smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

リグ メソッド

ボトムワインドについて🎵

先日、釣り友のgontaさんに本を
貸してもらいました🎵
image

内容はライトゲームに関しての考え方を
書かれたものなのですが、なかなか良い感じ❗

日頃話したり、釣りながら考えてることが、
結構ドンピシャな記述も多く楽しく読めました🎵

暗闇をメインにポイントを探る
フロロカーボンラインがメイン
レンジの考え方
小河川に隣接したポイント
巻かないルアー操作
デーゲームの重要性
多魚種へのアプローチetc…
特に月曜会では耳にタコ位の頻度で話す事が
多い内容ですが、やはり❗と思うことが
沢山の書かれていました🎵

そのなかでも、今回の更新内容の
ボトムワインドへのルアー操作は、
巻かないルアー操作が肝と自身で思っている
事でしたので、少し書いてみます。

いろいろな魚種が狙えて、釣れないときにも
何かしらの釣果を出してくれるボトムワインド
私はいつも多用します。

そんなボトムワインドですが、
メーカーさんのページにも、あまり書かれて
いない放置の釣り方が、ハマる時があります。

では、私のボトムワインドのタックルですが、
ロッドは8f前後のチューブラータイプ
リールは2000~2500番のハイスピードタイプ
ラインはフロロカーボンかPEで使います。
アクションのキビキビ感は、チューブラーの
ロッドが出やすく、掛けてからの巻き上げの
速さはハイスピードタイプのリールに分がある
事が選択の理由ですが、ラインの選択はフロロ
メイン、大多数の方はラインは
PEライン一択では無いでしょうか?

なぜフロロ?と思われるかと思いますが、
自分なりの理由があります。

では、私のボトムワインドの使い方ですが…
ジグヘッドはデルタマジック
image

ワームはワインドシャッド
image

いろいろな製品が出ていますが、ワインド
アクションを出せるジグヘッドであれば
別にこだわらなくても良いと思います。
ジグヘッドの重さは、重いほど派手な
アクションが出ますが、根掛かりも増えます。
なので水深と、潮の流れ、風を考慮して
1.5g~2.5gまでのジグヘッドが使いやすい
と思います。

では、アクションの仕方ですが…
大抵の場合、チョン、チョン、チョンと
竿先で弾くように煽ってフォール…
着底したらすぐにまたチョン、チョン…
の繰り返しで魚にスイッチを入れて喰わせる🎵
というのが王道ですが、このアクションでは
釣れない魚が居ます…

そして、この釣れない魚が概ねデカイのです。
では、どんなアクションか?となりますが、
私の場合、ボトムワインドのアクションは

気づかせる❗

寄せる❗

喰わせる❗

の3つに別けて考えていまして、
アクションの最初のチョンは、
魚にルアーの存在を気づかせる為で、
その場所からあまり離れ無いように
真上に上がるよう竿を前に出すように
アクションします。
この時PEラインだとワームが前に寄りすぎる
ので、フロロを使うのです。
後3回のチョンチョンは、寄せる意味合いで
ややキビキビとしゃくりを入れて興味を
持たせるアクションです。
活性が高い、スレていない、小さい個体は
ここでひったくるようにアタリが出ます。
しかしながら、用心深い大型の個体は
なかなか喰って来ない事が多く、この後の
ステイで押さえ込むようなアタリで喰います。

ここが肝なのですが、緩くテンションを
掛けたカーブフォールで、着底させた後
15~30秒ステイで動かさずひたすら待ちます。

この時竿先はなるべく立てて構えます。
急にラインテンションが抜けたり、ラインが
張るのは大抵魚の仕業です。
最初のチョンと同じように前に竿を出すように
あわせましょう🎵
魚であれば一気に煽って根からはがして
取り込みます。この時にハイギアのリールが
良い仕事をしてくれますので、浮かす事だけを
考えて一気に勝負してください❗
以上が一連の流れです。

私のイメージでは、餌を待ち構えている
魚の近くにワームを落とし込み、
チョンとあおって、気づかせる…
チョンチョンと興味を持たせて魚を誘う…
フォールしたワームを食べ物か?疑いながら
見ている魚…
我慢できずにちょっとくわえてみる…
アイテテて😅
みたいな感じのイメージなんですが、
通常のワインドで釣れないときに是非
お試しください🎵
image

余談ですが、
もともとは、釣り中に掛かってきた電話を
リグはそのままで受けていると釣れる事が
結構あったり、ライントラブルを直していると
勝手に釣れてたり…
ぞんな経験から取り組んだボトムステイ🎵
動かさない釣り方の一つだと思います。

エギーノ ピョンピョンサーチ

個人的にちょっと楽しみにしていた
エギが発売となりました。

YAMASITA eginno ピョンピョンサーチ
image

ちょっと前からコツコツとエギングに
取り組んで、昨年の秋に有識の有る方に
いろいろ教えてもらい、昨年の秋イカ豊漁
の恩恵もあって、釣りの面白さ❗美味しさに
完全にはまっているのです。

しかしながら、初心者も同然の経験の無さ
なんと無く釣れるけど、連発には程遠い
技術のなさで、もどかしい思いをしておりました。

まぁ、専用のタックルでもないし、
デンジャラスなシャクリも出来ない腕前
なのでしょうがないのか?等と悩んでいた
矢先、YAMASITAよりエギーノ ピョンピョン
なる製品が発売されると知りました❗

ソルトルアーではMaria、フラペンなる
後方波動のルアーをいろいろと作られています。

そのフラップがエギングにも流用されるのか?
と、思ったのがそもそもの注目ポイントです。

で、いざ現物は…

なかなかイケテる❗

フラップが本来のシンカーの位置につき、
目玉が後ろに付いている❗
image


兼ねてから思っていたのですが、
私のような初心者は、ダートさせることが、
苦手で、移動距離だけが長いエギングに
なりがちだと思うのです。

ですが、このフラップのおかげで、移動距離を
最小限に抑えることができそう❗

と、いうことは…
イカにアピールしながらも食わせるタイミングが長い❗と思った訳です。

時節柄、発売されたサイズは3.5号
しかしながら、抵抗が減る小さなサイズ程
この恩恵は大きいと思われ、
秋イカなら2号サイズも欲しいところです。

季節は春❗
産卵を控えたママイカにアピールできればと
思いシャクリたいと思います。


改めて見てみるとYAMASITAさんの
ページ、良くできていますね🎵
YAMASITA

メバルプラッキング(夜光虫)

先日の洲本港では、夜光虫で海面が
真っ青になるなか、最終的には私なりの
正解を見つけることができました。

その時の立役者はストリームドライブ
image


フローティングタイプもありますが、
シンキングタイプがはまったのです。

なぜか?



基本的には、夜光虫がいる海域には
メバルがいる可能性が高いと思っています。
昼間に見ると単なる赤潮…
夜になると、キラキラと幻想的な光を
放つ夜光虫
外的な刺激で発光する夜光虫
あまり刺激を与えないのが、キーポイントで
なるべく光らせずメバルに気付かせる❗
これにつきるのではないでしょうか?

もともと浮遊性のプランクトンの夜光虫
海面はキラキラでも、ちょっと下のレンジは
光りません。
なので、フローティングタイプよりも
レンジの入るシンキングタイプが夜光虫の
すぐ下のレンジを通すのに都合が良いのです。

そして、リップ付きのブルブル泳ぐタイプは
いたずらに海水を掻き回すので使い辛く、
シンペンタイプが良いのだと思われます。
ただ、シンペンタイプの中でもちょっと
水を噛む工夫がされているストリームドライブ
等は、適度な抵抗があり流れやレンジの把握が
しやすいので、結果的に釣れたレンジが
把握しやすく、連続性のある釣りが
可能になったと思います。

では、実際の流れは…
まず、夜光虫のいる海面を観察します。

そのなかで流れが出ている場所の流れの
よれを探します。

そしてキャストします。

ラインのスラッグを回収し、竿を立てラインが
海面になるべく触れないようにルアーを
よれに流し込みます。

ルアーの重みを感じながら任意のレンジまで
落としたルアーをスローに引きます。

たいていの場合手前は夜光虫の溜まり場に
なっているので、よれを抜けたらルアーは
回収し、またキャストします。

以上の繰り返しです。

今の時期はアミを食べてることが多いので、
フロントフックでも明確にひったくるアタリは
出にくく、重みが乗るようなアタリが多いです。
違和感を感じたら、とにかくきいてみるのが、
数を釣るコツと思います。

そんなプラッキング(夜光虫)パターン
個人的に期待を寄せているプラグが、
もうすぐ発売されます。
image

パンチライン45
シーバスプラグでは有名なプラグですが、
サイズダウンした45mm使いやすそうです❗
発売されれば試したいと思います。

最後に、上記の使い方とは全く違いますが、
image

ジェイドINX
海水では難しいサスペンド仕様
海水の濃度により浮いたり、沈んだりすると
思いますが、何よりデーゲームで、ジャークの
後ピタッと止まるのが素敵だと思います。
根廻に付くアベレージより大きな個体は、
魚食性が強いのでメタルジグ等で、早引きに
反応することが多いですが、このプラグで
目に前で止めると🎵

ドン❗
となうような気配が満々にします。
こちらはもう入手していますので、
近々試したいと思います。

ロックフィッシュ?


冬場のライトゲームにおいて
ロックフィッシュは、生命線だと
思います。

メバル、ガシラ、タケノコメバル、
ソイ、ハタ系…

何が釣れるか?お楽しみ的な
ロックゲームも勿論面白いのですが、
魚種を狙って釣ると、満足感も大きい
と思います。

そんなロックフィッシュですが、
メバルとガシラはロックゲームの
2大スターではないでしょうか?
ところが…

いざ釣りをしてみると…









メバルが釣れずに…








癒しのガシラとか、
ガシラは釣れるけどとか、
そんな話をよく見聞きします。

私もその一人でガシラに救われた
事は、何度もあります。
image

しかしながら、メバルとガシラでは
そもそも狙い方(習性)が違うと思うのです。

メバル…
image

日中は、メタルジグやボトムワインドの
ようなリアクション主体で、尚且つ底や、
ストラクチャーをタイトに狙う釣り
ただ、ボトムにリグを置くような待ちの
釣りではなく、アクション中やフォール中
にバイトは集中する傾向。
ナイトでは表層や、中層に定位し、
横の動きに反応が出やすく、
ジグヘッドにワームのただ巻きや
プラグの横移動のアクションに
反応しやすい。
が、私のメバルのイメージ❗

対してガシラ…
image

昼夜問わず狙え、潮に左右されにくく
移動も少ないのでピンポイントを絞り
易く、ワームを落とし込んで釣る。
目の前の物にバイトするので、横の
釣りでは追いきれない事が多い。
リアクションの釣りも成立するが、
アクション後のポーズでバイトが出る。
が、ガシラのイメージです❗

そんな両者
基本はメバル狙いなのに…
ってなること多くないですか?

どちらの魚が良いとはいえませんが、
メバル狙いでガシラが釣れるのは、
なにかが違っていると思います。

何が?





私が思うに、リグを通すレンジと、
ボリュームが釣り分けの肝だと思います。

では、レンジですが
メバル狙いで根掛かるのは、
リグが想像以上に沈んでいる❗
と言うことはボトム付近をトレース
しているので、ガシラ(タケノコメバル)
が釣れてしまう。
ナイトでは特にメバルは浮いています。
目線より上に通してあげないと、食わない
事が多くセオリー通り上からカウントを
取って、順番に深く探るのが良いかと
思います。

ただし、それでも根掛かる場合は
巻きスピードとジグヘッドの重さが
合っていないのか、足場がさほど高くない
のに、竿先が下がっているのが原因と
思います。

具体的にいうと
竿先が立っている時にカウントを5
取ったのと、竿先が下がっている時に
直ぐにリトリーブしたのとでは、リグは
同じくらいの軌道で通っていると
思います。

同じ姿勢でカウントを取るか、カウントを
変えずに姿勢(竿先の位置)で通すラインを
変えるかを決めておかないと、バイトの出る
レンジはわからないまま、ポロポロと
釣れる状態になってしまいます。


そんなロックフィッシュもうひとつの
釣り分けの肝は…リグのボリューム
メバルはスクリューテールとかあまり
泳がないストレートで細身
ガシラはグラブやシャッドテール
または、クロー等のバルキーなフォルム
が良いと思います。

なので、どちらを狙うか?
で、全く違ったアプローチと
なるはずなのです。
メバル狙いでガシラは潮位が低い、
浅場等では充分あり得ますが、
港湾部等では、釣り分けが出来るはず
なのです🎵

今年の元旦の釣りでも、芦屋浜のベランダに
いきましたが、今まではガシラは居るけど
メバルは…?
が、私の印象でした。
しかしながら、上記のレンジとワームの
ボリュームを意識して釣りをすると
メバルがちゃんと答えてくれました。
今まではよう釣らんかっただけで、
メバルは居てたのでしょう🎵
意識しながら釣りをする事の
重要さを改めて痛感(実感)しました。
image

これからがシーズンインのメバル
楽しみたいです。

タックルのセッティング

木曜日は、仕事終わりに大阪メバル
前回の感触から、まぁ釣れるだろうと
安易な考えで、フィールドに立ちました。

この日は、日曜日に使ったバス用の
リールをそのまま付けて、手抜きな
セッティングでした。

私の、現状のライト系釣りものは、
メバル、ガシラ、アジ、アオリイカetc…
と、フレッシュウオーターのブラックバス


このターゲットに対して2本のロッドで
対応しています。

アジ、メバル、ブラックバスは6.7fの
チューブラーULロッド

ガシラ、アオリイカ等は、8.6fの
メバル用のロッド(3g~10g)

どちらもハイスペックなロッドではなく
極普通の価格帯のロッドです。

なので、私と釣りをする方は、
今日は長い方?短い方?
と尋ねてきます。

各ターゲットによって専用の設計が
された物が使いやすいのは、承知して
いますが、竿に馴れるとそれなりに使える
事もあり、その感覚を重視しているからです。

ただ、この2本にたどり着く迄には、
いろいろな失敗もありましたが…

例えば…
感度とライトリグの操作性に重点を置き、
メバルロッドでバスを釣ると…
狙い通りショートバイトも、
極小ジグヘッドやノーシンカーワームも
お手のものとなりますが、
いざ魚が掛かると、バットパワーが無いため
フッキングが甘い、ストラクチャーから
強引に寄せられない等の弊害が出ました。

ですが、この2本のロッドでどうしても
越えられない壁が出たときは、専用の
ロッドを持ち出したりもします。




そんな私のタックル
肝はラインの選択です。
冒頭の手抜きタックルはラインが
フロロの4ポンドでした…

いざ、釣りをしてみると1投目から

ア~失敗や😱

となりました⤵

0.4gのジグ単からスタートしましたが、
飛ばない❗

ちょっと固めのフロロだった事もあり
糸ヨレも大きくスムーズにリグが落ちない。

リグの位置がわからない❗

リトリーブ中もノーテンションで、
アタリも取れない❗

風が吹くと、途端に煽られて
勝手に泳ぐ❗

等々…
いろいろな問題が出てきました。
正直、これほど差が出るとは思って
いなかったので、あたふたしながら
なんとか1匹を❗

結局4バイト感じとれ、キャッチしたのは
1匹だけ😱
image

しかも、このメバル
ジグヘッド丸のみです❗

今回感じ取れていないバイトも
あるでしょうし、4回のバイトも取れた
丸のみバイトだけというなんとも不甲斐ない
釣行となったのでした⤵

アジも終盤となり、メバルメインの
釣行が増えるこれからの季節
その時のターゲット、天候、メインルアー
等のいろいろな状況に合わせたタックル
選択はやはり重要だと再認識した一夜
となりました。

ちなみに、メバルメインに考えた
私のラインセッティングは、

長い方=PE0,3号+フロロの3~6ポンド
フロートの釣り、ボトムワインド、
プラグの釣り、メタルジグetc…

短い方=フロロ2ポンド
ジグ単の釣り、バーチカルなメタルジグ
プラグの釣りetc…

が、メインのセッティング
になると思います。



ギャラリー
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。