smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

2018年06月

18 06 03 琵琶湖バスフィッシング

6月最初の日曜日は、いつも参加している
バス釣り大会の長に、琵琶湖でのゴムボート
フィッシングに連れて行ってもらいました。

DSC_0015
初めてのゴムボートでしたが、安定感は抜群で、
最新の魚探も装備されており、
期待をもっていざ出航❗


湖面も穏やかで、風もほとんど無く、絶好の
ボート日和で、快調に南湖の中心部に向かい
ました…

快調に湖面を進み、めぼしいポイントで
反応をみます。
私は、琵琶湖用に準備をしているビッグベイト
系の巻きの釣り、長はフィネスで手堅い釣り、
何投目かで長にバイトがあり、40cm程の
綺麗なバスが釣れました。
周辺には沢山のバスボートが居ますが、
みんな単発のようで、それほど魚影が濃い
エリアでは無いようです。
しかしながら、自力に勝る長はその後も
同サイズのバスを釣り上げ続けます。
昼前には、6対0の圧倒的な差をつけられ
焦りながら、先ずはファーストフィッシュを
釣らなければと、ベイトフィネスに持ち替え
なんとかアベレージの40cm程のバスを、
キャッチしました。
DSC_0008
釣れてくるバスは、どれも凄いコンディション
で、琵琶湖の状態の良さがうかがえます。

そんな琵琶湖ですが、私には厳しく……
その後もいろいろまわりましたが、ビッグ
ベイトでの釣果は出ず😱

帰り際のウィードエリアで、今日1サイズの
バスをゲットしただけで終わってしまいました。
DSC_0014
圧倒的な釣果の差をつけられて、落胆しながら
いろいろな情報、アプローチの仕方を見せて
もらった事が、収穫となった琵琶湖でした。

DSC_0011
こいつで釣れるのはいつのことやら?…

18 05 25~26 15 福良港ライトゲーム

しばらく更新が途絶えております‥
スマホが故障して、修理に出したりで
バタバタとしており、5月の末に行った
福良での釣りの記事用の写真は無くなって
しまいました。
なので、今回は写真無しでの記事となります。


新しくロッドを購入した訳ですが、直ぐに
港で投げてみたものの、やっぱり魚が釣りたく
なるのは当然で、土曜日の夜から日曜日の
朝方にかけて淡路島に行って来ました。

夜の9時頃に家を出て、三宮からバスに乗り
淡路島に行くのですが、バスの行き先は福良
行きと洲本行があります。
内心は洲本が良いかな?と思いながら、バスの
時刻を見ると洲本行きは30分の待ち時間、
対して福良行きは10分後の出発…
急ぐわけでは無いんですが、なんとなく福良に
決定してバスに乗りました。
後は、ゆっくり寝ていれば1時間30分ほどで
福良に到着です。
バスターミナルから5分ほどで福良港に
着きましたが、釣り人は見える範囲に居ません。
やはり外したなぁ😃と思いながら準備をし、
先ずはアジを探します。

風はほぼ無風、海面は鏡の様に静かな状態
厳しい展開が予想されます。

案の定、アジのバイトはなくボトムでミニ
ガシラが時折遊んでくれるだけ…
朝方に回遊でもしてくれればと淡い期待を
持って、迎えた朝方は、イワシの回遊があり、
ピチャピチャと雨が降ったように騒がしく
なっています。
時折その群れにちょっかいを出しているような
動きも見られるので、表層をワームでスローに
引いてくると…


サバ😢


サバ😢


サバ😢


12~13cmのサバが入れ食いになります。
新しいロッドは感度も良く、的確にバイトを
取らせてくれますが、如何せんサイズが小さく
もう少し大きくなってくれると楽しめますが、
何か物足りないまま、完全に日も上がり
ストップフィッシングとなりました。

ロッドのインプレは、もう少し使い込んでから
書きたいとは思いますが、バイトの無い時
でも、水中の情報をたくさん与えてくれます。

とりあえずアジを釣らなければ❗
と言う次第です。

ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。