smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

リグ メソッド

第六回ライトゲーム大会

25日土曜の夜、
ライトゲーム大会を開催しました。

今回のターゲットは、チヌ、キビレ
好調の淀川を舞台に熱い戦いが…


のはずが…




雨❗ 濁流❗

安全性も考え急遽開催場所を
変更しての開催となりました。

ターゲットは各自の用意も
考慮し、そのままチヌ、キビレ。

現地に集合し、ルール説明の後
各人ポイントに散り、ターゲットを
探します。
image

淀川の荒れ方からは、想像も付かない
くらい、穏やかな水面😱

厳しい時間が過ぎていきます。
好調の淀川の予定からの場所なので、
思考は切り替えないといけないと
思いつつも、少ないバイトに集中力
がついてきません😱

早々にタケノコはゲットして
いましたが、今回のターゲットでも
無く、キビレのバイトがでません。
image


途中集合の時点で、ターゲットを
確保しているのは1名だけ…
情報交換もしながら、後半戦に
望みをかけます。






しかしながら…
結局はポイント選択も、リグの選択も
後手、後手にまわり
あえなくタイムアップ


後半戦にキビレ41cmをかけた方が
見事優勝
image


終始噛み合わないライトゲーム大会
となってしまいました。

次戦は、もう一度リベンジの
意味も込めて淀川キビレ
今度こそは、良い魚を捕りたいと
思います。

凄腕 チヌ王 シルバーウルフカップ

先ほど確認すると、
凄腕のチヌ王の結果が確定
していました。
image

減寸のペナルティーも無く、
そのままの順位に…

近畿ブロック1位となれました。

そして、全国は奇跡の3位❗

応援していただいた方々、
ありがとうございました。


春先の気候も水温も安定しない、
ちょっと難しい時期、
ウエインも少なく、盛り上がりに
欠ける感じの第一戦でしたが、
たまたま良い日に、釣行でき
良い魚に恵まれたのが良かったのかと
思います。

バイブレーションや、ミノーの
ようなハードプラグで、
釣りあげられている方も多いですが、
私の場合は、岸壁際のジグヘッド
落とし込み1本に絞っての釣果です。

image

これらのエビ系のワームに
バス用のジグヘッド。

シンプルな構成ですが、岸壁に付く
チヌ、キビレには抜群に効く❗
と思っています。
image

信じれるメソッドが有る❗
コレが一番強い🎵

私的には、何々パターンと
良く聞きますが、まずは

セオリー❗

と思っています。
その上でパターンを、
当てはめていく。
それが、コンスタントに
魚を得る秘訣ではないかと…

次回も楽しいチニング❗
していきたいと思います🎵




メバルプラッキング

私なりのメバルプラッキング
について書きたいと思います。

ルアー釣りの場合、ワームで
釣る釣りと、プラグで釣る釣りとが、
有ると思います。

イメージでは、ワーム=簡単
プラグ=難しい

とおもわれるのが普通ですが、
初場所等で、早くサーチする時
なんかはプラグの方が効率良く
魚を探すことが出来ると思います。

しかし、このプラグ…

少々使い方とイメージにギャップが
有ると思われます。

普通は、プラグ=小魚なのですが、
メバリングのプラグに関しては、
アミ等のプランクトンを食べている
時の為に作られているものが多いと
思います。
image

でも、ルアーのパッケージや、
ホームページの説明にもその辺が
あまり書かれていないのです。

シーバスや、ブラックバスを
される方は、特に注意が必要ですが、
巻くとダメなルアーが沢山あります。

一般的にシンキングのプラグは
巻かないと沈んでしまうので
巻きますが、流れがある時は
ロッドティップの角度で、ユラユラと泳がせると効果的です。

対して、フローティングのプラグは、
浮かせているだけでバイトを誘う物が
多いです。

なので、どちらもグリグリ巻く❗
と言うイメージでは無いと思います。

形状的には、
リップ付とリップ無し、
バイブレーションなど色々ありますが、
私はリップ無しを好んで使います。

ワームの釣りでもそうですが、
スーっと直線的に動く物の方が、
メバルには強いと思っています。

でも、世間にはリップ付のプラグが
沢山販売されています。

このリップ付プラグ
先ほどの仮説から考えるには、
希望の層に到達させる役割と
プラグの存在を知らしめる役割を
担っていると思うのです。

なので、グリグリ巻き続けるの
ではなく、ちょっと巻いて(さびいて)
バイトを待つ感じで使えば良いかと
思います。

その日の活性にあわせて、止めると浮く
のが良いのか?、止めると沈むのが
良いのか?をプラグ選考の基準に
考えます。


まぁ、グリグリ巻いても、
釣れるときは釣れるので、
その辺はメバルに聞いてください。


そして最後に…
タックルについて、

プラッキング時のラインですが、
基本的にPEラインは使いづらいと
思います。

ワームに比べると高価なプラグ
ロストしたくないですが、
PEの浮力や、風、潮の影響は
小さなプラグには、影響が出過ぎます。

シーバス用の大きなプラグでは、
質量も重量も有り、それほど問題では
無いかと思いますが、メバル用の
プラグでは操作性が悪すぎます。
なので、フロロカーボンラインが、
向いていると思います。

しかしながら、これもルアーの
パッケージやホームページの説明
には、あまり書かれていません。

私の知る限りimaのサスケ50には、
推薦ラインの記述がありますが、
なるべく細い(2ポンド以下)が
本来の動きを出すには必要だと
思います。

なんせ小さなプラグ…
少しの抵抗で破綻してしまいます。

これからの季節、マイクロベイトも
動きだし、アミパターンと
平行しながら、その日の最良プラグで
連発も充分あり得ます。


image

ゴン❗

と来る小さなファイター
楽しみましょう❗

フロートでのメバリング2

以前にメソッドで、フロートのメバリングを書きましたが、もう少し具体的な所を、補足したいと思います。
image

続きを読む

岸壁チニング

いろんな方法で釣れるチヌ、キビレ

今回は岸壁に付く魚を狙う方法をご紹介します。
image

底ズル、トップも面白いですが、縦の釣りも非常にエキサイティングです!
続きを読む
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。