smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

アジ

釣り友さんとコラボ釣行

関西在住ですが、仕事の関係で関東に
単身赴任している方が、グループにいます。
関東でもいろいろなフィールドで時間があれば、
釣りをしているようですが、本題は仕事なので、
いつまでもアウェー感が拭えないようです。

そして、たまに帰った関西での貴重な休日
家族の用事も済ませて、いざ🎵コラボ釣行に…

今年は、良いサイズのアジが大阪湾奥にも
入ってきているようなので、私はアジング
主体で、ブリーデンのトレバリズムと、
シマノソアレ500Sにエステルラインの
タックルです。

日は完全に暮れているので、明暗を中心に
海面を凝視していると、時折ライズらしき
波紋があちこちに出ています。

0.8gのジグヘッドで、着水と同時に
ゆっくりと引いてくるとコン🎵と
明確なアタリで本命のアジをキャッチ。
20190601234128_IMG_1242

噂通りの20cmクラスのアジでした。
やはり、これぐらいになると、青物らしさの
あるスピード感が出て、面白さも倍増します。

ライズの出ない時や場所では、ボトム付近も
サーチしてみますが、ボトムでは、タケノコ
のおちびちゃんが、釣れてくるだけで、
アジは見つけられず…
潮が動くタイミングでライズを狙っての
キャッチばかりとなりました。
20190601212153_IMG_1239
時間も遅くなりだし、アジのライズも落ち
着いてきだしたので、メバルも視野に入れて
レンジを探りながら、続けているとグググ🎵
と追いかけながらバイトが出ます。
少しスピードを上げて、引いてくるとグググ
グー👍とフックアップし、グングン下に
突っ込んでいきます🎵
キビレの引きでもなく、メバルとも違うような
ファイトを見せてくれたのは…
20190601231008_IMG_1240

グレ🎵
お腹もパンパンでパワーのある魚でした🎵

その後はメバルもちょこちょこ釣れてくれ、
20190602001210_IMG_1248
体高もあり筋肉質で抜群のプロポーション🎵
20190602000221_IMG_1246
ライズが出たらアジ、沈んだらメバルで
楽しく遊べました。

同行の釣り友は、キビレの多さに手を焼き
ながらもメバル、アジをキャッチしていました。

ゴールデンウィーク最終日 

大分記事が遅れておりますが、一応最終日
の淡路島での通し釣行を、書いておきます。
5日の夜に、バスで淡路島の福良港まで、
行きました…

事前情報は何も確認してなかったので、
基本のメバリングタックルと、アジが居れば
アジングも、できるように用意したタックル
ですが、到着してバスを降りると…


爆風❗



南からの爆風が容赦なく吹き付け、普段は
静かな港内もさざ波が立っています。
本来は、港の外側を狙いたかったのですが、
竿が煽られ、ラインがはらみ、ジグヘッド
沈まない状況で、仕方なく港内の比較的
静かな場所を探して釣りを開始しました。
20190506003844_IMG_1157
釣れてくるのは、安定の福良サイズのメバル
が大半で、たまにこれは?…
と思える突っ込みで上がってくるのは
タケノコメバルでした…
20190506024801_IMG_1161
アジも探しながらの、ポイント移動を
繰り返しますが、アジらしきアタリも無く
爆風のなか、ひたすら赤ちゃんメバルを釣る
という作業の様な釣りになりました。

深夜帯は、貸しきりになることもあり、
ほぼ港の全域を廻りました。
朝マズメが近づく時間になり、ようやく
アジらしきアタリが出てくれ、ボトム周辺
を重点的に攻めると、アジが釣れてくれました。
20190506044447_IMG_1163
しかし、思っていたサイズには程遠く、
豆より一回り大きなサイズのアジが薄く
入っているようで、連発することもなく、
5投に1匹位の頻度で釣れるだけの、盛り上がり
のないアジングでした。
夜も明けて、活性が上がるかと期待しましたが
それもなく、相変わらず吹き付ける爆風に、
心おれて帰宅となりました。

最低限天気の確認はした方が良い❗と
思うゴールデンウィークの最終日釣行でした。

秋の釣り。

鬱陶しい天気ですね😅

こんな日は、これから活躍して
もらうであろうプラグ達のメンテでも…
image


と買っておいたフックの交換を
しょうとごそごそと🎵










目が…⤵




辞めました😱


だんだん老眼がきつくなり、
最近は裸眼ではほとんど
新聞が読めません。



これからの季節メッキ、
image


カマス、
image


ヒラセイゴ、
image


ヒラメ(ソゲ)、
image


ハゼ、
image


イカ、
image


いろいろな魚が、ハードプラグで
釣れる時期となります。


楽しみたいものです🎵

普段は近場でアジ❗
週末はちょっと離れて5目釣り❗

ゆっくりスローな秋の釣り。
満喫しましょ🎵


串本2016初夏

7月22日~25日串本に
行って来ました。
image


梅雨が明けた直後でしたが、
西表島同様に強風の吹き続ける
厳しいコンディションでした。

初日は、仕事を終え19時15分発の
くろしおに乗り23時に到着

ベースに荷物を置き、漁港での
ナイトゲーム。
アジを探しますが、ネンブツダイに
邪魔をされ苦戦‥⤵
狙いの中アジは愚か、小アジ数匹の
貧果となりました。

因みに、串本では尺アジを中アジと
呼び、外向きの深場で釣れるアジは、
50cmを越えます❗

明けて、翌日はちょっと足を伸ばして
地磯周りで根魚を狙いました。
ガシラは釣れましたが、期待のサイズ
では無く、平凡なサイズ止まりです。
夕方からのアジングに備えて入った、
漁港の内向きで、マハタの幼魚を
ゲット出来たのが唯一の救いでした。
image


image

その場でいただきましたが‥

アジもちょこちょことは釣れます。
image


ナイトゲームは、深追いせずに
就寝し3日目のレンタカーでの周辺
調査に備えました。

3日目はレンタカーでやや北上し、
夕方からは古座川に入る予定です。

アオリイカはちょこちょこ
見えますが、期待する程の釣果も
無く、夕方の古座川に向かいました。
image

まぁ、釣れたイカは美味しく
いただきましたが‥

夕方の古座川
期待に胸を膨らませ到着すると‥‥

なにやら騒がしい感じ‥‥






河内祭?







花火大会❗


ええ~⤵








あっけなく退散です。

大島方面を回り、3日目の釣行も
貧果で終了❗

最終日は朝から漁港でライト三昧
image

小アオリまみれの港内で、
イカに遊んでもらい終了となりました。


振り返りとしては、魚は多いけど
外道も多く
image

フグはワームをかじりまくり
何を投げてもヒット❗

ようやく底までたどり着くと、
エソが食いつく
image

外道天国でした。


季節も梅雨明けの強風期間で、
次回はもう少し季節が進んでからか、
秋ぐらいの方が良いとの
結論になりました。

まぁ、行ってみてわかる事も
多いと思いますし、旅と釣り❗
楽しいことには違いありません。

ワームのカラー

ワームのカラーについて…

魚の視力は、どんなものでしょうか?

お店には、沢山のワームが売られています。

そして、カラーも沢山ありますね。


そんな中から好みの(釣れるだろう)ワームを選ぶわけですが、全部が全部必要なのか?
疑問です。

よく、アジは色盲で白黒の世界だと言われ、イカは凄く視力が良く、色の区別も出来ると聞きます。

私が普段狙っている魚たちは、どれくらい見えているのでしょうか?

続きを読む
ギャラリー
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。