smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

アンタレス

朝活でバスフィッシング

日曜日は、釣り友のgontaさんと早朝の淀川
城北ワンドに行って来ました。

朝の3時過ぎにお迎えに来ていただき、
一路、城北ワンドに向かいましたが、
早朝の市内はスイスイで、到着時はまだまだ
夜が明けきらない状態でした。
駐車場で準備を済ませ、ワンドに着くと
すでに何人かのバサーがキャストしています。
流石は屈指のメジャーポイント…
私は、ライトを持参してなかったので、
明るくなるまで待って、ボチボチと始めます。

まずは、水面系のポンパドールjrで、際を
絡めながら引いて遊びます🎵
20190721061236_IMG_1332
ポコポコと良い音をたてながら、水面を
クロールしてくる様は、愛嬌があって実に
楽しく、まだちょっと薄暗いのもあって、
鯰が出て来ないかとヒヤヒヤしながら、
遊びました。
心配した鯰も出て来ず、平穏な休日の朝を
満喫しながら、次はちょっとレンジを入れて
いこうかと、ギルフラットを投入しました。
20190721061016_IMG_1331
このギルフラット、セッティングに少々コツが
要りますが、泳ぎは正にギルそのもの🎵
リールの巻き方でヒラヒラ泳がせたり、
キュッと早巻きを入れて誘ったり、
いろんな使い方ができる、優れもののワーム
だという事を再確認させられました。

でも、まぁ安定のノーバイトでしたが…


そして次に投げたルアーは、ジャークベイト
20190721061454_IMG_1333
バンタム リップフラッシュ115F
見た目よりレンジが入るのですが、ハイフロート
で、ウィードにコンタクトした瞬間に、
止めれば、直ぐに浮き出してくれて、スタック
しにくく、早巻きのストップ&ゴーで、効果的
な使い方ができるミノーだと思いました。

巻き抵抗の有るルアー、全く抵抗の無いルアー
スピードの強弱をつけたくなるルアーと、
いろいろなタイプのルアーを、投げましたが
巻く事にストレスが無く、状況を的確に伝えてくれるリールの性能は、大事だとおもいました。

朝5時前から釣りを始め、7時前には撤収した
今回の朝活フィッシングですが、気温も上がり
切っていないタイミングで、短時間に集中して
取り組むのも良いなぁ~と思えました。

2019 バス釣り大会 淀川城北ワンド戦

9日(日曜日)はプライベートチームの
バス釣り大会第3戦がありました。
20190609124208_IMG_1258
毎回厳しい戦いとなる城北ワンドですが、
釣れないこともあってか?参加者が少なく
年間を争う上位陣が、参加でなおさら厳しい
戦いとなりました。

当日は、釣り人も多くハイプレッシャー…
持ち込んだタックルは、Mクラスのロッドに
アンタレス14ポンドのベイトタックルと、
ULクラスのロッドにカルディア5ポンドの
スピニングタックルの2セットです。
巻きで釣りたい今年のバス釣りですが、
年間の事を考えるとノーフィッシュだけは、
避けないといけないので、城北ワンド戦は
スピニングタックル中心で挑みました。

各ワンドの状況を見ながら、めぼしいポイント
には、キャストしてみますが、案の定ノーバイト
本流とのつながりのあるワンドが、水質的に
良さそうだったので、腰を据えてじっくりと
攻めることにしました。

カルガモ親子の、微笑ましい姿を見ながら
20190609094909_IMG_1257
休日を満喫しているバサーのようですが、
内心はバイトがない❗と焦りまくっています。

そうこうしていると、リップラップの先に
入れたダウンショットにモゾモゾ❗と魚の
感触が出ます。

見える範囲にメンバーに、アタリますか?
と尋ねるもノーバイトとの事…

アタリの出方からして、小さそうでしたが
とにかく魚を見たいので、1人静かに次の
チャンスを待っていると、またモゾモゾ❗
今度は、充分に送ってラインが持っていかれ
るのを確認してからあわせを入れると、無事に
フックアップしてくれましたが、想像通りの
ノンキーサイズ…

このまま釣れる魚を釣り続け、キーパーが
混じることを期待するのか?
他の、釣りでもっと大きな魚を探すのか?
迷っていると、メンバーがナイスキーパーを
キャッチします。
良質のウィードパッチが有ることは、わかって
いたので、このままこの釣りで、キーパーが
混じることを信じて続行する事にし、次の
バイトに備えます。
途中ワームのカラーや、サイズを替えながら
探っていると、遂にキーパーギリギリのバス
が、釣れてくれました🎵
20190609093419_IMG_1255
これで、参加点の5ポイントだけは回避できた
ので、それ以降はシャッド系のプラグで、
サイズアップを狙いましたが、シャッドが
殉職するだけで、願いは叶いませんでした。

結果は、優勝者が2匹のキーパーを持ち込み、
私が1匹だけでしたが、ウエイン者がいなかった
ので、2位フィニッシュとなりました。

来月は津風呂なのですが、当日は私の応援
するBABYMETALのライブが名古屋であり
出場できません。
年間の成績にこだわると、出れないのは痛い
のですが、こればっかりはしょうがなく、
今回でなんとかポイントを稼いでおきたかった
事もあり、置きに行くような釣りになって
しまいましたが、最低ラインはクリアできたように思える淀川城北ワンド戦でした。
ただ、ハイプレッシャーで釣れないと言う
定評も、何度か通うようになり、それなりに
わかってきたこともあると思います。
今後も機会があれば、行きたいフィールド
だと言えるようになってきました。


インプレ 19アンタレス

先日購入してきましたアンタレスを、使った
感想を書き留めたいと思います。

20190421174226_IMG_1057
個人的には、釣具はあんまりキラキラしたのが
苦手で、黒一色とかが好みだったりします。
そんな私ですが、一度使ってみたい衝動に
かられキラキラのアンタレスを購入しました。
今までのアンタレスのイメージは、
世界で戦うとか、琵琶湖の浜で、大遠投するリールのイメージで、ボートや、オカッパリの小場所で使うリールではない、というのが
私の見解でした。

20190421151213_IMG_1055
しかし、この19アンタレスは、バーサタイル
的な34mmスプールで発売されました。
飛んで、巻けて、頑丈な今までとはイメージ
も違い、こんなのアンタレスじゃない❗
と言う意見も聞かれます。

私的には、今回のバーサタイル化は、歓迎
出来るもので購入した次第です。

さて、実際の使用感ですが、Mクラスのロッド
に、14ポンドのラインを巻いて使っていますが…




気持ちが良い❗

全てにおいて、






気持ちが良い❗


としか言い様のないリールだと思いました。

使う前の段階での各部のかっちりとした
剛性感、メカニカル、ドラグの調整時の
カチカチとなるクリック音、サイドプレート
の開閉時の噛み合わせの精度…
とにかく全てが気持ちの良い感じです。
リールの巻きも、マイクロモジュールギアの
おかげで超滑らかですから、ずっと触って
いたくなるリールです。

では、いざ投げてみての感想ですが、とにかく
飛ぶ❗
弾道が低い❗
伸びる❗
というところでしょうか…

最初に投げたのはジャークベイトだったのですが
想像の3割増しで飛びます。
20190330142817_IMG_0983
重量もそこそこあって、重心移動等も入る
飛ぶルアーですが、空気抵抗もそこそこ
大きく、終盤で失速する事の多いルアー
なのですが、さいごまでぶっ飛びます🎵
どんどんメカニカルを緩め、遠心を緩め、
気持ちの良いレベルにセッティングすると
一人でにやけた、ちょっと危ない人になる
位気持ちよく飛びます❗
同じように、スピナーベイトも空気抵抗が
大きいルアーですが、これもぶっ飛びます🎵
ラバージグや、ノーシンカーのヤマセンコー
もピッチングで挺弾道のまま体感2割増しで
飛んで行きます🎵
トラブルレスと言う意味では、ダイワの
SVスプールも大したものだと思いますが、
リニアに操作できる外部ダイアルと、人間が
サミングでコントロールする感覚は、趣味
キャスティングな私にはピッタリで、とにかく
楽しい感じです。
いつまでも投げていられます。

次に巻く…   感じですが、
先にも書いたマイクロモジュールギアの
おかげでしょうか?クランクベイトがとにかく
気持ち良い❗
ボトムにコンタクトさせながらちょびっと
浮かせて障害物を回避する…
でも、コンタクトポイントからは離さない❗
みたいな事が、いとも簡単に出来ます🎵
これは、今後の釣りに大きく影響が出るのでは?
と、思える要素で巻き感度がスピニングよりシビアに出るベイトリールとしては最高レベルだと思われます。

と言うべた褒めのインプレになってしまい
ましたが、ロッド一本で手軽に釣り歩きたい
時には、まちがいの無い選択だと思います。

強いて言えば、ぱっと見でアンタレスと
わかりすぎる鏡面のボディーなのと、価格が
いままでよりは、安く設定されているとはいえ
まぁまぁ高い事が、万人に薦められない
事でしょうか?
長く使えば、決して高くは無いと思われる
性能ですが、何台も揃える事は難しく、
バンタムや、ダイワのSVシリーズ等を上手く
噛み合わせれば、現状での最良なタックルを
揃えることも可能で、是非その候補に上げて
もらいたいリールだと思います。
ただ、ある程度いろいろなリールを使って
経験がないと、余りにもあっさりと難易度の
高い事をやってのけてしまうポテンシャルが
ありますから、このリールありきでは、他の
リールが色褪せてしまい、道具選びの楽しさは
無くなってしまうことでしょう…



インプレ バンタム MGL

購入から何度か使う機会を得れたので、
私なりの感想を書きたいと思います。
20190414110055_IMG_1027
例の如く、詳しいスペックはシマノのHP
なり、他の方のブログを見ていただくことに
なりますが、私的にはバスフィッシングを
3本のロッドで、大方をカバーしたいとの
思いがあり、その真ん中(ミディアム)を担う
リールとして購入しました。

ベイトフィネス6ポンドライン~10ポンドを
使うにはスコーピオンbfs

そして、12ポンド~16ポンドクラスは、
このバンタムmgl

ビックベイトや重量級のルアーに対しては
ヘビークラスロッドで対応

そんな思惑で購入したバンタムですが、
巻いて釣るという今年のテーマには、ドンピシャ
で、とにかく巻いてて気持ちが良い❗
というのが一番のポイントかと思います。
20190414110307_IMG_1029
ただ、34mmスプールの割には、初期回転が
もたつく感じで、ある程度重さの有るルアー
でないと、ストレスが出ます。
特にショートキャストや、ピッチングでの
弾道が、どうしても高くなる傾向があり
換えスプールで軽量化したり糸巻き量を減らす
等でも改善できると思いますが、何度か使って
みた感想としては、バーサタイル性はやや
重量級のルアーや、巻き抵抗の大きなルアー
に片寄っているイメージで、これ一本で
野池や、淀川を回るのは若干の抵抗があります。

という事で、当面はビックベイト用に使う
リールの位置付けとなりそうです。


当初は、カルカッタ コンクェストDC200を
ビックベイト用に購入する予定でしたが、
こちらは、ハイギアの設定が無いのが、
購入を迷わせているところで、自身使った
ことがない、19アンタレスを購入してみよう
かと思っております。






が…













20190419061440_IMG_1048

気がつくと買ってました🎵

これでどうかな?







ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。