smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

2019年05月

インプレ 19アンタレス

先日購入してきましたアンタレスを、使った
感想を書き留めたいと思います。

20190421174226_IMG_1057
個人的には、釣具はあんまりキラキラしたのが
苦手で、黒一色とかが好みだったりします。
そんな私ですが、一度使ってみたい衝動に
かられキラキラのアンタレスを購入しました。
今までのアンタレスのイメージは、
世界で戦うとか、琵琶湖の浜で、大遠投するリールのイメージで、ボートや、オカッパリの小場所で使うリールではない、というのが
私の見解でした。

20190421151213_IMG_1055
しかし、この19アンタレスは、バーサタイル
的な34mmスプールで発売されました。
飛んで、巻けて、頑丈な今までとはイメージ
も違い、こんなのアンタレスじゃない❗
と言う意見も聞かれます。

私的には、今回のバーサタイル化は、歓迎
出来るもので購入した次第です。

さて、実際の使用感ですが、Mクラスのロッド
に、14ポンドのラインを巻いて使っていますが…




気持ちが良い❗

全てにおいて、






気持ちが良い❗


としか言い様のないリールだと思いました。

使う前の段階での各部のかっちりとした
剛性感、メカニカル、ドラグの調整時の
カチカチとなるクリック音、サイドプレート
の開閉時の噛み合わせの精度…
とにかく全てが気持ちの良い感じです。
リールの巻きも、マイクロモジュールギアの
おかげで超滑らかですから、ずっと触って
いたくなるリールです。

では、いざ投げてみての感想ですが、とにかく
飛ぶ❗
弾道が低い❗
伸びる❗
というところでしょうか…

最初に投げたのはジャークベイトだったのですが
想像の3割増しで飛びます。
20190330142817_IMG_0983
重量もそこそこあって、重心移動等も入る
飛ぶルアーですが、空気抵抗もそこそこ
大きく、終盤で失速する事の多いルアー
なのですが、さいごまでぶっ飛びます🎵
どんどんメカニカルを緩め、遠心を緩め、
気持ちの良いレベルにセッティングすると
一人でにやけた、ちょっと危ない人になる
位気持ちよく飛びます❗
同じように、スピナーベイトも空気抵抗が
大きいルアーですが、これもぶっ飛びます🎵
ラバージグや、ノーシンカーのヤマセンコー
もピッチングで挺弾道のまま体感2割増しで
飛んで行きます🎵
トラブルレスと言う意味では、ダイワの
SVスプールも大したものだと思いますが、
リニアに操作できる外部ダイアルと、人間が
サミングでコントロールする感覚は、趣味
キャスティングな私にはピッタリで、とにかく
楽しい感じです。
いつまでも投げていられます。

次に巻く…   感じですが、
先にも書いたマイクロモジュールギアの
おかげでしょうか?クランクベイトがとにかく
気持ち良い❗
ボトムにコンタクトさせながらちょびっと
浮かせて障害物を回避する…
でも、コンタクトポイントからは離さない❗
みたいな事が、いとも簡単に出来ます🎵
これは、今後の釣りに大きく影響が出るのでは?
と、思える要素で巻き感度がスピニングよりシビアに出るベイトリールとしては最高レベルだと思われます。

と言うべた褒めのインプレになってしまい
ましたが、ロッド一本で手軽に釣り歩きたい
時には、まちがいの無い選択だと思います。

強いて言えば、ぱっと見でアンタレスと
わかりすぎる鏡面のボディーなのと、価格が
いままでよりは、安く設定されているとはいえ
まぁまぁ高い事が、万人に薦められない
事でしょうか?
長く使えば、決して高くは無いと思われる
性能ですが、何台も揃える事は難しく、
バンタムや、ダイワのSVシリーズ等を上手く
噛み合わせれば、現状での最良なタックルを
揃えることも可能で、是非その候補に上げて
もらいたいリールだと思います。
ただ、ある程度いろいろなリールを使って
経験がないと、余りにもあっさりと難易度の
高い事をやってのけてしまうポテンシャルが
ありますから、このリールありきでは、他の
リールが色褪せてしまい、道具選びの楽しさは
無くなってしまうことでしょう…



2019 バス釣り大会 奈良津風呂湖ボート戦

5月12日は、奈良の津風呂でプライベート
チームのバス釣り大会第2戦がありました。

今回のルールは、免許を所持して、エレキが
有れば使用しても良い❗
無い人は、手こぎボートで戦う事になります。

7挺がエントリーしましたが、エレキ挺は4挺
手こぎが3挺…
私は手こぎでの参戦です。
ハンディキャップとして、手こぎはキーパー
20cm、エレキ挺は25cmを各5匹
スタートは手こぎの30分遅れでの開始です。
20190512080029_IMG_1175
アドバンテージを活かすべく、手こぎ的
フルスロットルで、ボート桟橋の対岸側の
朝方シェードになる面の上流に船を進めます。
20190512110326_IMG_1177

今回持ち込んだタックルは4本
20190512153040_IMG_1178
スピニング1本とベイトタックル3本

風向きを考慮して、ある程度こいだらそこから
はひたすら流されるを繰り返すしかステイ
出来ない手こぎ挺は術がありません。
ワンチャンス、ワンチャンスと意識を高めて
キャストしますが、バスからの反応はありません。

前年に倒木にバスが付いていた所が気になり
ボートをこぎ、倒木を凝視すると、巨ブナに
隠れるように付く、バスを発見❗

ベイトフィネスタックルでヤマセンコー6in
をノーシンカーでキャストして、素早くラインを
引き出してバックスライドさせると…
ワームが見えなくなった時にラインに反応が


ビ~ン🎵

フッキングと同時に一気に引き剥がして、
難なく取り込んだバスは、見つけていたバス
よりもはるかに小さかったのですが、
キーパーの20cmは余裕で越えているので、
良しとして次を狙いました。
しかし、そこからは何の反応もなく
見えていたバスも居なくなったので、
ボートをこいで、もとのシェード側を
流されながら撃ちますが、効率が悪く一度のミスキャストで
狙いのポイントを潰してしまう事も多々あり
作戦を変更することにしました。

この時点で時間はお昼前に…
なんとかノーフィッシュは免れていますが、
リミットメイクもしたいし、津風呂らしい
きれいなキッカーフィッシュも釣りたい😅
と、試行錯誤が続きました。

帰着の3時30分まで、何処で、何を、どうする
べきなのか?考えての選択はボート桟橋
近くのブレイクをライトリグで丁寧に探る。

ベイトタックルで巻いて釣りたいという
思いが強く、これまで大半の時間をハード
系のプラグに費やしましたがノーバイト
日も高くなり、更に厳しくなるだろうとの
判断からです。

そして、この判断が吉❗とでまして…
スピニングタックルで3.5gのシンカーと
スパテラ4インチのダウンショットを入れると
ナイスサイズのバスがヒット🎵
その後も、ブレイク沿いの限られたスポットで、
バイトが続き、トータルではリミットには
1匹足りませんが4匹のバスを持ち帰ることに
成功しました。

そして、結果はウエイン3名(エレキ挺2名)
で、大会の長がきっちり5匹揃え優勝…
20190512155621_IMG_1183
私は4匹で2位
20190512155512_IMG_1182
3位は1匹

結果的には、手こぎボートでの2位は
上々のできですが、エレキで流しながら
サイトで見つけた魚をきっちり釣る優勝者と、
行き当たりばったりで、なんとか釣れてくれた
魚のサイズは、大きな差があり、やはり厳しい
事は事実ですが、出来る範囲でやれる事は
やった感もあった第2戦となりました。
20190512155758_IMG_1186
次戦は淀川の城北ワンド…
なんとか1匹でもねじ込みたいと思います。

ゴールデンウィーク最終日 

大分記事が遅れておりますが、一応最終日
の淡路島での通し釣行を、書いておきます。
5日の夜に、バスで淡路島の福良港まで、
行きました…

事前情報は何も確認してなかったので、
基本のメバリングタックルと、アジが居れば
アジングも、できるように用意したタックル
ですが、到着してバスを降りると…


爆風❗



南からの爆風が容赦なく吹き付け、普段は
静かな港内もさざ波が立っています。
本来は、港の外側を狙いたかったのですが、
竿が煽られ、ラインがはらみ、ジグヘッド
沈まない状況で、仕方なく港内の比較的
静かな場所を探して釣りを開始しました。
20190506003844_IMG_1157
釣れてくるのは、安定の福良サイズのメバル
が大半で、たまにこれは?…
と思える突っ込みで上がってくるのは
タケノコメバルでした…
20190506024801_IMG_1161
アジも探しながらの、ポイント移動を
繰り返しますが、アジらしきアタリも無く
爆風のなか、ひたすら赤ちゃんメバルを釣る
という作業の様な釣りになりました。

深夜帯は、貸しきりになることもあり、
ほぼ港の全域を廻りました。
朝マズメが近づく時間になり、ようやく
アジらしきアタリが出てくれ、ボトム周辺
を重点的に攻めると、アジが釣れてくれました。
20190506044447_IMG_1163
しかし、思っていたサイズには程遠く、
豆より一回り大きなサイズのアジが薄く
入っているようで、連発することもなく、
5投に1匹位の頻度で釣れるだけの、盛り上がり
のないアジングでした。
夜も明けて、活性が上がるかと期待しましたが
それもなく、相変わらず吹き付ける爆風に、
心おれて帰宅となりました。

最低限天気の確認はした方が良い❗と
思うゴールデンウィークの最終日釣行でした。

令和幕開け釣行…

平成…

あの頃は良かった…



令和の幕開けは、約20年ぶりにバスを復活
するという、職場のメンバーと淀川城北ワンド
に出向きました。
好天にも恵まれ、ワンドはアングラーだらけ
でしたが、幸いにも同行者がテキサスの際撃ち
でナイスサイズのバスをキャッチ❗
1556792493042
私は安定のホゲ🎵
しかしながら、先日購入してきましたアンタレス
めちゃめちゃ気持ち良かったのでOK…

翌日3日は、いつもの居酒屋さんの
マスターと、そのお客さんと甲子園浜に…
20190503094313_IMG_1128

エビ撒きでハネ、キビレを初めて狙うお客さん
のお手伝いをしながら、シーバスでも狙う
お気軽フィッシングでしたが、案の定ホゲ🎵

マスターと初めてのお客さんは、しっかり
キビレとハネをキャッチしていました。
さすがです❗

そして明くる日は、
マスターが和田防に上がるというので、
早朝より同行し、私は新波止に上がりました。
20190504132933_IMG_1144
平成時代の爆釣をもう一度という期待は、
上陸早々の夜明けと共に脆くも崩れ、20190504085336_IMG_1136
ガシラ、ベラ、クジメの日中元気組に
20190504100021_IMG_1140
慰めてもらう結果となってしまいました。
やはり日が昇るとメバルは厳しいようで、
テトラの際や、穴を直接狙えるベイトフィネス
は、こういう時には非常に有効ということが
自身の引き出しとして、実体験できたのが
唯一の収穫でした。

そして、ゴールデンウィーク最終の夜は
淡路島での通し釣行で、締めくくろうと思い
バスで一路、福良港に向かいました。

ちょっと長くなりましたので、今回はこの辺で
と思いますが、早くも平成は良かった感が、
半端ない状況となっております。

恒例 ゴールデンウィーク 神戸沖波止釣行

今年も 恒例となりましたゴールデンウィーク
神戸沖波止通し釣行に行って来ました🎵

28日の午後大量の荷物(食材)を積み込んで
出発です。
今回は、あえて好調な東側を避けて 、
西側の新波止に渡してもらいました。
到着から日の明るいうちは、ショアジギング
で青物を狙いましたが、こちらは不発…
20190428183805_IMG_1071
日が暮れてからは、私はメバリングを
そして同行の方々は、バーベキューを
楽しみながら、穴子を狙うお気軽フィッシング
となりました。

準備をして、開始早々からアタリが出て、
難なくファーストフィッシュを、
キャッチしましたが、それからは怒濤の
バイトラッシュで釣れる、釣れる…
20190428204735_IMG_1080
ライズが出ている事も無く、活性が高そうな
見た目ではないのですが、とにかく釣れる❗
ジグ単でも、プラグでも関係なく投げれば
釣れる状態で、あっという間に20匹ほどの
メバルをキャッチしました。
20190428193603_IMG_1076
20190428221035_IMG_1090
20190428215949_IMG_1085
20190429021002_IMG_1096
サイズは18cm~27cm迄で、20cmUPのみ
写真を撮って、スカリに入れていましたが、
余りにも釣れる状態が延々と続くので、
途中からは、特別大きな個体以外は、その場で
リリースして、朝までひたすらメバルに
遊んでもらいました。
20190429020824_IMG_1095
今年の冬は、母親の件でほぼ釣りにいけない
状態が、続いたのですが一気にその分を
取り返すかのように、爆釣メバリングと
なりました🎵レンジをちょっとだけ、
下げるとガシラも食って来るので、表層直下
をスローに誘って、トータルでは60匹ほど
キャッチしたのですが、これだけ釣っても
尺メバルは釣れず…

やはり近郊で尺サイズは運も見方に付けないと
難しいサイズであることが、改めて痛感しました。
とはいえ、2回3ポンドラインをぶっちぎられ
てはいるので、もう少し強気のタックルで
挑むことも必要かと思います。
渡船で渡った時には、これ程魚影が濃いとは
想像もしていなかったので、嬉しい誤算と
なったのは良いことでしたが、肝心のショア
ジギングは完全試合を喰らい、朝マズメの
タイミングでシーバスに遊んでもらっただけの
20190429060552_IMG_1103
低調ないつも通りの、通し釣行であったことは
否めません😭


今年で3年目となった沖堤通し釣行ですが、
魚釣りをきっかけに、知り合ったメンバーで
ワイワイ楽しめることが一番の楽しみであり、
今回も期待通りの楽しさで、釣り上げた穴子
の鍋を食べたり(絶品)お互いに違うジャンルの
釣り談義はとてもためになり充実した
ゴールデンウィーク前半戦となりました🎵

ギャラリー
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。