smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

バスフィッシング

2018バスフィッシングまとめ

今年の最終戦は青野ダムで行われました。
そして、やはり釣る人は釣る❗
と言う結果で、コンスタントに結果を出した
クラブの長が、年間優勝となりました。
年間の総ウエイトは14kgオーバーですから
ダントツの成績です。

対して私は、初戦の琵琶湖ボートペア戦で
まさかのノーフィッシュで始まり、その後も
ノーフィッシュ地獄が続く、ダメダメな一年
となり、巻物主体で行くという戦いは、
厳しく結果の出ない年となりました。
しかし、来年も今年の反省を踏まえながら、
巻物主体で続けていきたいと思っております。

20181014060222_IMG_0539
ただ、年間2戦あるペア戦は、同船者に迷惑を
かけることなく、無難にライトリグも使って
いかなければならないと思っていますので、
ライトリグも、適度に織り混ぜて楽しい釣りに
していきたいと思います。

それにしても参加者のレベルが高く、
年々厳しくなっていますので、エリアの選定
や、食わせのテクニック…
いろいろ勉強(実釣)しないといけないと
思う今年のバスフィッシングでした。
年間優勝を獲ったのは2015年、去年は3位
今年は6位となり、ドンドン落ちていくので
来年は狙いますよ🎵

18 05 バス釣り大会 青野ダム

16日の日曜日は、青野ダムでバス釣り大会
が、開催されました。
20180916124033_IMG_0421

参加人数は少なく、こじんまりとした
内容で私はノーフィッシュの完全試合に
終わりました…

アオコで一面覆われた湖面で、黙々と
キャスト……
前方のアルミボートの方は、コンスタントに
バスを釣っていました。
ダムのチャンネルと水中の岬。
こちらは、どんより淀んだ岸際…
釣れる訳がない❗
なのに、そこで粘ってしまう不甲斐なさ…

優勝した方は、きっちり流れ込みの絡んだ
場所で3匹のキーパーをキャッチ❗

まだまだ修行が足りませんでした。



次は琵琶湖の丘戦です。
なんとかポイントを稼ぎたいと思います。

18 04 バス釣り大会 琵琶湖オカッパリ戦

記録的な大(長)雨ですね…
これ以上被害がでないことをお祈りしますが、
これから数日間も河川の増水、地盤の緩み等
危険な状態が続くかと思われます。
無理の無い行動が必要かと思いますので、
皆さんもお気をつけください❗

さて、
記事の更新が遅れてますが、7月の1日は
プライベートチームの、琵琶湖オカッパリ戦
が開催されました。

20180701053746_IMG_0158
琵琶湖の人工島に6時集合…
暗いうちはバスも岸際に寄っていると
思いますが、日が昇りきると沖のウィードに
つく傾向が強く、苦戦は覚悟して挑みます。

タックルは、今年のテーマである巻きの釣りを
意識してスピニング1本と、ベイトタックル2本

初戦から3戦目までノーフィッシュが続いて
いますが、気にしません❗

先日ようやく結果の出た、マグナムクランクを
主軸に遠投して沖のウィードを探しますが…





ノーバイトは続きます…



時折良質のウィードを見つけ、ワームでピンを
狙ってみたりもしますが、結果は出ず😱



朝の早い時間につり上げたメンバーと、
良質のウィードエリアを見つけひたすら
回遊を待った長が、キロフィッシュを
持ち込んだだけとなりました。
20180701115559_IMG_0159_1

毎回厳しい戦いが続く、今年のバス釣り大会
めげること無く、巻きたいと思います❗

18 06 24 琵琶湖リベンジ

24日の日曜日は、バス釣りクラブの長に
再び琵琶湖に釣れて行ってもらいました🎵

到着時は霧雨が降り、肌寒い気温でカッパを
着て出航しましたが、日が昇りきると良い
お天気になり、完全に夏の湖上でした。
20180624101427_IMG_0106

前回の琵琶湖は、長にコテンパンにされ
巻物中心で遊ぶと言いながらも、もう少し
琵琶湖らしさを味わいたかったので、今回も
巻物中心ではあるものの、ライトリグでも
しっかりとキャッチしたいと思います。

北山田から出て、ワンドを出た辺りで、
先ずは長が、挨拶代わりの50UP
_20180625_071948
流石です…

今日の琵琶湖は、爆釣か❗とテンションも
上がりますが、これが続かず😱

転々とポイントを変えて探って行きますが、
アタリすらない状態が続きます。

それでもGPSに入れた先々週の軌跡を元に
それが間違っていたのか?を確かめながら
ボートを流します。
ここぞという場所にはダウンショットで、
ねちっと攻めて私にもようやくファースト
フィッシュが、出迎えてくれました🎵
20180624100834_IMG_0104
アタリも控えめで、違和感程度しか出ない
渋い状況です…
なかなか良い日に出くわさないなぁ~と
思いながらも、投げなければ結果は出ない❗
と、心に言い聞かせ、入ったポイントの
初盤(一番美味しい所)では、巻きの釣りの
自分的大本命のマグナムクランクを通して
行きました。

途中クラブのメンバーのバスボートと情報を
交換したり…
20180624102638_IMG_0108
やっぱり好きな人はとことんやっています❗

そんな、状況に自問自答しながら、マグナム
クランクをキャスト❗



着水後から巻きはじめてウィードに当たった
瞬間に❗







ギューィン❗


ロッドが持っていかれて、反射的にフッキング。


ハードベイトなので何処に掛かっているのか
わからないので、バレるなよ~と祈りながら
寄せてくると、手前で猛烈な突っ込み❗
なんとかかわしてようやくネットイン。
20180624121609_IMG_0112

マグナムクランクでの嬉しいランカーゲット❗
_20180626_065659
正直、もっとガツンと持っていくハードな
アタリがでるのか?と思っていましたが、
意外にソフトに持っていかれる感じでした。
しかしながら、ここまでに何回投げたのか?
数えてはいませんが、記憶に残る魚に出会えて
たいへん嬉しく思いました🎵

その後も、場所を転々としながら投げましたが、
この日はこれ1本…

後は、帰り際に真逆のノーシンカーで40UPを
追加して終了となりました。
20180624171835_IMG_0116
水温が思ったほど上がらず、アフターの回復
も遅れぎみらしい、渋い琵琶湖…
数は出ませんでしたが、自分的にはこれでOK❗

快晴の琵琶湖バスフィッシング…
やっぱり面白いなぁ~と思った週末でした。


18 03 バス釣り大会 奈良津風呂湖戦

10日(日曜日)は、津風呂湖にてチームの
バス釣り大会がありました。

DSC_0029
手こぎボートでこの広大なエリアを、
ひたすら漕ぎます…

幸いにも開始当初は風もほとんど無く、
非常にやり易い状況で、めぼしいポイントを
流れに任せて撃っていきますが、無反応……

開始前に湖面を見たときには、大きなバスが
スクールしているのを、何度か目撃している
ので、岬回りやワンドの入り口を重点的に、
探ってバイブレーションやスピナーベイトを、
巻きましたがギブアップです。

ロッドをスピニングに持ち換えて、魚の溜まり
そうなブッシュにノーシンカーを入れると
JKバス(15~18cm)が入れ食いになりますが、
キーパーサイズは全く反応しません❗
DSC_0030
お昼過ぎからは、風も出て来て雲行きも
怪しくなりだし、これで状況が変わるかと
期待しましたが、なにも変わらず😱

最後はどしゃ降りの雨に打たれてタイムアップ

JKバスに遊ばれただけの連続ノーフィッシュ
で、他の参加者のライブウエルを見てみると❗

DSC_0037
驚愕のサイズが持ち込まれていたり…
DSC_0038

5匹のリミットを揃えた方はいませんが、
それでも、私のサイズより一回り大きなバスの
溜まり場を見つけて手堅く、持ち込んだ方など
やはり、釣る人は釣る❗
と言ういつものパターンで終了しました。

次戦は琵琶湖でのオカッパリ戦です。
やはり巻きの釣り中心で戦うつもりですが、
何とかポイントもゲットしたいものです。



ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。