smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

ストリームドライブ

SAFC ライトゲーム大会第4戦

15日の土曜日~日曜日にかけて
スモール アクア フィッシング クラブの
ライトゲーム大会を開催しました。
今回も少な目な4名の参加でしたが、
こじんまりとした、和気あいあいの
大会となりました。

image


開催場所は、淡路島の洲本港
3月の大会で、まさかの全員フルボーズを
喰らってしまった、因縁の釣場です。

現地到着は22時過ぎで満潮からの
下げを釣る感じです。

風は程よく、気温も高く、海面も適度な
動きで釣れそうな気配の有るなかスタート❗

メンバーは、思い思いのリグでメバルの
捜索にかかります。
当日の私の組み立ては、プラグで押し通す
つもりでしたので、ボウズ逃れに照明の
当たる側で子メバルを釣り、その後は
サイズを求めて潮の流れの効く暗い場所での
型狙いを想定しておりました。

開始早々海面を見ているとポチャ、ピチャッ
っとメバルのライズが出ており、キャスト後
すぐに表層で予定の子メバルをキャッチ❗
image

16cmのかわいい奴


メンバーのテンションも上がりますが、
とりあえず、ボーズは逃れたので直ぐに
その場を離れ、潮の効いている暗い場所
での型狙いに切り替えます。

キャストして少しプラグを流しながら
沈め、超スローリトリーブで


ググッ
あわせた途端にロッドが満月にしなります。

固めのドラグも少し出されながら、慎重に
浮かせたメバルは、狙い通りの良型⤴
一気に抜きあげて無事に取り込んだ
メバルは…😱
デカイ🎵

出来すぎの28cm❗
image


他のメンバーは釣れていないので、
単発に終わるかなぁ~と思いながら、
キャストしますが、案の定ノーバイト…

少し歩いて場所を変え、防波堤の敷石の
際に沿ってリトリーブで……


ゴン❗

引たくるアタリで、耐えるしかない
ファーストランをなんとか凌いで、やりとり
し、手前の突っ込みもラインを信じて耐え、
ようやく姿が暗闇に見えるようになった魚体は
またしても、納得サイズのメバル🎵
慎重に抜きあげて暫しみとれます🎵

image

体高があり、背中の筋肉も隆々
こりゃ引くわ❗
と、1人にんまりとしながら、メンバーの
元に駆け寄り、見せびらかしました😃

同行のメンバーは、ノーバイトか、ワンバイト
だけあったとか、皆苦戦しているようで、
手を変え、品を変え、キャストしますが
万死な感じです。

そうこうしていると、月もギンギンに輝き
海面もベタ凪ぎになり、私も次のバイトが
出ない状況に陥ります。
image


結局2時間以上ノーバイトの時間を過ごし、
タイムアップとなってしまいました。

結果は、ターゲットのメバル長寸、ミニマム
の両方を私が独占する形で幕を閉じました。

開始当初の時間帯は、事前に考えた計画が
神がかり的に当たり、順調な滑り出しですが、
月が出てから、海が凪ぎ過ぎになってからは、
私もバイトが引き出せず、苦戦した状況です。
この辺をなんとか詰めて、コンスタントに
釣果を出せるように、することが課題として
残る今期のメバリングです。
幸い、まだメバリングの季節は続きますので、
また検証し実践していきたいと思います。


image

こう見ると16cmがロリロリに見えますね😭

SAFCライトゲーム大会第3戦


今年度の第3戦は淡路島の洲本港にて、
メバルの長寸勝負でした。

洲本港に場所を決めるにあたり、2月の末から
3月の二週は、全て現地調査に充てていました。
通し2回と半夜で1回、天候にも恵まれ
なんとか釣果も出て、これならいけるだろう❗
と、安易に考えておりました…

そして大会当日…
連休の中日で年度末も近い事もあって、
参加者は4名と少ない開催ですが、参加者は
いずれ劣らぬ芸達者な強者ばかり…
5点坊主だけは避けたいと意気込んで
いざ、エントリーします。

かこ3週の手応え的には、真夜中は厳しく
なかなかバイトが得られない状態でしたが、
この日も同じく超厳しい展開に…

一応の目安としていた午前3時の時点で、
全員ノーフィッシュ❗

泣きの延長戦に突入となりました。
前半ではプラグに2度のバイトがあり、
どちらもファイトタイムは2秒程…

ヨッシャー🎵
と思ったのも束の間で、バラシてしまっています。
素針ならば、まだチャンスは有るかと思いますが、一度描けてからのバラシは致命的です…
暫くノーバイトの時間になってしまいます。
なので、どちらもポイントを休め、入り直す
事でまたバイトを誘うのですが、なかなかに渋く、苦汁をなめます…

期待の朝のジアイは、なんぼなんでもなんとかなるやろう🎵と意気込みますが、ここでも無念の2バラシ❗

終始、食いきらないショートバイトに悩まされた、洲本港の夜となってしまいました。

image

なんとかみんなにプラグゲームを
成立して欲しいと、意気込んだ今回の大会。
全員撃沈の5点ボーズとなりました。

あ~厳しいわ…⤵

でも、これが釣りなんですよね…
懲りずに頑張ります。

03 05 10淡路島 洲本港2

日曜日は昼からごそごそメバリング🎵
今回も電車とバス(電バス)で釣行でした。

バスに揺られてちょっとうとうとしてると
淡路島に…
高速をおりて海沿いを走る車窓からは、
衝撃の光景が…

まるで、セカンドインパクト後の地球…
全面が赤潮で真っ赤です。

やってもたー⤵
と思いながら、洲本港に到着し、港内をみますが、赤潮で真っ赤
image

海岸沿いも真っ赤
image

案の定、昼間の釣りは惨敗⤵
かろうじてワームで、ミニラをゲット
メタルジグで広範囲を撃っても、何も無し❗

日没までは、せっかく来たのになぁ~⤵
との思いで、苦汁をなめました。

気を取り直して日没からはメバリング🎵
昼間の赤潮はキラキラと光る夜光虫に…
潮が動きだし、赤潮が流れ出すとピチャッ❗

小さなボイル音が聞こえます。
中層をスプリットリグで攻めていたのですが、
すぐにプラグにチェンジし、
表層をデットスローで引いてくると

グン🎵
18cmのかわいいメバルをキャッチ❗
image

その後も表層狙いのプラグに
バタバタと釣れ続け
image

image

image

22cmを頭に4匹のプチラッシュでした。
image


今回は、水温が上がったのか?
春の海に移行する前触れなのか?
急激な変化に、ちょっと悩まされましたが、
居る所には居る🎵

ということを実感した釣行となりました。


夜光虫パターン
強い❗


メバルプラッキング(夜光虫)

先日の洲本港では、夜光虫で海面が
真っ青になるなか、最終的には私なりの
正解を見つけることができました。

その時の立役者はストリームドライブ
image


フローティングタイプもありますが、
シンキングタイプがはまったのです。

なぜか?



基本的には、夜光虫がいる海域には
メバルがいる可能性が高いと思っています。
昼間に見ると単なる赤潮…
夜になると、キラキラと幻想的な光を
放つ夜光虫
外的な刺激で発光する夜光虫
あまり刺激を与えないのが、キーポイントで
なるべく光らせずメバルに気付かせる❗
これにつきるのではないでしょうか?

もともと浮遊性のプランクトンの夜光虫
海面はキラキラでも、ちょっと下のレンジは
光りません。
なので、フローティングタイプよりも
レンジの入るシンキングタイプが夜光虫の
すぐ下のレンジを通すのに都合が良いのです。

そして、リップ付きのブルブル泳ぐタイプは
いたずらに海水を掻き回すので使い辛く、
シンペンタイプが良いのだと思われます。
ただ、シンペンタイプの中でもちょっと
水を噛む工夫がされているストリームドライブ
等は、適度な抵抗があり流れやレンジの把握が
しやすいので、結果的に釣れたレンジが
把握しやすく、連続性のある釣りが
可能になったと思います。

では、実際の流れは…
まず、夜光虫のいる海面を観察します。

そのなかで流れが出ている場所の流れの
よれを探します。

そしてキャストします。

ラインのスラッグを回収し、竿を立てラインが
海面になるべく触れないようにルアーを
よれに流し込みます。

ルアーの重みを感じながら任意のレンジまで
落としたルアーをスローに引きます。

たいていの場合手前は夜光虫の溜まり場に
なっているので、よれを抜けたらルアーは
回収し、またキャストします。

以上の繰り返しです。

今の時期はアミを食べてることが多いので、
フロントフックでも明確にひったくるアタリは
出にくく、重みが乗るようなアタリが多いです。
違和感を感じたら、とにかくきいてみるのが、
数を釣るコツと思います。

そんなプラッキング(夜光虫)パターン
個人的に期待を寄せているプラグが、
もうすぐ発売されます。
image

パンチライン45
シーバスプラグでは有名なプラグですが、
サイズダウンした45mm使いやすそうです❗
発売されれば試したいと思います。

最後に、上記の使い方とは全く違いますが、
image

ジェイドINX
海水では難しいサスペンド仕様
海水の濃度により浮いたり、沈んだりすると
思いますが、何よりデーゲームで、ジャークの
後ピタッと止まるのが素敵だと思います。
根廻に付くアベレージより大きな個体は、
魚食性が強いのでメタルジグ等で、早引きに
反応することが多いですが、このプラグで
目に前で止めると🎵

ドン❗
となうような気配が満々にします。
こちらはもう入手していますので、
近々試したいと思います。

02 26 09淡路島 洲本港

今期初の通し釣行に行って来ました。

場所は、淡路島の洲本港
電車とバスを利用して行って来ました❗
image

現地到着は夕方の5時
先ずは、最近購入したプラグを明るいうちに
チェックします。
最近はSS(スローシンキング)や、
SF(スローフローティング)といった表記が
多くありますが、メーカーや商品によって
その挙動は変わります。
なので購入した商品は、一度は明るいうちに
チェックしといた方が良いと思っています。

一通り確認した位には、日も沈み出し辺りは
薄暗くなってきました。

先発は、キャロで表層より少し下を
広範囲に探ることに…

ククク🎵っと追いかけるようなアタリ❗
スイープにあわせると元気な走り❗
image

あっさりと本命キャッチ❗

もう浮いているのか?と層を上げると
全くのノーバイト…
少し下を引くとガシラの猛攻にあいます。
ドップリと日が沈んだ頃にはガシラ祭り❗
image

最初のメバルはなんなのか?
イージーに思えた序盤でしたが、
ここから迷走に…

ほぼ無風、大潮、月無し❗
条件は良いはずなのに…

徐々に下がる潮位を気にしながら
フロート、キャロ、ジグ単、プラグ
いろいろ試すも全くあたらず😱

港内のめぼしい箇所を何度も、入り直したりで赤灯~白灯までの間を歩く、歩く❗、歩く❗❗

気持ちが折れそうになると、優しい
ガシラに癒してもらいながら…結局3往復。
image

あまり動かない潮が原因だろうと
潮の流れが出る水道部に最後の望みをかけ
上げのジアイを信じて入った場所で❗

流れのよれにプラグを流し込んで、
スラッグを回収していると、潮を掴んで
入ったティップが、更に入ります。

ん?

聞きあわせると、確かな感触で魚❗

待望のメバル❗
image


やっぱり居た❗

一人ニヤニヤしながら写真に納めリリース

更にもう一匹❗

と、プラグを流し込むと…

グ~~ン

連発モードに突入❗
image


更にもう一丁❗
image

おかわり❗
image

全てが20cmを越える良型ばかり❗
ボイルは出ませんが、プラグが潮を掴んで
テンションが掛かるとグ~~ン🎵
image

重みだけが掛かるようなバイトの後
下に下に持って行こうとする元気な走りで
朝方の冷え込みも忘れる楽しい時間と
なりました😁
image

完全に夜が明けるまでの1時間程ですが、
納得のプラッキングメバルを堪能できました。
image

帰りのバスターミナルでは、猫に癒され
バスに揺られて帰宅となりました。
image





また行こ🎵


ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。