smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

メッキ釣行

第10回ライトゲーム大会


日曜日はライトゲーム大会を
和歌山の日高川にて開催しました。

image

ターゲットはメッキ
この時期大阪湾に回遊したらあかんのに、
してしまう向こう見ずな奴らです。

土曜日の夜に集合し、現地着は深夜の
2時頃……

大会は朝からですので、夜は近くの
漁港でライトゲーム❗

爆風、激寒のコンディションながら、
色々な魚に出会えました。

image

マダイの赤ちゃん

image

マゴチの赤ちゃん

その他定番のガシラやフグ、
ネンブツダイ等……


メンバーは、飽きない程度に
色々な魚を釣っています。

しかしながら…


寒い❗

急激な冷え込みで、軽装ではガクガク、
ブルブル…⤵

2時間ほどで切り上げて、コンビニに
避難しラーメンタイム🎵

ぼんやりと明るくなるタイミングで
再びポイントに…



実績のあるところを中心に
いろいろ廻るもメッキの姿は見えず。

日が完全に上がったくらいから、
突然海面が慌ただしくなり、
ボイル❗


ボイル❗


ボイル❗


あわててプラグを投げたおすが、
一向にヒットせず…⤵

プラバーの表層早引きにも無反応…⤵


周りのメンバーもいろいろ投げ
たおしているが釣れている気配は無し

そんななか一人の若者がワームでゲット❗

ボイルの正体はなんとアジ🎵
表層でのアジングワーム超早引きに
だけ反応するとのこと❗

試してみると即効でアジ🎵
面白いけど、本命ではないので、
その場を後にしメッキを探しますが…⤵
あえなくタイムアップ❗

結局8名で3時間の間にメッキを
見つけたのは1名だけ…⤵
image

今年は少ないと噂されていたのですが、
まさかこんなに釣れないものかと?
でも、状況を見て、動いて、セオリー通り
に漁港の船の下に居る事を探し当てた
唯一のアングラ〰は若いけど、なかなか
やるな🎵と感心しながら、
自分の不甲斐なさに落胆したほろ苦い
第10回ライトゲーム大会となりました。


ここまで回を重ねて10回目と
なりましたが、技術交流を兼ねて
実施して、各自のスキルは確実に
上がってる印象を受けます。

一昨年は10月~12月まで全ての休みを
日高川にて過ごしましたが、
こんなに魚種が豊富で恵まれた環境とは
思っていませんでした。
狙いのメッキ、時々シーバスそしてソゲ
この辺はレギュラーメンバーですが、
こうして多人数で、あの手この手で攻めると
色々な魚が居ることもわかり、一人で釣行を
繰り返しているよりも、密度の濃い3時間と
なったことを実感したのが収穫となった
第10回ライトゲーム大会でした。

ランガン病🎵

前回の記事の秋の釣り
満喫しょうと、金曜日の夜から
深日港に出向きました。

まずは、食べて美味しいアオリイカ
と、一晩中投げましたが、ノーバイト❗

朝方のカマスでなんとかホゲ回避
となりました。
image


トボトボと帰り道、泉佐野辺りで
サゴシでも居ないかな?
と立ち寄りましたが、これまた不発…⤵
あきらめて帰ろうと左折のはずが…


右折❗


ひた走り海南に…
釣具店で状況を聞きますが、
今年のメッキは数が少なく、
あまり釣果を聞いていないとの事。

ならばと、またまた南下し気がつくと
御坊に突入❗
日高川でメッキ調査開始。

あいにくの雨(どしゃ降り)の中
キャストしますが、ドンドン濁りも
出て濁流となりつつあります。

こんな時はきっとあいつが…⤵









image

やはり食ってきました…⤵
平ならまだしも、丸セイゴ
50cm弱の銀ピカですが、お帰り頂き
雨も強く、濁流とゴミに嫌気がさして
切り上げました。

帰り道、ひたすら海岸沿いを下道で
漁港巡りしながら、見て回りますが、
どこも芳しくなく、ポイント確認で
いろいろなところに目星を付けて
image

ようやく大阪に帰ってきました。

時間にして丸1日ぐるぐる回ったの
ですが、なんか釣りをした感じが
ありません😱




最後にアイツなら🎵
と眠気を押さえて、アジング敢行

image


癒しのアジングで、なんとか
釣りをした感じに収まり終了としました。

image

アジは高活性で、サイズも一回り
大きく、釣りやすい状況です。
イワシやら、サバが居るので、素早く
ボトムを取り、ステイからの巻き上げが
バイトを誘発してくれました。

しかしながら、このランガン病
毎年秋に発病するのですが、
今年は、なるべく押さえて、
確実にキャッチできるように、
釣り物を絞った方が良いかも?
と、反省しきりの土曜日でした。



淡路島メッキ釣行

淡路島にメッキを釣りに行って来ました。
image

三ノ宮駅からバスで洲本まで約1時間30分
往復券は3330円です。

当日は20時40分発の便に、
乗り込みました。

到着後は目の前が洲本港
なので、大変便利です。

夜の間は、アジに遊んでもらおうとアジング。

しかし、アジはお留守でした。
エサ釣りの方にも釣果がなく、
イワシも居ません…

朝方のメッキに一抹の不安を抱えながら、ガシラで時間をつぶします。

4時頃にメッキポイントに
入り、来るべき朝マズメを待ちました。

夜が明けて、ぼんやりと周りが見え出した頃、同行者に待望のファーストヒット!

しかし、上がってきたのはサバ


落胆しながらも、投げ続けます。
すると、またしても同行者にヒット!

今度は本命のメッキ!

そこからは怒涛の入れ食いタイムに…

image


1キャスト3アタック等の
奪い合いも繰り広げられ、
ダブルヒット!も何度かありました。

淡路島メッキは非常にアグレッシブで、久々にスカッとした
釣行となりました。

ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。