釣りをしている時、
残念な出来事にラインブレイク
があります。

私はかなりeasyなミスと
捉えております。

投げたときにタカ切れ❗
リトリーブで根掛かり❗
どちらも、せっかくのルアーを
ドブ(海)に捨てています。

ようやくバイトしてくれた魚
取り込み中にラインブレイク❗

釣果=無し❗
魚にもダメージが残ります。

実にもったいないeasyミスが
ラインブレイクではないでしょうか?

image


考えられる要因は、
いくつかありますが、
ちょっとしたことで改善出来る
事も有ると思います。

なかでも、PEラインの釣りでは、
リーダー次第でかなりの改善が、
出来るのではないかと思います。


PEラインの場合
一般的に「リーダー」

と呼んでいますが、

実際には、
「ショックリーダー」です。

役割は色々ありますが、
PEのような瞬間的に掛かる負荷に
弱く、摩擦にも弱いラインの場合
ショックリーダーは特に重要です。

アワセやキャスト、急激な突っ込み
の時に、ラインブレイクを防ぐ役目
がショックリーダーです。

また、サーフ等での
ロングキャスト時ラインの角度が
低い時にもショックリーダーが
根擦れからラインを守ってくれます。

そんなショックリーダーですが、
短い方が多いのでは?と思います。

鉄板系やメタルジグ
重いルアーのキャストには相当の
瞬間的な力が掛かります‼
それを吸収してくれるのが、
ショックリーダーです。

掛かった魚の急な突っ込み、
根擦れ、ストラクチャーとの
擦れ、これらもショックリーダー
がラインブレイクを防ぐ役割と
なって魚をキャッチ出来ます。

それなのにショックリーダーが
短いと…

悲しい結果になりかねません。

矢引位で使われている方も
多いと思いますが、それでは短い
と思うタックルのセッティングを
良く見かけます。

ガイドの中に巻き込むと、引っ掛かる❗
飛距離が… といわれる方も
いらっしゃりますが、マイクロガイドに
極端に太いライン、太いショックリーダー
でない限り、それほど問題には、ならない
と思います。
問題なのはキャストの仕方で、そのルアー
に合ったキャストスピード、垂らしの
長さを見極めれば、良いと思います。

一回の釣行で何度も投げるルアー釣り、
何となくキャストしていませんか?

ちょっとしたことで、キャストの
精度もキャッチ率も変わります。
リトリーブの速度、レンジ、勿論重要
ですが、まず投げないと…

そして、掛けた魚は捕らないと…