smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

2018年01月

18012104 塩屋ライトゲーム

ニュータックルを使いたくて、塩屋漁港に
行ってまいりました。
いつものように電車で夕方に到着…
DSC_0897
このバックに2タックル入っているので、
今までと何らかわりなく荷物も増えません🎵

まぁ、早い時間はメバルは無理かも?と
思い、スピニングタックルのマイクロワインド
で、中層を通しますが、無反応…
あきらめてボトム狙いに変えて、ガシラゲーム
ちょこちょことバイトも出て、
DSC_0898
DSC_0901
DSC_0902
DSC_0900
ミニガッシーやらアナハゼに遊んでもらいます🎵

そして、日も暮れてナイトタイムに突入…
新しいタックルでなんとか入魂したいと
プラグでメバルを狙いましたが、残念ながら
技術不足でギブアップ…
しょうがないので、50cm程の超シャローを
プラグでスローに通すと🎵

ドン❗


DSC_0905
掛けたときの重量感とダッシュでメバル❗
と思っていましたが、正体は良型のガシラ

一応入魂ということでストップフィッシング
としました。


タックル

1  スピニング
ロッド モバイルトラウト8+1
リール フリームス2004H
ライン フロロ3ポンド

2  ベイト
ロッド トラウティア43L
リール スコーピオンbfs
ライン フロロ4ポンド


Newweapon

またへんてこな物を買ってしまいました。
前からベイトフィネスには、興味があり
ましたが、現状のライトゲームでは、
スピニングタックルで充分ではないかと、
いう思いが強くあります。

しかし………


ベイトタックルっていろいろ魅力があるのです。
今は、バスフィッシングもスピニングを
多用していますが、昔はベイトタックルのみ
でやることが多く、いつかはベイトで❗
と思っていました。

そこで今回のNewweaponを導入した次第です。
DSC_0892

テイルウォークのモバイルロッド、
トラウティア43L/C-Tとスコーピオンbfs…
テレスコタイプのベイトロッドで仕舞寸法は 
37cmしかありません。
普段のカバンにもすっぽり収まります。
トラウティア43L/C-T

この手のロッドは、私的には有るか、無いかが
すべてで、有れば釣りができますが、無ければ
できない❗ということが基準になります。
トラウトロッドですが、これがソルトの
ライトゲームに使いやすいのか?という
ことは、使用できるラインのポンド数と、
投げられるルアーの重さぐらいしか、選ぶ
基準にはありません。
そして、このロッドは私の想定する使い方に
対してちょうど良い感じだったということです。

DSC_0894

リールはカルカッタのBfsと迷ったのですが、
予算の都合上でスコーピオンとしました。

これで一応モバイルロッドは、2セットとなり
軽量ジグヘッド等の釣りは、モバイルトラウト
で、プラグやボトムワインド等は今回の
ベイトロッドでやってみようと思います。
ショルダーバックに2セット❗
DSC_0896
先っぽだけ飛び出ますが……

各ロッド、リールのインプレはもう少し使って
したいと思います。

18011603 大阪湾奥メバリング

先日は、初バスをキャッチできて意気揚々
の今期ですが、潮周りもよさげな今週は、
メバリングのチャンス週間かと思います。

そんな火曜日の夜、ちょっとだけですが、
メバリングに励みました🎵

大潮2日目で月も出ていなく、風もほぼ
無風の絶好のタイミング 。
ただ、満潮の潮止まりが夕暮れに当たるのが
気になりますが、とりあえずはキャスト❗

完全に日が暮れて、潮が引き始めれば良いの
ですが、案の定アタリは有るものの、
ショートバイトで、おさわりバイトに手を
焼きます…
それでもなんとか1匹目のメバルをキャッチ
DSC_0880
その後、ポイントをちょっとずらして
もう一発掛けたのですが、残念ながらバラシ…
こっちは、重量感も有り良型と思われたので
悔いが残るやり取りでした。

まぁまぁ、後一時間ぐらい有れば、違った
展開になるだろうと思いながらも、後10分位
でなんとか1匹を🎵と思いキャストを繰り返し
ますが、おさわりは有るもののガッツリ感が
あるバイトは得られず…
諦め半分で、表層ただ巻きからのフォールで
ガッン😱最後の最後に1匹捕る事ができました。
DSC_0886
今回はマイクロワインドを通しましたが、
プラグで食う個体や、ワームのただ巻きで
食う個体…
いろいろなメバルが居ると思いますが、
時間のあるときは、もっと手数を増やして
いかないと数釣りは難しいと思えた夜でした。

バス釣り仲間と新年会🎵

あっという間に新年も半月が過ぎましたが、
所属しているバスフィッシングクラブの、
新年会が6日に梅田で開催されました🎵
去年の運営に関する事や、今年度の事を
話しながら、楽しい時間はあっという間
でした。

そして、14日はバスの初釣りとして、恒例
になっている、水藻フィッシングセンター
でのチーム対抗王将ゴチバトルがありました。

ルールは簡単で、2チームに別れ、釣り上げた
バスの総匹数で争います。
大きさは関係ありません😅
小さくても1匹は、1匹です…

2年前は、勝者チームは100匹以上釣り上げ
昨年は、振るわなかったと言いながらも、
相当数のバスを釣り上げています。
そして私は、2年連続で負けチームとなり、
王将ゴチを支払う、高い❗高いバス釣りに
なっていました…⤵
積年の屈辱を晴らすべく挑んだ今年❗
さて、どうなりますやら…

当日は、寒さで道路もピカピカに光る中
メンバーが、集合しチーム分けのくじ引きを
引きます。
DSC_0872

この、くじ引きはチームリーダーを決める
くじ引きで、なんと私がチームリーダーに…

相手チームのリーダーとドラフト形式で
チームのメンバーを獲得していきます。
私の選んだメンバーは、手堅く上手い方を
選びつつも、昨年、一昨年と負けている
メンバーを重点的に獲得し、今年こそはの
リベンジメンバーで構成しました。

時間は7時スタートの16時終了…
途中1回の桟橋交代
各自配置も決まりいざスタート❗
DSC_0873

前方に見えている相手チームが幸先よく
バスをキャッチ❗
テンション上がっています…
すると、直ぐにもう1匹追加❗
その後も順調にキャッチ数を伸ばしていきます。

対して私たちは…



………


……………⤵

バイトすらなく、時間だけが過ぎていきます。
期待とは裏腹に超渋い展開で、イライラして
いると、チームの一人が待望の1匹をキャッチ
スモラバで、釣り上げたと言うので底を重点的に
私はスプリットでズルズルと這い回るも
ノーバイト…
お昼過ぎの場所交代まで、相手側5匹
私たちは2匹の劣勢で折り返しとなりました。


さて、後半戦ですが、これまでの経験では
場所を替わったら釣れなくなり、相手側の
方は今までが嘘のように釣れる展開がいつもで、
嫌な予感を感じながら、キャストを開始します。

一時間程は何事もなく、ひたすら信じた
スプリットをキャストし続けていたのですが、
そのスプリットにココン🎵と生命反応❗
ワンテンポ置いてスイープにあわせると
気持ちの良い生命反応❗
めでたく初バスをキャッチ
これで我がチームは3匹🎵
5対3と反撃の狼煙を上げテンションは
上がります。

初バスをキャッチして、意気揚々とキャスト
をした、次の次…
またもやココン🎵
DSC_0877
後1匹となるバスをキャッチ❗



その直後には、チームメイトも1匹を追加し
とうとう同点の振り出しとなります。

テンション上げ上げで盛り上がるチーム
対岸はお葬式のように静まり帰っていますが、

ここで、実力No.1のチームメイトが逆転の
1匹を追加で怒濤の快進撃❗
そして、私と一緒の2匹目をキャッチするチーム
メイトも現れ、残り2時間で7対5
ただ、ここからの2時間は長く感じられ…
いつもは負けているのであっという間ですが、
自身は次なる魚を探しつつも、相手側にこれ
以上釣れないように負のパワーを送りながら
ひたするら耐えていましたが、終了10分前に
相手チームがバスをキャッチ❗
これで7対6ヤバい❗ヤバ過ぎる❗
と、焦るも終了のアナウンスが流れて、
無事に勝利を掴み取ることができました🎵

苦節3年……


遂に王将食べ放題を実現する事ができ、
幸先の良いスタートとなりました🎵
FB_IMG_1515971937642


めっちゃ食った❗


皆様、お疲れさまでした🎵


18010702メバリング須磨海岸

 新年第2回目の釣行は、須磨海岸で
メバリングをしてきました。

いつもの通り電車釣行です🎵
DSC_0861
荷物はこのバックのみ…
本当は、ちゃんとしたロッドでキャスト
すれば、もっと飛距離も出て、操作性も
良いのですが、手軽さでモバイルロッドが
最近のメインロッドになっています。

さて、今回のメバリングですが、ここ数日
の釣行でキャッチしているママメバルと
アベレージ以上の個体に関して、キーワード
となるかもしれない事象が気になって大阪
以外でも通用するのか?を試したく思い、
自分の中でちょっとした縛りをもっての釣行
としました。


DSC_0862
到着した須磨海岸は、ほぼ無風のベタ凪
ライトゲーム日和にわくわくしながらいざ
キャスト…



アレ?




アレレ😱

期待に反してノーバイト…💧


これはまずい❗と場所を転々と替えて
キャストしまくるも、完全なる沈黙…⤵
夕暮れのベストタイムなのにです。

とりあえず、ガシラでも…
そんな弱気も頭の中には湧いてきますが、
ここは我慢して、当初の縛りを貫徹すること
と、自分に言い聞かせひたすらキャストします。

ここまでキャストしているリグは、
デルタマジックの0.9gにワインドシャッド28
今までは、ワインドシャッドの38をメインに
使い、ジグヘッドもデルタマジックの
1.8~2.5gを使っていましたが、
どうしても、リグが深く入りすぎ、
ガシラ率が高くなるのと、今思っている
キーワードには、大きすぎるので、
飛距離も出ないし、潮に流され過ぎるとは
思いつつも、あえて軽さと小ささに
こだわったのですが…

それでも、とにかく投げて、投げてで、
ようやく1匹のメバルをキャッチしましたが、
DSC_0863
サイズが小さい…
ただ、この個体もこれから産卵するだろうと
思われるお腹の具合で、まだこの周辺では
本格的にはなっていないのかも?しれません。
もう少しバイトが有れば、検証もしやすい
のですが、如何せんバイトが少なく
時間がかかりすぎるので、今回は断念する
ことにしました。

危うく、早々にホゲるところでしたが、
まだまだ色々と課題は有ると言うことですね😭



新年早々に辛い釣行となりましたが、
今回、そこまで追いかける気になる
キーワードは何か?

そのキーワードとは?…












ズバリ  共食いです😅

メバルは、体卵生の魚でグッピーのように
お腹の中で稚魚が孵り、ポロポロと産まれて
くるのですが、遊泳力の無い稚魚は潮溜まり
や港のなかに流されてで育つて行く魚です。
そして、その稚魚はマイクロベイトとして、
肉食魚の餌になっていると思うのです。
親のメバルが、どれくらい稚魚を食べて
いるのかはわかりませんが、何らかのスイッチ
が入れば、口を使ってしまうと思うのです。

そのスイッチなんですが、今のところ私的には、
マイクロワインドではないかと思っています。
DSC_0857
普段は平穏に暮らしているママメバルも
目の前をすばしっこく動くワームに誘発され
思わず口を使うように思うのです。
なので、サイズ感と動きが大事で、いつもの
ようにスーっと直線的に動くワームよりも
釣れる確率が高くなるのでは?というのが
今現在私が思っているこの時期限定のパターン
なのです。
まだまだ、検証回数も少なくあっているのか?
たまたまなのか?わかりませんが、もう少し
掘り下げて行きたいと思います。





ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。