smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

2017年06月

バス釣り大会 第4戦 津風呂湖

日曜日は、クラブチームのバス釣り大会でした。
雨のなか深夜に出発し、向かうは奈良県の
津風呂湖

到着時には雨も止み、風も無いボートには
絶好のコンディション🎵

image

チラホラ見える見えバスに期待も膨らませ
老いも若きも手漕ぎボートで出船しました。
8時から15時30分帰着までの長丁場
体力も心配でしたが、久々に漕いだボートは
思いの外良く進み、めぼしいポイントを
淡々と撃って行きます…

小バスと小ギルはめちゃくちゃ見えますが、
大きな個体は気配もなく、ここぞ❗と言う
スポットに入れても、喰ってくるのは
豆サイズ…
image

前評判ではアベレージがデカイ❗と聞いていた
のに、小バス地獄の様相です。

初場所なので、どんどん場所を変え
岬に隣接するシャローを探しますが、
どこも岸際からドン深で赤土と岩盤の境目
を中心にポイントを探し、大きな木が倒れ
こんだ如何にも❗なポイントを発見🎵
ボートを真上に着け、上から枝の間に落とし
込んでスッと持ち上げると…

ゴッチーン🎵

問答無用で引き揚げますが、敢えなく木化け…
千載一遇のチャンスを逃してしまいました😅

その後は、何時ものごとくミドストでフォール
を入れながら撃ちまくり、お昼前にようやく
本日2回目のキーパーがヒット🎵

超引きます❗
エラ洗いで魚体が見えましたが、キロアップは
間違いなく、なんとしても捕りたい❗
幸いラインはPE0.6号に12ポンドのリーダー
ここは一気に❗と、ごり巻きで寄せると

フッ
とスッポ抜け…
改めてリグを見てみると、ジグヘッドのフックが
完全に伸ばされていました…⤵

アホです😱
タックルのバランスが良くなく、ラインの
強度だけで強引なやり取りをした私のミス❗
ラインが強ければフックが負け、
フックが強ければラインが負けるのは、
当然の結果ですが、なんとも苦々しい…

そんななか、私の視界の中で、ずーっと動かず
釣り続けているメンバーがいました。
何かしら粘る理由があるのではと思い、
同じライン上にボートポジションを持っていき
しばし、水中を見つめていると🎵
ベイトを追う大きなバスが時折見えます❗


ノーシンカーのスティックベイトでスローに
引いて来るとバックリ❗
しかしながら、掛けた瞬間のエラ洗いで
あっけなくフックオフ…
今日は駄目なのか?…⤵

諦めかけた瞬間もありましたが、後1時間
まだチャンスは有るはず❗
と、心に言い聞かせ仕切り直し。

ダウンショットにかえ、ディープから上がって
来るコースにリグを置いてじっと待ちますが、
あっけなく素通り…
シュリンプ系では無いのか?とストレート系に
ワームを変え、次のチャンスを待つと、一旦は
止まってワームを見ましたが、スルー⤵
ストレート系の4インチだったワームを
5.5インチにかえ帰着時間までの最後の
チャンスに掛けました。
定期的に上がってくるバス…
初物に弱そうで、ワームを変えると必ず一旦
見には来ます。しかし動かすとスーっと逃げる。
気を引くけど、見つけてからは動かさない。
頼む❗もう一度来てくれ❗
念じながら、リグを置いていると…



来たー⤴

これが最後のチャンス…
頼む❗喰ってくれ❗
クリアーウオーターの先にワームが❗…
その先にバスが…





見てる❗










めっちゃ見てる❗










チョンで食うのか?
いやいや、動かすとスーっと逃げるはず…






じっと我慢❗





見てる❗







喰わえた❗







反転した❗




ギューン❗



先ほどの失敗を繰り返さないように、
ロットで溜めて、踏ん張って❗
ようやくキーパーをゲット❗
image

帰着時間まで後20分…
慌ててライブウェルに入れてダッシュで
桟橋に向かい結果を待ちました…


帰着すると5名のメンバーが魚を持って
帰れたようで、1匹 2匹 2匹 5匹
そして私の1匹です。

ドキドキの検量では、上位は2匹のメンバー
3位はキッカーを持ち込んだ方
私は敢えなく4位という結果になりました。
image

リミットメイクのメンバーは、私の視界に
ずっと居た方ですが、小バスの中からギリギリ
のサイズを5匹集めたようで、奮わず5位と
なっていました。
私のSAFCメンバーは今年参戦のメンバーが
2位となり嬉しい結果になりました。


いつも思うことですが、大切な事はまず
5点ボウズにならない。
そしてリミットを揃える事だと思いますが、
強い心でキッカーを狙い、キャッチした方は
いつも上位に食い込んできます。

次戦は青野ダム
バランスの取れたタックルで、リミットを
目指しながらも、キッカーを捕るべく
アグレッシブに攻めたいと思います。




06 18 17 須磨海岸青物調査

先週はバタバタと忙しく、釣りには行けず
ようやくちょっと時間が取れたので、
電車で手軽な須磨海岸に行って来ました🎵

2週前は、豆アジに翻弄され、ガシラに
癒されたのですが、今回はメタルジグでの
青物調査を中心にタックルを準備しました。

image

海開きに向け、急ピッチで海の家が建てられ
ているなか、千守突堤に入ります。
前回のアジはどうやら回っていないようで、
サビキの方には小サバが鈴なりに釣れています。
海面も平穏で、ざわつくこともなく子供達の
歓声だけが聞こえるなか、もくもくとジグを
投げますが、一向にアタリもなくイワシの
回遊を待ちました…
日没と同時位から小規模なイワシの回遊が
始まり、いよいよかと期待も高まりますが、
狙いの小型回遊魚系は回って来ず、ジグを
諦め、メタルマル19gに変え、サバに遊んで
もらうだけの寂しい釣行となってしまいました。
image

しかしながら、メタルマル🎵
image

キャッチコピーは魚種限定解除ですが、
本当にいろんな魚が釣れます❗
カラーも豊富にラインナップされていますが、
ブレードバイトも多く、ボディの色より
ブレードの色(ゴールドorシルバー)を
当日の反応で使い分けるのが良いかと思います。
ただ巻きでは、残念な姿勢で泳いで(横向き)来ますが、シャクリや フォールを入れて
バイトを誘うと面白いようにアタリが出ます。
メタルジグとの併用でこの夏は、
常時使いたいと改めて思えるルアーです。

皆さんもぜひ❗使ってみてください🎵

ボトムワインドについて🎵

先日、釣り友のgontaさんに本を
貸してもらいました🎵
image

内容はライトゲームに関しての考え方を
書かれたものなのですが、なかなか良い感じ❗

日頃話したり、釣りながら考えてることが、
結構ドンピシャな記述も多く楽しく読めました🎵

暗闇をメインにポイントを探る
フロロカーボンラインがメイン
レンジの考え方
小河川に隣接したポイント
巻かないルアー操作
デーゲームの重要性
多魚種へのアプローチetc…
特に月曜会では耳にタコ位の頻度で話す事が
多い内容ですが、やはり❗と思うことが
沢山の書かれていました🎵

そのなかでも、今回の更新内容の
ボトムワインドへのルアー操作は、
巻かないルアー操作が肝と自身で思っている
事でしたので、少し書いてみます。

いろいろな魚種が狙えて、釣れないときにも
何かしらの釣果を出してくれるボトムワインド
私はいつも多用します。

そんなボトムワインドですが、
メーカーさんのページにも、あまり書かれて
いない放置の釣り方が、ハマる時があります。

では、私のボトムワインドのタックルですが、
ロッドは8f前後のチューブラータイプ
リールは2000~2500番のハイスピードタイプ
ラインはフロロカーボンかPEで使います。
アクションのキビキビ感は、チューブラーの
ロッドが出やすく、掛けてからの巻き上げの
速さはハイスピードタイプのリールに分がある
事が選択の理由ですが、ラインの選択はフロロ
メイン、大多数の方はラインは
PEライン一択では無いでしょうか?

なぜフロロ?と思われるかと思いますが、
自分なりの理由があります。

では、私のボトムワインドの使い方ですが…
ジグヘッドはデルタマジック
image

ワームはワインドシャッド
image

いろいろな製品が出ていますが、ワインド
アクションを出せるジグヘッドであれば
別にこだわらなくても良いと思います。
ジグヘッドの重さは、重いほど派手な
アクションが出ますが、根掛かりも増えます。
なので水深と、潮の流れ、風を考慮して
1.5g~2.5gまでのジグヘッドが使いやすい
と思います。

では、アクションの仕方ですが…
大抵の場合、チョン、チョン、チョンと
竿先で弾くように煽ってフォール…
着底したらすぐにまたチョン、チョン…
の繰り返しで魚にスイッチを入れて喰わせる🎵
というのが王道ですが、このアクションでは
釣れない魚が居ます…

そして、この釣れない魚が概ねデカイのです。
では、どんなアクションか?となりますが、
私の場合、ボトムワインドのアクションは

気づかせる❗

寄せる❗

喰わせる❗

の3つに別けて考えていまして、
アクションの最初のチョンは、
魚にルアーの存在を気づかせる為で、
その場所からあまり離れ無いように
真上に上がるよう竿を前に出すように
アクションします。
この時PEラインだとワームが前に寄りすぎる
ので、フロロを使うのです。
後3回のチョンチョンは、寄せる意味合いで
ややキビキビとしゃくりを入れて興味を
持たせるアクションです。
活性が高い、スレていない、小さい個体は
ここでひったくるようにアタリが出ます。
しかしながら、用心深い大型の個体は
なかなか喰って来ない事が多く、この後の
ステイで押さえ込むようなアタリで喰います。

ここが肝なのですが、緩くテンションを
掛けたカーブフォールで、着底させた後
15~30秒ステイで動かさずひたすら待ちます。

この時竿先はなるべく立てて構えます。
急にラインテンションが抜けたり、ラインが
張るのは大抵魚の仕業です。
最初のチョンと同じように前に竿を出すように
あわせましょう🎵
魚であれば一気に煽って根からはがして
取り込みます。この時にハイギアのリールが
良い仕事をしてくれますので、浮かす事だけを
考えて一気に勝負してください❗
以上が一連の流れです。

私のイメージでは、餌を待ち構えている
魚の近くにワームを落とし込み、
チョンとあおって、気づかせる…
チョンチョンと興味を持たせて魚を誘う…
フォールしたワームを食べ物か?疑いながら
見ている魚…
我慢できずにちょっとくわえてみる…
アイテテて😅
みたいな感じのイメージなんですが、
通常のワインドで釣れないときに是非
お試しください🎵
image

余談ですが、
もともとは、釣り中に掛かってきた電話を
リグはそのままで受けていると釣れる事が
結構あったり、ライントラブルを直していると
勝手に釣れてたり…
ぞんな経験から取り組んだボトムステイ🎵
動かさない釣り方の一つだと思います。

06 04 16 須磨海岸

工事の終わった須磨海岸を見てきました🎵
image

電車で須磨駅を降りると、綺麗に整備された
須磨海岸が出来上がっていました🎵
4月に訪れた時は、砂が山のように盛られ、
どうなる事かと思いましたが、きっちり
シーズンに間に合わせる、作業関係の
方々は、改めて凄いなーと感心します。

毎年この時期に豆アジが沸く須磨海岸
偵察がてらの釣行です…

夕暮れ前に到着し、人気の千守突堤を
見渡すと、沢山の方がサビキで豆アジを
釣っています🎵
先端付近が人気ですが、砂浜の波打ち際
にも沢山のアジが居て、盛んに表層のアミを
補食してライズしています…



が❗

想像していたサイズより更に小さく、5cm
有り無しの超豆…
ワームにも果敢にアタックしてきますが、
全く乗りません❗
ジグヘッドは0.2gワームはちぎって、ちぎって
1インチ以下にまでサイズを落としますが、
尻尾をツツッとついばむだけで、全く掛からず、
30分程、遊ばれたのですが完敗となって
しまいました😅
水深30cm位のクリアーウオーターなので、
喰いに来る様子も全て見えるのですが、
装備的に中途半端なタックルでは、太刀打ち
できないようで、もう少し大きくなったら
また、勝負したいと思います。

ライズは止まらず、後ろ髪を引かれますが、
ここで一旦撤収し西の大波止まで
移動することにします。

大波止の上から見渡すと、表層までびっしり
と繁っていた海草もほとんど無くなって
夏の海に向かっている感じです。
手前にはまだ若干海草が残っているので、
手前のテトラ際を中心にジグヘッド
0.8gで探ります。

完全に日が落ちていないので、少し残った
海草の上をすれすれに引いてくると🎵
image

お助けガッシーがヒット🎵
それ以降も、2投に1匹位のペースでガッシー
が釣れてきます。
image

最後はこのサイズになってしまい終了🎵

だいぶん暗くなったところで、
メバルは居ないかと、表層を探ると
ドン❗

あまりにも唐突なバイトに対応できず、
また、ドラグの設定も緩く、あっけなく
テトラに潜られなすすべもなくラインブレイク


それっきりウンともスンとも反応が無くなり
ストップフィッシングとしました😅

新しく綺麗になった須磨海岸🎵
image

トイレも綺麗でファミリーで楽しめます❗
今年は夏場も楽しみたいと思います。


05 30 15 久々に海でライトゲーム

バス釣りばっかりで、ご無沙汰と
なっていました海のライトゲーム
久々に行って参りました😅

この日は、仕事場(桜島)から、直行で
天保山周辺に渡し船を使って移動🎵
image


現地には19時過ぎに到着…
最近釣れ出したと言う情報があるアジを
探して、ふらふらと上から下まで落としながら
誘ってはみますが、ノーバイト😅

現地で出会ったアングラーの方と少しの時間
情報交換するも、まだ安定的に釣れては
いないようで、厳しい状況でした…


そうこうしていると、この日のコラボ
メンバーのgontaさんが到着🎵
2人でライトゲームを楽しむことに…

海面では、バチを捕食するシーバス、ボラ
が頻繁にボイルしています。
gontaさんは、プラグでライトバチゲーム
開始早々にシーバス、ボラ、そしてメバルを
乱獲していきます❗
私もプラグでちょこっと狙ってみますが、
ラインが2ポンドのフロロなので、ドラグ
はユルユルのビビりながらのリトリーブ
程なくシーバスがヒットしますが、あわせも
効いておらず、バラシの連続…
プラグを強奪されないのは良いのですが、
場を荒らすだけで、一旦見切ることに…

ならばと、ジグヘッドに替えて際を通す事に
しました。ココココココココと元気なキビレ
のアタリが頻発し仕掛けていくと案の定
キビレが釣れてきます。
image

25~35cm位のキビレの魚影が兎に角濃く、
狙えば、狙うだけ釣れる感じで2ポンドの
ライトラインでのスリリングな壁ドンキビレを
楽しみました。
image

イメージ的には、壁際の上層はキビレ、下はガシラやソイ、際から竿2本分位はメバル、
そして、その先はシーバス、ボラのテリトリー
みたいな感じに思えたのですが、
壁際上層で時折、乗らない違和感程度の
小さなアタリが出ます。

以前のgontaさんのblogでの記事にあった
アイツだな😃と思いながら、アタリの出る
周辺で、スゥーっと誘うとクク🎵

結構なトルクでメバルかな?と思わせますが、
スピードはメバル程でも無く、それでいて
トルクはメバル以上の引き❗

やっぱりと確信して抜きあげると…⤴

やはりグレ🎵
image

バチを食べているようで、お腹はパンパン
体つきも真ん丸なグレ
大阪の湾奥にはいろんな魚が居るな~と
改めてライトゲームの面白さを認識しました。

そして、イメージの確認のために壁際ボトム
を狙い、予定のガシラ🎵

ではなく、
image

ムラソイゲットで答え合わせとしました。

一通り探って、釣果も出たのでやや沖目の
ボトムに何か居ないかとボトムワインドで
探って見ることに…

キャストしてボトムを取って、チョンチョンと
4回アクションした後のステイで❗


ゴン❗

あっ❗あかんサイズ来た😅
と思いながらも、いなして、いなして
浮いてきたのはキビレの親分🎵
gontaさんにネットを借りてゲットと
なりました。
image

際でキビレ、キャストでキビレ😅
結局はどこにでも居たようです。

時間も深夜となり、お互い釣果も出たので
帰り際に、もう一度だけアジを探して
みましたが、やはりお留守ということで
収量としました。
久々のライトゲーム、アジは釣れませんでしたが、幸いにもその他の魚の活性は高く、
充分堪能したナイトゲームとなりました。

また、ちょくちょく出向きたいと思います。
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。