smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

ガシラ

須磨海岸で夏を感じる。

またまた更新が遅れておりますが、
7月最後の日曜日は、須磨海岸に行きました。
20190728131921_IMG_1338
JRの須磨を降りると、目の前は海水浴場…
真っ昼間なので、陽射しが半端無いです。

楽しそうに浜辺で遊ぶ、ファミリーや
若い人達のグループを横目に、テクテクと
西側の須磨浦漁港に向かいます。
防波堤では、サビキで豆アジやイワシが釣れ
盛っていました。
私もその間に入れてもらい、アジングを開始
しますが、これがこれが…
ボトムではなく、中層でアタリが出るので
漂わせるようにレンジを入れていくとモワーッ
とか、スポッとか反応が有るのに乗りません…

この日は、タックルを3セット持参していますので、
20190728132855_IMG_1340
あまり深追いせず、ベイトタックルでガシラ
を狙ったり、潮目が良い具合に入ったら、
メタルジグでツバスを狙ったり節操の無い
釣りを展開しておりました。
豆アジもなんとか釣れ、ベイトタックルの
底物も小さいながら釣れ出した頃…
大人数で、外国人の釣りグループが来ました。
大きな声で、楽しそうにしているのはまだ
良いのですが、歩き回りこちらのキャスト
も、.関係なく被せてくる始末で、釣り自体が
しにくくなり、それまでのほのぼのとした
雰囲気も、無くなってしまいあえなく、
そのポイントを離れる事となってしまいました。


そうして私は漁港の奥に場所を替えて、
アジングを再開しました。
相変わらず、豆アジはアタリますがなかなか
のせることができず、悶絶のアジングを
楽しんでいましたが、思いきってジグヘッドの
重さを1.5gまで上げて遠投で、ボトムに放置
する事にすると…

20190728183427_IMG_1343
20~22程のアジがやっぱり居てました🎵
このアジ、動かすと釣れなくて、ボトムに
置いとくとクン❗と押さえ込む様に
アタリが出ます。

去年は、塩屋でお盆にデカアジが釣れたり
したので、今年も期待できるのかなぁ?と
思わせるサイズですが、単に今まで目の前の
豆に翻弄されていただけで、毎年居てるのに
よう釣らんだけではないのか?と思わせる
須磨海岸釣行でした。

恒例 ゴールデンウィーク 神戸沖波止釣行

今年も 恒例となりましたゴールデンウィーク
神戸沖波止通し釣行に行って来ました🎵

28日の午後大量の荷物(食材)を積み込んで
出発です。
今回は、あえて好調な東側を避けて 、
西側の新波止に渡してもらいました。
到着から日の明るいうちは、ショアジギング
で青物を狙いましたが、こちらは不発…
20190428183805_IMG_1071
日が暮れてからは、私はメバリングを
そして同行の方々は、バーベキューを
楽しみながら、穴子を狙うお気軽フィッシング
となりました。

準備をして、開始早々からアタリが出て、
難なくファーストフィッシュを、
キャッチしましたが、それからは怒濤の
バイトラッシュで釣れる、釣れる…
20190428204735_IMG_1080
ライズが出ている事も無く、活性が高そうな
見た目ではないのですが、とにかく釣れる❗
ジグ単でも、プラグでも関係なく投げれば
釣れる状態で、あっという間に20匹ほどの
メバルをキャッチしました。
20190428193603_IMG_1076
20190428221035_IMG_1090
20190428215949_IMG_1085
20190429021002_IMG_1096
サイズは18cm~27cm迄で、20cmUPのみ
写真を撮って、スカリに入れていましたが、
余りにも釣れる状態が延々と続くので、
途中からは、特別大きな個体以外は、その場で
リリースして、朝までひたすらメバルに
遊んでもらいました。
20190429020824_IMG_1095
今年の冬は、母親の件でほぼ釣りにいけない
状態が、続いたのですが一気にその分を
取り返すかのように、爆釣メバリングと
なりました🎵レンジをちょっとだけ、
下げるとガシラも食って来るので、表層直下
をスローに誘って、トータルでは60匹ほど
キャッチしたのですが、これだけ釣っても
尺メバルは釣れず…

やはり近郊で尺サイズは運も見方に付けないと
難しいサイズであることが、改めて痛感しました。
とはいえ、2回3ポンドラインをぶっちぎられ
てはいるので、もう少し強気のタックルで
挑むことも必要かと思います。
渡船で渡った時には、これ程魚影が濃いとは
想像もしていなかったので、嬉しい誤算と
なったのは良いことでしたが、肝心のショア
ジギングは完全試合を喰らい、朝マズメの
タイミングでシーバスに遊んでもらっただけの
20190429060552_IMG_1103
低調ないつも通りの、通し釣行であったことは
否めません😭


今年で3年目となった沖堤通し釣行ですが、
魚釣りをきっかけに、知り合ったメンバーで
ワイワイ楽しめることが一番の楽しみであり、
今回も期待通りの楽しさで、釣り上げた穴子
の鍋を食べたり(絶品)お互いに違うジャンルの
釣り談義はとてもためになり充実した
ゴールデンウィーク前半戦となりました🎵

明けましておめでとうございます。

 昨年は私の拙いブログを見て頂きありがとう
ございました。
今年も、昨年同様ショボい内容ですが、
書き留めていきたいと思います。
何卒、よろしくお願いいたします。


さて、年末はいろいろと忙しく(飲んでばかり)
で、釣り納めは管釣りとなってしまいました。


そして、今年の一発目は、年間を通して
お世話になっている塩屋漁港に短時間ですが
初釣りを楽しんで来ました。

2時間ほどの釣りでしたが、19年初フィッシュ
が、アブラメでスタートとなりました。
20190101165115_IMG_0802
25cm程ですが、この系統もパワーありますね🎵

それからは、お決まりのミニガシラが遊
んでくれて、飽きない程度に楽しめました。
20190101170203_IMG_0803

時間があればナイトでメバルも狙いたいの
ですが、日没でタイムアップとなりましたので
釣り場を後にしました。

年末になんとなく買ったニューロッド
ジャッカルのBRS
手頃な価格でついつい購入してしまいましたが、
サムネ6
次回にでも、インプレを書きたいと思います。

18 06 17 17 須磨海岸

  久々の大きな地震…
被災された方々には、心より
お見舞い申し上げます。
私自身も阪神大震災を経験しており、
ほんの数秒間地面が揺れるだけで、普段の
生活ができなくなり、右往左往する日々…
普通に生活できる事の幸せを、再認識させられる
地球からの戒めかと思います。

そんな週明けになるとは心の何処にもない
日曜日…


午前中は用事があり、午後から須磨海岸に
行って来ました。

千守突堤に入るのか?
西の漁港に入るのか?
迷いながらも、先日ガシラが沢山遊んで
くれた漁港に入る事にして、テクテク歩きます。
20180617155009_IMG_0061
須磨海浜水族館では、ビーチでワークショップ
を開催しているらしく、沢山の方々が、網をもって散策しています。

漁港では、数人の釣り人が竿を出していますが、
サビキをしている人がいません…

アレレ………

人も少なく、千守のほうが良かったのかも?
と、一抹の不安を感じながら準備をしました。

今回のタックルはアジングロッドと、
ベイトフィネスロッドの2セットで、前回の
ガシラをもう少し掘り下げて、みようかと思い、
あわよくばアジも❗という根魚中心の狙い

案の定、アジはまわっていません…

準備したアジングタックルで、先ずは先日の
溜まり場らしき周辺を狙います。

潮が動いていないので、ちょっと誘っては
フォールさせる感じで、マイクロガシラが
連発してくれます。
20180617192318_IMG_0064
でも、本当に小さく10cmに満たないサイズも
混じります。
一旦彼らを釈放して、今度はジグヘッドに
クロー系のワームをセットしてベイトフィネス
のタックルで同じポイントを攻めてみます。
20180617192743_IMG_0067_1
20180617204018_IMG_0073_1


アタリは減りますが、これはこれでサイズが
一回り大きくなり、20cm弱のガシラも同じ
ポイントに居てたことが確認でき、攻め方の
違いでサイズがコントロールできる事が、
実釣で実感できたのは大きな収穫❗
20180617183641_IMG_0062

小腹が空いたので、うどんを食べたりしながら
のんびり休日満喫した日曜日でした。


たかがガシラ釣り…
湾奥でも、磯でも、波止でも、何処でも釣れます。
季節、昼夜問わず何時でもお相手してくれる
好敵手ガシラ…
改めて釣りは奥が深いなぁ~と思った週末でした。


ボトムワインドについて🎵

先日、釣り友のgontaさんに本を
貸してもらいました🎵
image

内容はライトゲームに関しての考え方を
書かれたものなのですが、なかなか良い感じ❗

日頃話したり、釣りながら考えてることが、
結構ドンピシャな記述も多く楽しく読めました🎵

暗闇をメインにポイントを探る
フロロカーボンラインがメイン
レンジの考え方
小河川に隣接したポイント
巻かないルアー操作
デーゲームの重要性
多魚種へのアプローチetc…
特に月曜会では耳にタコ位の頻度で話す事が
多い内容ですが、やはり❗と思うことが
沢山の書かれていました🎵

そのなかでも、今回の更新内容の
ボトムワインドへのルアー操作は、
巻かないルアー操作が肝と自身で思っている
事でしたので、少し書いてみます。

いろいろな魚種が狙えて、釣れないときにも
何かしらの釣果を出してくれるボトムワインド
私はいつも多用します。

そんなボトムワインドですが、
メーカーさんのページにも、あまり書かれて
いない放置の釣り方が、ハマる時があります。

では、私のボトムワインドのタックルですが、
ロッドは8f前後のチューブラータイプ
リールは2000~2500番のハイスピードタイプ
ラインはフロロカーボンかPEで使います。
アクションのキビキビ感は、チューブラーの
ロッドが出やすく、掛けてからの巻き上げの
速さはハイスピードタイプのリールに分がある
事が選択の理由ですが、ラインの選択はフロロ
メイン、大多数の方はラインは
PEライン一択では無いでしょうか?

なぜフロロ?と思われるかと思いますが、
自分なりの理由があります。

では、私のボトムワインドの使い方ですが…
ジグヘッドはデルタマジック
image

ワームはワインドシャッド
image

いろいろな製品が出ていますが、ワインド
アクションを出せるジグヘッドであれば
別にこだわらなくても良いと思います。
ジグヘッドの重さは、重いほど派手な
アクションが出ますが、根掛かりも増えます。
なので水深と、潮の流れ、風を考慮して
1.5g~2.5gまでのジグヘッドが使いやすい
と思います。

では、アクションの仕方ですが…
大抵の場合、チョン、チョン、チョンと
竿先で弾くように煽ってフォール…
着底したらすぐにまたチョン、チョン…
の繰り返しで魚にスイッチを入れて喰わせる🎵
というのが王道ですが、このアクションでは
釣れない魚が居ます…

そして、この釣れない魚が概ねデカイのです。
では、どんなアクションか?となりますが、
私の場合、ボトムワインドのアクションは

気づかせる❗

寄せる❗

喰わせる❗

の3つに別けて考えていまして、
アクションの最初のチョンは、
魚にルアーの存在を気づかせる為で、
その場所からあまり離れ無いように
真上に上がるよう竿を前に出すように
アクションします。
この時PEラインだとワームが前に寄りすぎる
ので、フロロを使うのです。
後3回のチョンチョンは、寄せる意味合いで
ややキビキビとしゃくりを入れて興味を
持たせるアクションです。
活性が高い、スレていない、小さい個体は
ここでひったくるようにアタリが出ます。
しかしながら、用心深い大型の個体は
なかなか喰って来ない事が多く、この後の
ステイで押さえ込むようなアタリで喰います。

ここが肝なのですが、緩くテンションを
掛けたカーブフォールで、着底させた後
15~30秒ステイで動かさずひたすら待ちます。

この時竿先はなるべく立てて構えます。
急にラインテンションが抜けたり、ラインが
張るのは大抵魚の仕業です。
最初のチョンと同じように前に竿を出すように
あわせましょう🎵
魚であれば一気に煽って根からはがして
取り込みます。この時にハイギアのリールが
良い仕事をしてくれますので、浮かす事だけを
考えて一気に勝負してください❗
以上が一連の流れです。

私のイメージでは、餌を待ち構えている
魚の近くにワームを落とし込み、
チョンとあおって、気づかせる…
チョンチョンと興味を持たせて魚を誘う…
フォールしたワームを食べ物か?疑いながら
見ている魚…
我慢できずにちょっとくわえてみる…
アイテテて😅
みたいな感じのイメージなんですが、
通常のワインドで釣れないときに是非
お試しください🎵
image

余談ですが、
もともとは、釣り中に掛かってきた電話を
リグはそのままで受けていると釣れる事が
結構あったり、ライントラブルを直していると
勝手に釣れてたり…
ぞんな経験から取り組んだボトムステイ🎵
動かさない釣り方の一つだと思います。
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。