

ラインブレイク

釣りをしている時、
残念な出来事にラインブレイク
があります。

私はかなりeasyなミスと
捉えております。

投げたときにタカ切れ❗
リトリーブで根掛かり❗
どちらも、せっかくのルアーを
ドブ(海)に捨てています。

ようやくバイトしてくれた魚
取り込み中にラインブレイク❗

釣果=無し❗
魚にもダメージが残ります。

実にもったいないeasyミスが
ラインブレイクではないでしょうか?

image


考えられる要因は、
いくつかありますが、
ちょっとしたことで改善出来る
事も有ると思います。

なかでも、PEラインの釣りでは、
リーダー次第でかなりの改善が、
出来るのではないかと思います。


PEラインの場合
一般的に「リーダー」

と呼んでいますが、

実際には、
「ショックリーダー」です。

役割は色々ありますが、
PEのような瞬間的に掛かる負荷に
弱く、摩擦にも弱いラインの場合
ショックリーダーは特に重要です。

アワセやキャスト、急激な突っ込み
の時に、ラインブレイクを防ぐ役目
がショックリーダーです。

また、サーフ等での
ロングキャスト時ラインの角度が
低い時にもショックリーダーが
根擦れからラインを守ってくれます。

そんなショックリーダーですが、
短い方が多いのでは?と思います。

鉄板系やメタルジグ
重いルアーのキャストには相当の
瞬間的な力が掛かります‼
それを吸収してくれるのが、
ショックリーダーです。

掛かった魚の急な突っ込み、
根擦れ、ストラクチャーとの
擦れ、これらもショックリーダー
がラインブレイクを防ぐ役割と
なって魚をキャッチ出来ます。

それなのにショックリーダーが
短いと…

悲しい結果になりかねません。

矢引位で使われている方も
多いと思いますが、それでは短い
と思うタックルのセッティングを
良く見かけます。

ガイドの中に巻き込むと、引っ掛かる❗
飛距離が… といわれる方も
いらっしゃりますが、マイクロガイドに
極端に太いライン、太いショックリーダー
でない限り、それほど問題には、ならない
と思います。
問題なのはキャストの仕方で、そのルアー
に合ったキャストスピード、垂らしの
長さを見極めれば、良いと思います。

一回の釣行で何度も投げるルアー釣り、
何となくキャストしていませんか?

ちょっとしたことで、キャストの
精度もキャッチ率も変わります。
リトリーブの速度、レンジ、勿論重要
ですが、まず投げないと…

そして、掛けた魚は捕らないと…







ギャラリー
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。