smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

2017年11月

11 04 41 アジング確認西に❗

昨日の記事で、大阪湾奥に中アジが
入っている→なんとなく釣り分けられる🎵
と書きましたが、今回の確認で撤回と
なります…⤵

では、釣行記を…
金曜日の祝日野暮用で釣りには行けず。
土曜日の昼過ぎからの始動となりました。
どことなく電車に乗り、三宮でちょっと悩み
結局は舞子まで行くことにしたのですが、
これが誤算で、到着すると爆風❗
[画像:eb55f02d-s.jpg]

海も荒れ気味で、ライトゲームは出来そうに
ありません😅
駅ビルの王将でビールを飲んで、しばし状況
をみましたが、良くなる気配も無いので、
風裏になるであろう塩屋まで引き返す事に…

連休なので沢山の方が釣りを楽しんでいます。
港内はサビキでのアジ、外側テトラは
ショアジギングと、エギングが主体です。
私はライトゲームなので、サビキの方に混じって
アジングをさせてもらいます。
両隣ではアジが鈴なりに釣れているので、
魚はたくさんいる事は確定で、気楽に竿出し。

1投目からフォールでアタリ、難なくゲット🎵
デーゲームなので、ラインを見ていると
つついているのが丸わかりで、0.6gのジグヘッド
では、底まで落とせません😅
なので、ジグヘッドのウエイトを1gに上げて
テンションを掛けずに、なるべく早く落とす
作戦でとりあえずボトムをとったところで、



ズボ❗



さい先良く、24cmのアジをキャッチ🎵
ここにも中アジがいてました❗
それ以降は、大阪湾奥でなんとなくわかった
つもりの釣り分けを試しますが、個体数が
多過ぎて、フォールで喰ってくるアベレージ
を避けきれず、上手くボトムまで到達させられた
時に中アジが混ざる状態で、釣り分けられている
とはいいがたい釣果となってしまいました。
[画像:d4a2b131-s.jpg]
ただ、中アジがここにも居たことは、
確認できました。
そして、この中アジについて考えられる
事がいくつかあります。

ひょっとしたら今までもいてたのかも?
という疑問ですが、このサイズのアジは
サビキではなかなか釣れないようで、
この日も沢山のサビキ釣りの方がいましたが、
私の釣り上げたアジを見て一様にビックリ
しています。地元のおじさん連中もこのサイズは
見たこと無いわ❗と言ってましたが、他の
アジングの方もアベレージばかりのようで、
ビックリされていました。
なので、今までの私も単によう釣り上げれ
なかっただけかもしてません。
しかし、ここ最近の釣行では神戸港を始め、
大阪湾奥、今回の塩屋と、どこにでもいる
可能性が高く感じられます。
ただ、この中アジがいる状況の時は、
必ず小さなカタクチイワシがいてます。
ひょっとしたらカタクチイワシについている
のかもしれません…
なので、サビキのアミエビには反応が薄く
私のようなアジングに分があることのかも?
と、思っております。

そして
去年~最近までのジグヘッドは、1g以下を
ほとんどの場面で使用してきましたが、
今年は0.8g以上が基準で1gを多様しています。
小アジが溜まっている場所の外れ、
底すれすれ、大きめのワーム、動かさないが私の現状での中アジ攻略なんですが、まだ
もう少し色々と試さなくては(単年では無理)
コンスタントな結果はでないなぁ~と
改めてアジングの深さに気づかされています。


11 02 40 大阪湾奥アジング 中アジ編

メバルの声もちょこちょこ入ってきますが、
今年はもう少しアジングモード継続中です。

さて、最近の大阪湾奥ですが、中アジが
本格的に入っているようで、先日のコラボ
アジングで釣れた中アジが実は結構いてます。

[画像:1ed52e39-s.jpg]
サイズは22~24cmで、今までのアベレージ
サイズとはあきらかに違う個体群です。
この日は、両方が混在している状況で、
中アジだけを釣る方法は無いものかと思い
試行錯誤して来ました。

カタクチイワシが、何万と泳ぎ、右往左往し
シーバスがボイルしまくる夜の海でした。

開始早々からキャスト毎にアタリがあり、
掛け損ねても、次の瞬間に次のアジがワームを
くわえているようで、入れ食い状態ですが、
サイズはバラバラで20匹程釣ります。
サバも3匹釣れましたが、アタリはアジとは
違い、バイトの瞬間にサバか?アジか?は
判別がつくようになりますが、中アジなのか?
小アジなのか?はアタリでは判別できません😅
掛かったファーストランでようやくわかる
のですが、超元気な小アジもいるので、
とにかくややこしく、手前でもたもたしていると、
シーバスの餌食になるので、楽しいのですが、
楽しめない状況で小アジは速攻で上げないと
ジグヘッドごと持っていかれます。
そんなスリルを味わいながら、なんとか中アジ
だけを選んで釣れれば手前でのシーバスの
猛攻(尺サバでも丸飲みされる)もいくぶんか
は減らせるし、何より楽しいアジングになる
のですが…


いつものように、釣れるときは色々と試す
絶好のチャンスなので、ジグヘッドやら
ワーム、投点、レンジを変えながら数を重ね
なんとなくこれかも⁉という処まではせまって
来たような気がします🎵

そんなこんなで、最終の5匹で今回のおさらい
をと、気合いを入れ直して5匹勝負❗

1匹目はめでたく中アジ❗
2匹目は小アジ…⤵
3匹目も小アジ…⤵
4匹目は中アジ…⤴
最終5匹目も中アジ❗
[画像:fb5a0e6a-s.jpg]

結果3対2で中アジが優勢となりました。
ただ、この結果も単に中アジの数が多いのかも
知れませんが、普通に釣るとあきらかに
小アジ方が釣れてくるので、ちょっとは
選べてると思える釣行になりました。

もしもアジングに興味があるけど…という方は、
今が絶好のチャンスと思います。
難しく考えなくても、少々おお雑多なタックル
でも、アジは釣れてくれると思います。
ぜひ、チャレンジしていただきたいと
思いますし、そのなかでこの釣りの面白さ
に気付いたのであれば、専用のロッドやリール
の購入を考えれば良いと思います。
考動力より行動力❗
手軽なターゲットのアジ🎵
低予算でも充分遊べますよ✨


インプレ ソルティースタイル KIJIHATA

先日、私なりの17スコーピオンDCについて
インプレしましたが、今回はその相棒となる
ロッドのインプレを書きたいと思います。

アブ ガルシア ソルティースタイルKIJIHATA
762M-H-KR
[画像:135bc678-s.jpg]

手軽な価格で、ラインナップも豊富なアブの
入門用~中級者向けのモデルです。
KIJIHATAとの記載通り、アコウやオオモンハタ
等の、中型のロックフィッシユをワーム等で
誘いだし、掛けたら一気に根から剥がす事を
重点に置いた、セッティングですが、私の住む
エリアには、それほどアコウの魚影は
濃くなく、アコウを真剣に意識しての購入ではありません。

購入の決めては、私の利用状況にマッチしそう
な長さ、ティップの硬さとルアーウエイトの
数値がちょうど良い感じで、尚且つ安い❗
事になります。

なるべく少ないタックルで、色々と使い回せる
事を前提にこのロッドを選びました。

クロダイロッドの時にも書きましたが、
シーバスはこのロッドとか、メバルは
このロッドといった縛りは私のなかにあんまり
ありません。
なので、ソルトメインですが、バスフィッシング
にも使えればとの考えもあります。
なので、長すぎると使い辛いので、8f以内
ルアーウエイトは2ozまで使えますので、
ビックベイト等も使えるベイトロッド
を探した結果このロッドになりました。

仕様的にはM-Hクラスで、ソルトで使用する
メタルジグの40gや、キャスティングタイラバ
の40g、鉄板系等はフルキャストも全く心配
無くこなせます。
このクラスのショアジギング用のロッドは
ティップが硬く、使い辛い事もありますが、
適度にティップの柔軟性もあるので、乗りは
非常に良いと思います。
感度自体も、ある程度の重さのあるルアー
の場合、そんなにシビアなアタリが出ることも
ないと思いますので、水中での流れや、違和感も
充分で伝わります。
ただ、軽いウエイトでのワインドは弾く事が
多く、タイミングが合わないと乗らない事
は、頻繁にありました。
振り抜きに関しては、もう少しロッドが軽いと、
良いなぁと思えますが、投げてからのリーリング
では、ベイトロッドの構造上上にリールがあり
体に近いので、全然問題なく維持出来ますし、
投げ続けられます。

魚を掛けてからは、ベリーから素直に曲がる
ので、必要以上に暴れることもなく、
寄せられますし、少々強引に寄せても
バットの強さで、どうにでもなる感じです。
[画像:a2845eb9-s.jpg]
後、セミマイクロガイドという事で、
ロングリーダーでのキャストでも引っ掛かりは
抑えられ、快適にキャスト出来ます。

まぁ、コストパフォーマンスはかなり高いので、
私のような、ライトゲームメインで、たまに
ショアジギングをするような使い方であれば、
ちょうど良い感じだと思います。


アブガルシア(Abu Garcia) ソルティースタイル キジハタ STHC−762M−H−KR 1437223
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。