smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

2017年04月

パッセンジャー 洋画4 T6

木曜日と言うこともあって、
映画を観てきました。

パッセンジャー
image

年明けから映画本編の前に、
ずっと予告編が流れていて、面白そう
なので、観た次第で今回も前知識は無しです。

なので、お決まりになっていますが、
想像とは違う展開に…

全体的には当初の予想と違い、宇宙を舞台にしたラブロマンスな物語です。
もっと色々な困難があってそれを乗り越える
感動の… ではありません。

なので、おっさん二人で見る映画では無い❗
と、だけ断言しときましょう🎵

でも、まぁ普通に映像は綺麗で、話もまぁまぁ
面白いです。

アンドロイドの情弱性が、発端で起こる
二人の危機も、船内で起こるトラブルも
最終的には人間力で回避する❗

そんな所は好感が持てる作品でした。



次は何を?
勿論、スカヨハ🎵でしょうね…

04 01 14 須磨海岸

前週の須磨海岸では、動かない潮と
ポイントの絞り込みで苦戦しました。

なので、今回はタイドも確認し、
自分なりの組み立てで、エントリーしました。

日没ちょうど位にポイントに着き
先ずは、沖目の深場で探り始めます。
沖に潮目は確認できますが、思った程手前は
動かずで、潮が動けばなぁ~と思いながら、
ジグヘッドで手前から探ると、ビビビ🎵
image

テトラ際に付いているチビちゃんが、
目の前でパクりと食いついて来ました。
やはり、日没後のローライトに一瞬
活性が上がります。

期待した沖目のボイルは起こらず、
今日も厳しい展開やなぁ~と思いながら
手前のチビをせっせと釣り上げ、
この日のプランの満潮前後のシャローに
期待をかけ、潮位の上がるのを待ちました。
潮位が上がれば、魚は浅いところにも
入って来ますが、この日の狙いは、海面まで
びっしり生えた海藻の下に居るだろう
メバルを如何に引き出すのか?
を念頭においていたので、満潮前後の
海藻と海面までの30cm位の隙間を通せる
時間帯にあわせてシャロー側に入りました。

予想通り、海藻は水面よりわずかに下に
林のように生え、海面にはびっしりと夜光虫が
浮いて良い感じになっています。

この日のタックルは2種類で、1本はいつもの
フロロ2.5ポンド通しのプラグ、ジグヘッド用
もう1本は、PE0.6号に8ポンドのフロロリーダー60cm(ここにフロート)サルカンの下に4ポンドのフロロをセットした、ちょっとヘビーな
タックルの2本です。

最初は、ヘビーなタックルの方で、
テトラと平行にリグを流します。
通常で有れば、沖を遠投し流すのが、常ですが
今回は手前の海藻のポケットを狙うため、
ジグヘッドもいつもより重めの0.4gを選択
キャスト後は糸フケを取り、極極ゆっくりと
竿先でジグヘッドを沈めては上げるを
繰り返します。
フロートは遊動式なので、竿先を送れば
ゆっくりと、海藻の隙間にジグヘッドが
落ちた感覚が伝わり、竿先を上げにかかった
瞬間にグーん🎵
ひったくる様な明確なアタリでバイト❗
潜られないように一気に巻き上げ、
抜きあげると、22cmの元気なメバル。
image


狙い通り❗

潮位も更に上がり、そろそろプラグも
通せる間隔が出てきたタイミングで、
プラグのタックルに持ち替え、更なる大型居ないか?チェックします。

最初はストリームドライブSSで表層ちょい下を
ゆっくりと引いて頃合いで止めると…
image

下からぐわんと出て来ますが、アタリ自体は
ソフトで吸い込む感じ…
夜光虫のおかげで見えるので、面白いのですが、ワーム程派手なバイトが出ません。

それでもなんとか、かんとか追加して
image

image

終電の時間となりストップフィッシング
としました。

当初のワームで探して、プラグでサイズアップ
計画は、結局ワームの魚の方がでかく、
バイトも派手で予想と反しましたが、
やはりプラグはアミ、ワームはマイクロベイト
とみているのでしょうか?
いずれにしても、仮説を立ててリグを選定し、
試してみるのは大変楽しく、当日の爆風も
寒さも全く気にならなかった週末の
釣行となりました。


ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。