smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

スポーニング

2019 バス釣り大会 初戦 琵琶湖ペア

今年も、プライベートチームのバス釣り大会が、
始まりました🎵
初戦は、琵琶湖でのレンタルボートでの
ペア戦です。
20190407055851_IMG_1003
今回は6挺で出船し16時迄の長丁場で、
30cm以上のバス5匹のトータル重量で
競います。ペアなのでどちらが吊り上げても
OKですから、お互い協力してバスを探して
廻ります。
朝陽が昇るなか、意気揚々と出船します。
先ずは、相方のgontaさんと相談していた
北山田周辺まで、2馬力エンジンフルスロットル
で、気分だけハイスピードでよちよちと
到着しました。

最初はテトラ外側をMタックルで
20190407154003_IMG_1012
ジャークベイトを通しますが、無反応…
なので、内側を同じように通しましたが
こちらも無反応でした…

浮き漁礁側のブイをベイトフィネスタックルで
20190407153944_IMG_1010
ヤマセンコウー6インチのノーシンカーで
フォールさせると2投目でズボッ❗
20190407064633_IMG_1005
無事キーパーを確保することが出来ました🎵

その後は、ぱったりバイトも遠ざかり、音沙汰
なしの状態で、この場所を見切って移動を
決断しました。
入った場所は人工島の水路との合流点で、
シャローに向かう通り道になっているだろう
という憶測で、ここでもジャークベイト、
スイムベイト、クランクベイトをとおして
みましたが何事も起こらず…
ふと思いついたヘビーシンカーのネコリグで
スイミングさせると引ったくるようにバイト❗

6インチのワーム丸飲みのグッドサイズが
釣れてくれました🎵
20190407084900_IMG_1006

しかしこれも後が続かずで、場所移動を
繰り返して、南湖を走り回りましたが
結局何も成果は無しで昼を迎えてしまいました。

同船のgontaさんも、巻きに徹していろいろと
試行錯誤していましたが、ノーバイトです。

事前の作戦会議通り、近江大橋より南まで
下って、シャローのブレイクを流す作戦に
切り替えましたが、これが裏目で全くの
ノーバイト…
そのまま帰着の時間となってしまいました。

さて、気になる結果ですが、いつも通りで
釣る人は釣ります❗

二人で20匹以上釣り上げ、入れ替えを
繰り返したペアが
驚愕の9キロオーバー
ぶっちぎりの優勝で、私達は2.5キロ程の
持ち込みで2位となりました。
20190407160904_IMG_1014
最初の場所選びは、間違ってなかったと
思われますが、あまりにも漠然とした釣りで

私達が、琵琶湖でバスを釣る❗
という目標設定しかなかったのに対して、

琵琶湖のどのエリアで、どの状態のバスを
どのポジションから何を使ってどのように
釣る❗のかが、明確に有る釣りとでは、
結果が大きく違うことを痛感した、第1戦
となりました。
20190407154044_IMG_1013
次回は奈良県の津風呂湖です。
テーマを深く掘り下げて挑みたいと
思う今日この頃です。





辛抱たまらず城北に…

暗い話題は早々にして
辛抱たまらず城北ワンドに行って来ました。

昨日の記事を挙げてからのことです。
現地に着いたのは14時30分位でした。
堤防の上から見ても、たくさんのアングラー
が見えました。

2c65689238c8b6fa3d5a8e54a3416e3a
城北ワンドは風の通り道で、この日も生憎の
爆風が吹き抜けています。
気温も低く、半袖のTシャツに、Gジャンでは
寒くて、寒くて…
まぁ、少し投げられたらストレス解消にも
なるかと、気楽に5番からエントリーしました。

水色は昨日の雨と風でマッディーで、
水面はバチャバチャと波打っています。
タックルは、釣りに行けない間に購入した
アブのホーネットスティンガーのMクラス
リールは、シマノのバンタムに14ポンドライン
の1タックルで、ブレーキの設定やら、巻き
が、解れば良いと気楽にクランクを結んで
キャストを開始しました。
ロッド、リールに関してのインプレは、
もう少し使い込んでから書きますが、
ある程度慣れた所でスピナーブレードに
替えて、風の当たる面とシャローに
リップラップが絡む所だけを重点的に、ボトム
の石に当てながら引いて行きました。
5番から4番に、4番から3番に…
まぁ、そんなに簡単には釣れないよなぁ~
と、思いながら2番の面を引いた2投目で

ドン❗






うっそ~~❗

完全な向こうあわせで、ひったくりバイト❗
マッディーな水質でブレードキラキラです
から、ナマズで無いことを祈りながら、
寄せると…


ちゃんとバスやん❗

最後は一気に抜き上げて城北19年1匹目を
キャッチすることが出来ました。
20190331135249_IMG_1001
サイズ自体はそれほどでも無いですが、
コンディションは上々で、ウエイトの有る
ナイスプロポーション❗
嬉しいニュータックル入魂となりました🎵
20190331135236_IMG_1000


食い気の有る奴はシャロー
風吹いたらスピナベ
水温の上がりやすいリップラップ
風上より風下

このへんの選択がアタリだったのかも
知れませんが、この1匹で満足できたので
ストップフィッシングとしました。

やはり淀川のバスはパワフルで、コンディション
も良く、開拓しがいの有るフィールドだと
改めて思いました。




バス釣り大会のプラで城北ワンド

土曜日は、日曜日のバス釣り大会の
プラで、城北ワンドに行って来ました。
電車で梅田駅~大阪市のバス守口車庫行き
に乗り、約15分~徒歩5分で到着です。
image

相変わらずのハイプレッシャー…
沢山のバサーがバスを探して
右往左往しています。

当日は風が強く、そのせいか水質もマッディー
で、見えバスが全く居ません…
ひとつの場所に固執しても、今回はしょうがない
ので、テンポ良くワンドを周りながら、
アタリを探しますが、一向にアタリません…
これは明日も厳しい展開になるなぁ~と
思いながらキャストしていると
チームリーダーと遭遇❗
他にも何名かのメンバーが来ているらしく
明日にかける意気込みを感じながら
一緒に廻ることに…

いろいろな情報を聞きながら、めぼしい
ポイントを見て廻りましたが、結局あんまり
成果の無いプラに終わりました😅

ただ、水の色がわかったり、スポーンに
絡む大きなバスが、ワンドに入って無い
事はわかったので、大会の組み立ては
なんとなくイメージできるようになりました。

交通事故的に1匹のバスが釣れましたが、
image

これも、本番に繋がるかどうかは微妙です。
本番もテンポ良く、とにかく歩いて魚を
探したいと思います。
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。