smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

アジング

相変わらずの低空飛行ですが…

全く更新ができていない当ブログですが、
釣りにはいつも通り出ております。

夏場は、20190818184040_IMG_1394
豆アジを釣ったり、
20190825184311_IMG_1431
カマスを釣ったり、
20190804174417_IMG_1347
近場でハゼクラで遊んだり、
20190812180659_IMG_1355
バス釣りっぽい事をしたり…

どれも楽しく、いくらやっても飽きない
面白さがありますが、ブログの更新まで
たどり着かない状態となっております…⤵

また、ここ数年で最もインパクトを得た
BABYMETALはライブに参戦したり、10年
以上ぶりに夏フェスに行ったり🎵
20190816184213_IMG_1376
それなりに充実している夏でした。


そして、この9月より試験的に動画の撮影と
編集作業をしてみたりしております。

特に機材は使っていないので、いつもの
コンデジの動画を、無料のアプリで編集
しただけの簡素な動画ですが、なかなか
文章では、伝わりにくい事も、動画を使うと
分かりやすく伝えられるのではないかと、
思ってアップしていこうと思います。


よろしければチャンネル登録してくださいね😅
作成意欲も上がります。

須磨海岸で夏を感じる。

またまた更新が遅れておりますが、
7月最後の日曜日は、須磨海岸に行きました。
20190728131921_IMG_1338
JRの須磨を降りると、目の前は海水浴場…
真っ昼間なので、陽射しが半端無いです。

楽しそうに浜辺で遊ぶ、ファミリーや
若い人達のグループを横目に、テクテクと
西側の須磨浦漁港に向かいます。
防波堤では、サビキで豆アジやイワシが釣れ
盛っていました。
私もその間に入れてもらい、アジングを開始
しますが、これがこれが…
ボトムではなく、中層でアタリが出るので
漂わせるようにレンジを入れていくとモワーッ
とか、スポッとか反応が有るのに乗りません…

この日は、タックルを3セット持参していますので、
20190728132855_IMG_1340
あまり深追いせず、ベイトタックルでガシラ
を狙ったり、潮目が良い具合に入ったら、
メタルジグでツバスを狙ったり節操の無い
釣りを展開しておりました。
豆アジもなんとか釣れ、ベイトタックルの
底物も小さいながら釣れ出した頃…
大人数で、外国人の釣りグループが来ました。
大きな声で、楽しそうにしているのはまだ
良いのですが、歩き回りこちらのキャスト
も、.関係なく被せてくる始末で、釣り自体が
しにくくなり、それまでのほのぼのとした
雰囲気も、無くなってしまいあえなく、
そのポイントを離れる事となってしまいました。


そうして私は漁港の奥に場所を替えて、
アジングを再開しました。
相変わらず、豆アジはアタリますがなかなか
のせることができず、悶絶のアジングを
楽しんでいましたが、思いきってジグヘッドの
重さを1.5gまで上げて遠投で、ボトムに放置
する事にすると…

20190728183427_IMG_1343
20~22程のアジがやっぱり居てました🎵
このアジ、動かすと釣れなくて、ボトムに
置いとくとクン❗と押さえ込む様に
アタリが出ます。

去年は、塩屋でお盆にデカアジが釣れたり
したので、今年も期待できるのかなぁ?と
思わせるサイズですが、単に今まで目の前の
豆に翻弄されていただけで、毎年居てるのに
よう釣らんだけではないのか?と思わせる
須磨海岸釣行でした。

釣り友さんとコラボ釣行

関西在住ですが、仕事の関係で関東に
単身赴任している方が、グループにいます。
関東でもいろいろなフィールドで時間があれば、
釣りをしているようですが、本題は仕事なので、
いつまでもアウェー感が拭えないようです。

そして、たまに帰った関西での貴重な休日
家族の用事も済ませて、いざ🎵コラボ釣行に…

今年は、良いサイズのアジが大阪湾奥にも
入ってきているようなので、私はアジング
主体で、ブリーデンのトレバリズムと、
シマノソアレ500Sにエステルラインの
タックルです。

日は完全に暮れているので、明暗を中心に
海面を凝視していると、時折ライズらしき
波紋があちこちに出ています。

0.8gのジグヘッドで、着水と同時に
ゆっくりと引いてくるとコン🎵と
明確なアタリで本命のアジをキャッチ。
20190601234128_IMG_1242

噂通りの20cmクラスのアジでした。
やはり、これぐらいになると、青物らしさの
あるスピード感が出て、面白さも倍増します。

ライズの出ない時や場所では、ボトム付近も
サーチしてみますが、ボトムでは、タケノコ
のおちびちゃんが、釣れてくるだけで、
アジは見つけられず…
潮が動くタイミングでライズを狙っての
キャッチばかりとなりました。
20190601212153_IMG_1239
時間も遅くなりだし、アジのライズも落ち
着いてきだしたので、メバルも視野に入れて
レンジを探りながら、続けているとグググ🎵
と追いかけながらバイトが出ます。
少しスピードを上げて、引いてくるとグググ
グー👍とフックアップし、グングン下に
突っ込んでいきます🎵
キビレの引きでもなく、メバルとも違うような
ファイトを見せてくれたのは…
20190601231008_IMG_1240

グレ🎵
お腹もパンパンでパワーのある魚でした🎵

その後はメバルもちょこちょこ釣れてくれ、
20190602001210_IMG_1248
体高もあり筋肉質で抜群のプロポーション🎵
20190602000221_IMG_1246
ライズが出たらアジ、沈んだらメバルで
楽しく遊べました。

同行の釣り友は、キビレの多さに手を焼き
ながらもメバル、アジをキャッチしていました。

ゴールデンウィーク最終日 

大分記事が遅れておりますが、一応最終日
の淡路島での通し釣行を、書いておきます。
5日の夜に、バスで淡路島の福良港まで、
行きました…

事前情報は何も確認してなかったので、
基本のメバリングタックルと、アジが居れば
アジングも、できるように用意したタックル
ですが、到着してバスを降りると…


爆風❗



南からの爆風が容赦なく吹き付け、普段は
静かな港内もさざ波が立っています。
本来は、港の外側を狙いたかったのですが、
竿が煽られ、ラインがはらみ、ジグヘッド
沈まない状況で、仕方なく港内の比較的
静かな場所を探して釣りを開始しました。
20190506003844_IMG_1157
釣れてくるのは、安定の福良サイズのメバル
が大半で、たまにこれは?…
と思える突っ込みで上がってくるのは
タケノコメバルでした…
20190506024801_IMG_1161
アジも探しながらの、ポイント移動を
繰り返しますが、アジらしきアタリも無く
爆風のなか、ひたすら赤ちゃんメバルを釣る
という作業の様な釣りになりました。

深夜帯は、貸しきりになることもあり、
ほぼ港の全域を廻りました。
朝マズメが近づく時間になり、ようやく
アジらしきアタリが出てくれ、ボトム周辺
を重点的に攻めると、アジが釣れてくれました。
20190506044447_IMG_1163
しかし、思っていたサイズには程遠く、
豆より一回り大きなサイズのアジが薄く
入っているようで、連発することもなく、
5投に1匹位の頻度で釣れるだけの、盛り上がり
のないアジングでした。
夜も明けて、活性が上がるかと期待しましたが
それもなく、相変わらず吹き付ける爆風に、
心おれて帰宅となりました。

最低限天気の確認はした方が良い❗と
思うゴールデンウィークの最終日釣行でした。

18 11 24 33 芦屋周辺アジング

ようやく最新の釣果をblogに書くことと
なりました。

しかしながら、私のblogは何年か続いており、
そのほとんどが釣り関連の記事で、記事数も
まぁまぁ貯まってきておりますが、blogの
トップページの最近の人気記事では、大抵
ライトゲームの持ち物か、インプレスコーピオン
が、長らくトップの座に居続けてました。
ところが、最近はたった3記事しかカテゴリー
に無いBABYMETALの記事が人気の記事に
なっております😱
ロックや、ヘビーメタル、アイドル等を専門
に書いている訳でもないのに、この記事が
トップに居続けるのは、ファンベースの
凄さを感じると共に、一抹の寂しさもあります。

まぁ、気を取り直してアジング記事書きます。

元々は、SAFCのライトゲーム大会として
24日に何処かに行きましょうか?と候補地を
探していましたが、芦屋のアジングが絶好調
との情報が入り、現地を調査したメンバーも
噂の信憑性を確認し、抜けてしまわないうちに
開催するのが賢明かとの事で一週繰上で
開催となったのですが、あいにく私はその日に
参加できず…
そして、参加者は全員安打で、楽しい大会と
なっていました。
現状では、私のホームの大阪湾奥はアジが
少ない状況で、調子の良い芦屋のアジングを
してみたいと思っていました。
そこに、メンバーが今週も行くとの事で、
私も連れてってもらうことになりました。

現地着は19時位で、沢山の釣り人が居ます。
大半はタチウオ狙いのようですが、足場も
良い釣り場なので連休のレジャーとして、
ファミリーも多く賑わっていました。

私達もテクテク歩きながら良さげなポイント
を確保し釣りを開始します。

ワームをセットしながら海面を見ていると
結構騒がしく小さな波紋が一面に出ています。
イナッ子かな?と思いながら第一投は表層を
ゆっくりとリトリーブすると、いきなりブル❗
あっけなくアジを確保しました🎵
20181124190255_IMG_0707
確かにイナッ子も居るのですが、アジも表層
で盛んに餌を捕っているようで、その後も
続けてアジをキャッチします。
同行のみんなはどうか?と見に行くとみんな
ロッドが曲がっているので、一帯にアジが
居てる事がわかります。

と、なればいろんなワームを試す絶好の
チャンスと思いバックに入っているワームを
片っ端から試します。
前日に購入していた34のニューワームも
20181123150906_IMG_0701
何の問題もなく釣れてくれて、また新たな
お気に入りが増えました🎵
20181124191754_IMG_0711

途中全くアタら無い時間帯もありましたが、
場所を移動しても、潮さえ動けば釣れる位
アジの密度が濃いので、存分に楽しめた芦屋
アジングとなりました。

最後に…
今回のアジングで気づいた事を少し書きます。

今回のポイントは、石積み護岸でなだらかに
傾斜が続くポイントでした。
私のタックルはアジングロッドのトレバリズム…
5fしかなくなだらかに落ちる石積みでは、
入斜角度がつけられず、根掛かりを常に気に
しながらのアジングとなりました。
事実普段はほぼロストしないジグヘッドを
5個ロストしています。
もう少し長いロッドであれば、手前の崩れ石
も回避できるのに、漫然とリーリングして
いると引っ掛けてしまいます。
なのでバーチカルに近い角度が取れる港湾部
の堤防以外ではやはり使い辛い感がありました。

そんなトレバリズム…
バットパワーは見てくれとは裏腹にめちゃくちゃ
強く、サバとわかったときの強引なやり取り
では、水上スキー状態で30cm弱のサバを
浮かせてしまいます。
なので、アジは逆にかなり気を使って寄せないと
ビョーンと飛んできます。

そして、同じ時間で釣れる数が違うのにも
それなりの理由がある事も良くわかりました。

スッ、とかツツとか、のアタリはわかりやすい
ですが、抜けるアタリもたまにありますから
ロッドの感度の重要性も確認できました。
そして、最大のコツは…
こまめに歩く❗、レンジを変えてみる❗
この二点に尽きると思いました。

また、機会があれば居てるうちに釣りたいと
思う芦屋のアジングでした。


ギャラリー
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。