smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

インプレ

インプレ スコーピオンbfs

  先日購入したスコーピオンbfsの使用感を
ちょっと書きたいと思います。
ここでのインプレは、あくまでも使ってみた
感想で、リールのスペック等はメーカーサイト
でご確認下さい。

先ずは外観ですが、カラーリングはピカピカ
していないのが、私的には好感が持てます。
実際にロッドに着けてみても、ほとんどの
ロッドに違和感無くセット出来ると思います。
ただ、今回セットで購入したテイルウォーク
のロッドはコルクグリップでデザイン的には
カルカッタの方が、レトロ感が出て良いとは
思いますが…
DSC_0888
では、キャストは…
ここが、ベイトフィネスの難しい所だと
思いますが、バスフィッシングでのフィネスと
ソルトでメバルやアジを狙う釣りとでは、
質量が根本的に違うので、バスフィッシング
を中心に考えると、何ら問題なく投げられると思います。
それは、バスフィッシングでノーシンカー
といっても、ワーム自体がかなりの重さもあり
ダウンショットや、ネコリグ等もシンカーは
軽くても結構重さがあるからで、ソルトの
極小ワームに1g以下のジグヘッドとでは、
少々次元が違うところがあります。

身近には、改良に改良を重ねて、ソルトで
超軽量のリグを飛ばせるようにしている方も
いますが、現状のスコーピオンbfsでは、
そこまでの究極には無理があります。
スピニングタックルよりも太いラインを
使えるメリットもありますが、小さなプラグ
では、太すぎるラインは泳ぎに影響が出ます。
私的には、3g~のプラグやジグヘッド、
メタルジグが投げれれば充分使えると判断
していますが、その点はクリアしていますので、
これ以上を求めるのであれば、スピニング
タックルを使えば良いと思います。
なので、3g~であれば、低弾道で、糸フケも
少なく、ピンスポットにスパッと撃ち込めます。

巻感はというと、きめ細かくヌルヌルとした
巻心地でありませんが、軽くて素直な標準的
なリールでは無いかと思います。

最後に、私的に初めての機能として、ドラグ音が
なるようになっていますが、これが結構
気持ち良く、わざと緩めで楽しんでおります。
IMG_20180129_184202_089


飛距離や、バックラッシュについては、
リールの性能的には問題ないと思いますが、
あわせるロッドやラインによって、ピーキー
になったり、ノンストレスに感じたりするので
なんともいえません。
特にロッドとの相性は各自のスイングスピードや
投げ方によっても変わりますので、過去の
ベイトリールがカルカッタで遠心ブレーキ
だった私は、ダイヤルで直ぐに調整できる
スコーピオンは良い相棒になってくれそうです。


因みに、今は手持ちの4ポンドのフロロを
50m巻いていますが、4..3fのロッドでも
6gのメタルバイブを投げると、最後まで
ラインが引き出されます🎵





インプレ マドネス EBEECH48

 今シーズンのメバルに関して、以前にも
書きましたが、プラグ主体で釣果を出したいと
思っています。

私の中の、プラグの位置付けですが、
小魚で食わす感覚は乏しく、アミの集合体
としての位置付けが大半です。
実際にメバルを捌いた場合、小魚が出てきた
事はほぼ無く、アミ(プランクトン)が
出てくるのがほとんどで、3月のイカナゴの
時期ですらアミを食べています。
もちろん小魚も食べてはいるのでしょうが、
主食はプランクトンだと思っています。

なので、ワームを選ぶときもクリアー系に
ラメが入ったようなカラーを使うことが多い
のですが、プラグも同じようにクリアー系を
主体で使っております。

そんなプラグでのメバリングに、最近発売
されたマドネスのシリコン素材のプラグ


ebichi_main

画像は赤金ですが、私のチョイスは…
DSC_0791

こんな感じで、クリアーにラメが入った
カラーを購入しています。

プラグを使う利点は、アピールが強い事。
止める(流す)ても沈まなかったり、ゆっくり
落とす事ができる。
等があり、デッドスローでシャローを引く
時なども、ワームでは不可能なこともでき、
非常に有効なメソッドになると思います。
DSC_0764
ちょっと前置きが長くなりましたが、この
EBEECH48パッと見たときは、ライトゲーム
よりチヌに効くのでは…
と思ったのですが、カラーを見渡して見ると
魅力的なカラーバリエーションでした。
エギ型で軽いしゃくりでダートさせて
食わせるイメージの形状ですが、私は表層
のただ巻きで使います。
もちろん沈めてダートさせても良いのですが、
DSC_0769
ダートさせるとガシラ率が高まります。

なので、エギ型のルアーというイメージは
捨てて、飛距離の出るワーム感覚で使います。
着水と同時にロッドを立てて巻いてくるだけで、
その間にアクションはほぼ入れません。
ロッドを寝かせるとレンジが入るので、
ロッドは必ず立てることがポイントだと
思いますが、3.5gあるので少々の風でも
安定して引いてこれます。

今期はこれだけで、結構な数のメバルを
キャッチできていますが、アタルけど乗らない
場合はフォローでワームを入れると高確率で、
追い食いしてきますのでサーチとしても
充分な力量のあるプラグだと思います。
そして、このプラグの最大の特徴である
シリコンで、作られている事は、水押は
あるけれどバタバタ感がない。
ことで、スレにくい事も大きなアドバンテージ
だと思います。
そんな、EBEECH48もう少し使い倒したい
と思います。

最後に…
多くのプラグにはリップが付いています。
これはルアーを泳がせたり、目的の深度まで
ルアーを到達させるために付いていると
思いますが、メバルに限っては、あまり必要
ではないと思います。
ワームでもそうですが、グラブ系やシャッド
系の
派手なアクションよりストレート系、ピンテール
系のワーム(一見泳いでいないように見える)の
方が、メバルの反応が良いと思うことが、
多々あります。
プラグでも同じでウォブリングの強いルアーは、
ブルブルと泳がせるとあまり釣れなく、
希望のレンジで止めたときや流した時に
バイトが集中する傾向にあることが多いです。
ただ、リップを無くしてしまうと、泳いでいない
ように見え、ルアーの位置や感覚が伝わらない
というアングラー側の要望に答えたプラグが
多いと思うのです。
事実、リップが折れてから釣れるように
なるプラグも結構ありました。

スーっと目の前を通す事で反応するメバル。
そんなときにシリコン素材のプラグは
使いやすいと思います。

一度お試しあれ❗

インプレ ソルティースタイル KIJIHATA

先日、私なりの17スコーピオンDCについて
インプレしましたが、今回はその相棒となる
ロッドのインプレを書きたいと思います。

アブ ガルシア ソルティースタイルKIJIHATA
762M-H-KR
[画像:135bc678-s.jpg]

手軽な価格で、ラインナップも豊富なアブの
入門用~中級者向けのモデルです。
KIJIHATAとの記載通り、アコウやオオモンハタ
等の、中型のロックフィッシユをワーム等で
誘いだし、掛けたら一気に根から剥がす事を
重点に置いた、セッティングですが、私の住む
エリアには、それほどアコウの魚影は
濃くなく、アコウを真剣に意識しての購入ではありません。

購入の決めては、私の利用状況にマッチしそう
な長さ、ティップの硬さとルアーウエイトの
数値がちょうど良い感じで、尚且つ安い❗
事になります。

なるべく少ないタックルで、色々と使い回せる
事を前提にこのロッドを選びました。

クロダイロッドの時にも書きましたが、
シーバスはこのロッドとか、メバルは
このロッドといった縛りは私のなかにあんまり
ありません。
なので、ソルトメインですが、バスフィッシング
にも使えればとの考えもあります。
なので、長すぎると使い辛いので、8f以内
ルアーウエイトは2ozまで使えますので、
ビックベイト等も使えるベイトロッド
を探した結果このロッドになりました。

仕様的にはM-Hクラスで、ソルトで使用する
メタルジグの40gや、キャスティングタイラバ
の40g、鉄板系等はフルキャストも全く心配
無くこなせます。
このクラスのショアジギング用のロッドは
ティップが硬く、使い辛い事もありますが、
適度にティップの柔軟性もあるので、乗りは
非常に良いと思います。
感度自体も、ある程度の重さのあるルアー
の場合、そんなにシビアなアタリが出ることも
ないと思いますので、水中での流れや、違和感も
充分で伝わります。
ただ、軽いウエイトでのワインドは弾く事が
多く、タイミングが合わないと乗らない事
は、頻繁にありました。
振り抜きに関しては、もう少しロッドが軽いと、
良いなぁと思えますが、投げてからのリーリング
では、ベイトロッドの構造上上にリールがあり
体に近いので、全然問題なく維持出来ますし、
投げ続けられます。

魚を掛けてからは、ベリーから素直に曲がる
ので、必要以上に暴れることもなく、
寄せられますし、少々強引に寄せても
バットの強さで、どうにでもなる感じです。
[画像:a2845eb9-s.jpg]
後、セミマイクロガイドという事で、
ロングリーダーでのキャストでも引っ掛かりは
抑えられ、快適にキャスト出来ます。

まぁ、コストパフォーマンスはかなり高いので、
私のような、ライトゲームメインで、たまに
ショアジギングをするような使い方であれば、
ちょうど良い感じだと思います。


アブガルシア(Abu Garcia) ソルティースタイル キジハタ STHC−762M−H−KR 1437223

インプレ シマノ 17スコーピオンDC100HG

本命使用目的のソルトゲーム、
サブでの使用目的のバスフィッシング
何度か使うことが出来ましたので、自分なりの
使用感を書いておきます。
[画像:84fa8e3e-s.jpg]
まず、ベイトリールの購入にあたっての背景は、
ライトゲーム中心の私ですが、たまには
フルキャストでビューンと投げたい時もある。
そして、いつもより大きな魚とのやり取りも
楽しみたいと思う時、既存のスピニングより、
ベイトリールの方が、よりおもしろく、
ストレスも無いのでは?と思い購入しました。

ダイワ派、シマノ派と言ったメーカー好みは
無いので、どこのリールでもよかったの
ですが、合わせるロッドがセミマイクロガイド
なので、ダイワの一部の機種のようにラインの
出口を解放して、飛距離出す、設計の物は
相性が悪いと思い、レベルワインダーの
広がらないタイプで探す事にしましたが、
コストの兼ね合いや、最新のブレーキシステム
が搭載された、スコーピオンDCとなりました。
思い起こせば25年前にバスフィッシングで、
バンタムスコーピオンを使っており、
その後はカルカッタになったのですが、
ちょっと感慨深い物があります。
当時は遠心ブレーキ、カルカッタも遠心ブレーキ
なので、マグネットブレーキシステムは、
あまり使うことがなかったのですが、
今回のスコーピオンDCはデジタルコントロール
ブレーキシステム❗
大分進化しているだろうなぁ😅と思い期待は
高いものがありました。
いざ、購入してみると以前までのスコーピオン
独特の小豆色のカラーではなく、ブラックに
細かなラメが入った塗装で、スコーピオンでは
無いような仕上がりのリールで、私的には
かなり気に入った感じです。

ソルトでの使用がメインになるので、ラインは
PE1.5号を150巻いています。
では、実際の使用感を…

最初のリグは、メジャークラフトのタイラバ型
ジグのジグラバースルー40g
[画像:60ff73fa-s.jpg]

幅広い魚種が狙えるのが魅力で、興味の
あるルアーなんですが、重い(実際は重い程良い)のが難点で、手持ちのスピニングタックル
では、投げにくいのですが、流石にベイトリール
であれば、楽に投げられました。
飛距離は申し分なくDC独特のビーンと言う
音を立ててスピニングタックルと比べても
遜色無くむしろ飛ぶ🎵
ブレーキのセッティングは2にしていますが、
少々の風であれば向かい風でも、ナーバスに
なることもなく、適当に投げればノーサミングで、
着水までブレーキがフォローしてくれます❗
恐るべき技術の進歩で、ナイトゲームでも
バックラッシュの心配無しに釣りが出来ます。

そして、面白いのはジグをフォールさせて
着底の瞬間❗
普通であれば、着底の瞬間にサミングして
いなければ軽いバックラッシュになると
思いますが、このリールはスッと止まります。
落としている途中でも、スプールを見ていると
逆回転しそうになるとくるんくるんとブレーキ
がかかって、バックラッシュを回避させようと
働いているのが面白いです。

そして、次はワインド用の1/2オンスに
交換して見ましたが、これも難なくクリアー
して、ストレスは全くといっても良いぐらい
ありませんでした。

シマノ(SHIMANO) 17 スコーピオンDC 101 左 03660【あす楽対応】

先日は、メタルマルの19gで港湾部のチヌや、シーバスを狙ってみましたが、
剛性感も充分で、巻き上げもスピニングより
楽なので、あっという間に
勝負はつきました。
[画像:5bf373ee-s.jpg]
[画像:855bdb2f-s.jpg]

まぁ、PEも1.5号 リーダーも20ポンドなので
ドラグが出るほどの、ファイトはありませんが、
ハマチクラス位であれば、何の問題も無い
剛性感であると思われます。

そもそも最新のリールなので、私のような
アングラーならば、どれでもそんなに変わり無い
仕上がりのリールの印象になるとは思いますが、
今のところ買って正解だと思える、費用対効果
だと言えます。

次はスコーピオンBFSかな🎵

インプレ シマノ ソアレ500S

先日購入したソアレ500Sのインプレを
簡単に書いてみたいと思います。
例によって詳しいスペック等は、あんまり
意識していませんので、それはもっと詳細な
インプレを書かれている方の記事を参考に🎵

まず、この17 ソアレ500S
17とありますが、他のソアレとは別物です。
[画像:b1c68a28-s.jpg]


スプールも互換性はありませんし、マグナム
ライトローターも新型ではありません。
新型のドラグもコアプロテクトもついて
いません…
[画像:b649b675-s.jpg]

詳しくは、メーカーのホームページで
確認していただきたいと思いますが、
とにかく別物です。

ただ、ただ小さくて軽い❗
[画像:b51e68bd-s.jpg]
それだけです🎵

では、実際の使用感はと言うと、
なかなか面白いリールという位置付けで、
こういう際ものが好きな方にはお勧め出来ます。

本来はロッドも最軽量クラスで合わせれば、
もっと軽量の意義もわかると思いますが、
私の場合は、帰り道のちょこっとアジングを
メインに使っているので、モバイルロッド
ですから、最軽量の意義が最適に発揮されてはいませんが、軽さの恩恵はやはりあると
感じ取れる部分も多々あります。

なので、極小ガイドにエステルラインの
セッティングが一番良いのか?と
思いますが、あえてのフロロカーボンライン
を巻いて使っています。
スプール径が小さいので、ラインの巻き癖や、
バックラッシュが気になる所ですが、
今のところノートラブルで非常に快適に
釣りができています。
[画像:4b40b0fe-s.jpg]

ラインの巻き取りが、狭いスプール故に、
急角度でクロスに巻かれている事や、
今のラインがサンラインの1ポンドで、
非常にしなやかな所も、相性が良いのかも
しれません。

ドラグに関しては非常にスムーズで、
ライトラインの使用に関して、安心できる
レベルですが、不意の大物には正直きつい❗
というのが本音です。
アジングのようにズルズルのドラグで、
使う分には何の問題もありません。

そして、購入にあたり一番気になっていた
巻き心地ですが、他の方もおっしゃるとおり
巻きはじめが重いのは事実で、最近のリール
としては重い部類に入りますが、
一旦巻き出すと気にならない位です。
そして、使い込むにつれてアタリがついて
当初からでは、大分軽くなっております。

そんなソアレ500Sやはりアジング専用機で、
究極のフィネスリール❗
ラインは2ポンド迄で対応できる魚相手の
リールだと思います。
ただ、ちょっと負け気味の方が面白い
ライトゲームにおいては、充分な性能が
有ることも事実です。

シマノ(SHIMANO) 17ソアレ CI4+ 500S 03715

メバルには、素直に2000番クラスを使うことになると思いますが、それまではガンガン
使いたいと思います。


では、昨日は寄り道アジングin大阪湾奥
今日は寄り道アジングin神戸に出向きたいと
画策しております🎵


ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。