smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

ガシラ

06 04 16 須磨海岸

工事の終わった須磨海岸を見てきました🎵
image

電車で須磨駅を降りると、綺麗に整備された
須磨海岸が出来上がっていました🎵
4月に訪れた時は、砂が山のように盛られ、
どうなる事かと思いましたが、きっちり
シーズンに間に合わせる、作業関係の
方々は、改めて凄いなーと感心します。

毎年この時期に豆アジが沸く須磨海岸
偵察がてらの釣行です…

夕暮れ前に到着し、人気の千守突堤を
見渡すと、沢山の方がサビキで豆アジを
釣っています🎵
先端付近が人気ですが、砂浜の波打ち際
にも沢山のアジが居て、盛んに表層のアミを
補食してライズしています…



が❗

想像していたサイズより更に小さく、5cm
有り無しの超豆…
ワームにも果敢にアタックしてきますが、
全く乗りません❗
ジグヘッドは0.2gワームはちぎって、ちぎって
1インチ以下にまでサイズを落としますが、
尻尾をツツッとついばむだけで、全く掛からず、
30分程、遊ばれたのですが完敗となって
しまいました😅
水深30cm位のクリアーウオーターなので、
喰いに来る様子も全て見えるのですが、
装備的に中途半端なタックルでは、太刀打ち
できないようで、もう少し大きくなったら
また、勝負したいと思います。

ライズは止まらず、後ろ髪を引かれますが、
ここで一旦撤収し西の大波止まで
移動することにします。

大波止の上から見渡すと、表層までびっしり
と繁っていた海草もほとんど無くなって
夏の海に向かっている感じです。
手前にはまだ若干海草が残っているので、
手前のテトラ際を中心にジグヘッド
0.8gで探ります。

完全に日が落ちていないので、少し残った
海草の上をすれすれに引いてくると🎵
image

お助けガッシーがヒット🎵
それ以降も、2投に1匹位のペースでガッシー
が釣れてきます。
image

最後はこのサイズになってしまい終了🎵

だいぶん暗くなったところで、
メバルは居ないかと、表層を探ると
ドン❗

あまりにも唐突なバイトに対応できず、
また、ドラグの設定も緩く、あっけなく
テトラに潜られなすすべもなくラインブレイク


それっきりウンともスンとも反応が無くなり
ストップフィッシングとしました😅

新しく綺麗になった須磨海岸🎵
image

トイレも綺麗でファミリーで楽しめます❗
今年は夏場も楽しみたいと思います。


こだわり

急に寒さがぶり返して来ましたね😭
これからしばらくは、三寒四温で
春に向かって行くのでしょうか?
大阪近辺は木曜に雨が降るようですが、
この雨、南風を伴って降るようなので
気温は上がり、水温も下がらない
雨のようです。
春に産卵を迎えるような魚は、
この雨をきっかけに今より少し産卵を意識した
ポジションに移るのではないでしょうか?


ところで本題ですが…

こだわって釣りをする❗

いろんなこだわりが有ると思います。

魚種にこだわる。
釣果(数)にこだわる。
釣果(サイズ)にこだわる。
場所にこだわる。
ルアーの種類にこだわる。
釣り方にこだわる。
タックルにこだわる。
時間にこだわる。

非常に大切な事だと思います。

しかしながら、こだわりすぎて逆に
プレッシャーになってる事は無いでしょうか?

誰もがテンションの上がる、ボイルや
鳥山、良い潮の流れ、ベイトの群れ…
限られた時間に行く私たちの釣りで
そうそう出会う事はありません😱

でも、原点に帰れば、そもそも魚を釣りたくて
魚釣りを始めたと思うのです。
最初のうちは何でも釣れれば嬉しかった❗
のではないでしょうか?

私は、今でもなんか釣れれば良いと思って
釣りを楽しんでいます🎵
その延長線上にライトゲームがあります。


せっかく釣りに来たのに、ノーフィッシュ😱
それでも、フィールドの状況は見れた。
魚が居ないことがわかった。
そう自分に言い聞かせる事もできますが、
なんかモヤモヤしませんか?

大抵の場合、その場所に魚は居ます。
ただ、自分の技量が足りなかったり、
攻めかたが違ったりしたのかもしれません。

でも、一番の障害はこだわりだと思うのです。
このこだわりを無くすと意外に簡単に答えが出る事がよくあります。

私は、テクトロが好きでよくします。
岸際が最大のストラクチャーで、魚も付くと
思っているからです。
しかしながらよく聞く話は、
投げて釣りたい❗
テクトロは釣った気がしない❗
という事を聞きます…

でも、このこだわりを捨てれば…
魚に出会えたかもしれません。
そして魚に出会えたのであれば、キャストの
方向を岸際に変えれば良いと思うのです。

どうしてもこのルアーで釣りたい❗
これもよく聞くフレーズです。
7割位はそのルアーに時間を割いても
良いと思います。
でも、残りの3割は違うルアーで探るべきでは
ないかと思います。
居るのか?居ないのか?それ事態が
わからなければ、こだわったそのルアーの
ポテンシャルもわからずじまいになります。

横でバンバン釣れている❗
ちょっと聞いて合わせてみるのも
良いと思うのです。

0匹と1匹は雲泥の差があります。
そして、その1匹がヒントとなって複数匹に
繋がると思います。
なので、1匹から得る物はとても大きく
その1匹の積み重ねがコンスタントに釣れる
引き出しになるのではないでしょうか?

これからの季節、気温と水温は一致せず
思うほど釣果も上がらない事が大いと
思いますが、とりあえず1匹🎵

目指して頑張りましょう❗

SAFC ライトゲーム大会 第2戦

17日の夜 SAFCライトゲーム大会第2戦が
神戸空港~北公園で開催されました。

今回は、初の試みで金曜の夜開催
仕事を終えバタバタでgontaさんに
ピックアップしてもらい会場に到着しました。

image

今回のターゲットは根魚
メバル、ガシラ、タケノコetc…
アコウ等も含まれますが、時期的にちょっと
厳しいので、まずはメバルを狙って表層
から攻めます。

潮が動かず、メバルの活性も低いのか?
個体数事態が少ないのか?
バイトらしきものは皆無で時間が過ぎます。

私は、ブラックバスのチーム大会と、
ライトゲームのチーム大会に年間で
参加していますが、こういう大会では
普段とは違って時間の経過がやたらと
早く感じます。

今回も気がつけば、中間集合の時間前…
慌ててターゲットをメバルから安定の
ガシラに変えてリグり直し、ボトムを攻める
作戦に変更しました。

何か1匹でも魚を持って、集合したい…





2投目で、コココ🎵とバイトが出て
あっさりとガシラが釣れました❗
image

まぁ、アベレージサイズ…

周辺にいたメンバーはまだ釣果が
出ていないので、ひとまずは作戦成功❗
こっそりと女性メンバーにリグを教えて、
サイズアップを狙いますが⤵
image

お決まりのサイズダウン⤵⤵

そうこうしているうちに集合の時間に
なり一旦集合❗

みんなの釣果は私を含め3人がガシラ
後のメンバーはノーフィッシュ❗


勝てるかも❗


しかしながら、風が強く出てきて、
協議の結果、場所を北公園に変更することに…


ここで、先程の神戸空港でのおこないが、







裏目に❗


何度も書いていますが、この大会は釣果を
競っていますが、同時に技術交流も兼ねており
みんなで釣れれば、なお楽しい❗
が、コンセプトにあります🎵

なので、釣れた釣り方を、そっと
教えたのですが、場所が変わった北公園で…

私は、またもやメバル狙いに戻しての
プラグ中心の釣りを🎵

そして、ワンバイトを逃す不甲斐なさで
帰着時間に❗

メンバーは、大半がガシラを釣って帰着
その結果は…

私の渡したリグをそのまま使い続けた
女性メンバーが20cmのガシラを釣り上げ
優勝に❗
おまけに、ミニマム賞もかっさらう一人勝ち

最後に飛び賞のじゃんけん大会にも敗れ
参加ポイントの5点止まりとなりました⤵



次戦は淡路島大会❗


容赦しないぜ❗

2017年 ライトゲーム大会第一戦

1月28日の午後10時~29日午前3時
淡路島の福良漁港にてSAFCチームの
ライトゲーム大会を開催しました🎵

参加者は7名
事前に振り分けられた車にて、一路淡路島に…
車内は釣りの話で盛り上がり、勢い余って
四国上陸とならない様に、西淡三原インター
で高速を降り、集合場所のコンビニに集合。

ルールの説明後各自思い思いのポイントに…

風もなく、気温も高く、大潮の絶好と
思われる状況ですが…

ド干潮で流れもなく、海面は鏡面状態…

嫌な予感❗


はい⤵

表層は、ごく稀にチビッ子メバルが
ピチャッっと出ますが、基本的にシーン…

大会のターゲットのアジは、お留守のようで
全層を探りますが、それらしきバイトは
2回だけで、ボトムをとるとチビガシラ😱
image

ちょっと浮かすとチビメバル
image


ポイントを変え、リグを変えいろんな
アプローチをしましたが、結局はチビッ子の
ロックフィッシュばかりで、タイムアップ
となりました。

結果は7名でアジ1匹
若手のホープが日高川のメッキ戦と同じく
唯一のターゲットキープで優勝となりました。

そして、ビックフィッシュ賞は20cmの
ガシラを釣られた方が、かっさらって
行きました。

私に残されたポイントゲットの期待は飛び賞
しかしながら、今回はアジが釣れていない為
じゃんけんで勝負し見事に一回戦敗退…
出場ポイントの5点だけとなりました。

しかしながら、皆の技術は確実に
上がってます❗
今までならば、あの状況で釣果を出すのは
結構厳しい感じ…
それでも各人の経験を生かした攻め方で、
ロックフィッシュを釣り上げ、ほぼ全員が
複数釣果を出しています。
image

寒い冬場のスローな釣りは、
なかなかテンションが保てませんが、
みんなでやると、楽しくスキルもアップし、
シーバス主体で、シーズンオフだった方も
オールシーズン楽しめるように
なっていました。

次戦は神戸近郊でのロックフィッシュ
が、ターゲットに決まっていますので、
気を引き締めて挑みたいと思います。


ロックフィッシュ?


冬場のライトゲームにおいて
ロックフィッシュは、生命線だと
思います。

メバル、ガシラ、タケノコメバル、
ソイ、ハタ系…

何が釣れるか?お楽しみ的な
ロックゲームも勿論面白いのですが、
魚種を狙って釣ると、満足感も大きい
と思います。

そんなロックフィッシュですが、
メバルとガシラはロックゲームの
2大スターではないでしょうか?
ところが…

いざ釣りをしてみると…









メバルが釣れずに…








癒しのガシラとか、
ガシラは釣れるけどとか、
そんな話をよく見聞きします。

私もその一人でガシラに救われた
事は、何度もあります。
image

しかしながら、メバルとガシラでは
そもそも狙い方(習性)が違うと思うのです。

メバル…
image

日中は、メタルジグやボトムワインドの
ようなリアクション主体で、尚且つ底や、
ストラクチャーをタイトに狙う釣り
ただ、ボトムにリグを置くような待ちの
釣りではなく、アクション中やフォール中
にバイトは集中する傾向。
ナイトでは表層や、中層に定位し、
横の動きに反応が出やすく、
ジグヘッドにワームのただ巻きや
プラグの横移動のアクションに
反応しやすい。
が、私のメバルのイメージ❗

対してガシラ…
image

昼夜問わず狙え、潮に左右されにくく
移動も少ないのでピンポイントを絞り
易く、ワームを落とし込んで釣る。
目の前の物にバイトするので、横の
釣りでは追いきれない事が多い。
リアクションの釣りも成立するが、
アクション後のポーズでバイトが出る。
が、ガシラのイメージです❗

そんな両者
基本はメバル狙いなのに…
ってなること多くないですか?

どちらの魚が良いとはいえませんが、
メバル狙いでガシラが釣れるのは、
なにかが違っていると思います。

何が?





私が思うに、リグを通すレンジと、
ボリュームが釣り分けの肝だと思います。

では、レンジですが
メバル狙いで根掛かるのは、
リグが想像以上に沈んでいる❗
と言うことはボトム付近をトレース
しているので、ガシラ(タケノコメバル)
が釣れてしまう。
ナイトでは特にメバルは浮いています。
目線より上に通してあげないと、食わない
事が多くセオリー通り上からカウントを
取って、順番に深く探るのが良いかと
思います。

ただし、それでも根掛かる場合は
巻きスピードとジグヘッドの重さが
合っていないのか、足場がさほど高くない
のに、竿先が下がっているのが原因と
思います。

具体的にいうと
竿先が立っている時にカウントを5
取ったのと、竿先が下がっている時に
直ぐにリトリーブしたのとでは、リグは
同じくらいの軌道で通っていると
思います。

同じ姿勢でカウントを取るか、カウントを
変えずに姿勢(竿先の位置)で通すラインを
変えるかを決めておかないと、バイトの出る
レンジはわからないまま、ポロポロと
釣れる状態になってしまいます。


そんなロックフィッシュもうひとつの
釣り分けの肝は…リグのボリューム
メバルはスクリューテールとかあまり
泳がないストレートで細身
ガシラはグラブやシャッドテール
または、クロー等のバルキーなフォルム
が良いと思います。

なので、どちらを狙うか?
で、全く違ったアプローチと
なるはずなのです。
メバル狙いでガシラは潮位が低い、
浅場等では充分あり得ますが、
港湾部等では、釣り分けが出来るはず
なのです🎵

今年の元旦の釣りでも、芦屋浜のベランダに
いきましたが、今まではガシラは居るけど
メバルは…?
が、私の印象でした。
しかしながら、上記のレンジとワームの
ボリュームを意識して釣りをすると
メバルがちゃんと答えてくれました。
今まではよう釣らんかっただけで、
メバルは居てたのでしょう🎵
意識しながら釣りをする事の
重要さを改めて痛感(実感)しました。
image

これからがシーズンインのメバル
楽しみたいです。

ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。