smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

ダウンショット

2019 バス釣り大会 淀川城北ワンド戦

9日(日曜日)はプライベートチームの
バス釣り大会第3戦がありました。
20190609124208_IMG_1258
毎回厳しい戦いとなる城北ワンドですが、
釣れないこともあってか?参加者が少なく
年間を争う上位陣が、参加でなおさら厳しい
戦いとなりました。

当日は、釣り人も多くハイプレッシャー…
持ち込んだタックルは、Mクラスのロッドに
アンタレス14ポンドのベイトタックルと、
ULクラスのロッドにカルディア5ポンドの
スピニングタックルの2セットです。
巻きで釣りたい今年のバス釣りですが、
年間の事を考えるとノーフィッシュだけは、
避けないといけないので、城北ワンド戦は
スピニングタックル中心で挑みました。

各ワンドの状況を見ながら、めぼしいポイント
には、キャストしてみますが、案の定ノーバイト
本流とのつながりのあるワンドが、水質的に
良さそうだったので、腰を据えてじっくりと
攻めることにしました。

カルガモ親子の、微笑ましい姿を見ながら
20190609094909_IMG_1257
休日を満喫しているバサーのようですが、
内心はバイトがない❗と焦りまくっています。

そうこうしていると、リップラップの先に
入れたダウンショットにモゾモゾ❗と魚の
感触が出ます。

見える範囲にメンバーに、アタリますか?
と尋ねるもノーバイトとの事…

アタリの出方からして、小さそうでしたが
とにかく魚を見たいので、1人静かに次の
チャンスを待っていると、またモゾモゾ❗
今度は、充分に送ってラインが持っていかれ
るのを確認してからあわせを入れると、無事に
フックアップしてくれましたが、想像通りの
ノンキーサイズ…

このまま釣れる魚を釣り続け、キーパーが
混じることを期待するのか?
他の、釣りでもっと大きな魚を探すのか?
迷っていると、メンバーがナイスキーパーを
キャッチします。
良質のウィードパッチが有ることは、わかって
いたので、このままこの釣りで、キーパーが
混じることを信じて続行する事にし、次の
バイトに備えます。
途中ワームのカラーや、サイズを替えながら
探っていると、遂にキーパーギリギリのバス
が、釣れてくれました🎵
20190609093419_IMG_1255
これで、参加点の5ポイントだけは回避できた
ので、それ以降はシャッド系のプラグで、
サイズアップを狙いましたが、シャッドが
殉職するだけで、願いは叶いませんでした。

結果は、優勝者が2匹のキーパーを持ち込み、
私が1匹だけでしたが、ウエイン者がいなかった
ので、2位フィニッシュとなりました。

来月は津風呂なのですが、当日は私の応援
するBABYMETALのライブが名古屋であり
出場できません。
年間の成績にこだわると、出れないのは痛い
のですが、こればっかりはしょうがなく、
今回でなんとかポイントを稼いでおきたかった
事もあり、置きに行くような釣りになって
しまいましたが、最低ラインはクリアできたように思える淀川城北ワンド戦でした。
ただ、ハイプレッシャーで釣れないと言う
定評も、何度か通うようになり、それなりに
わかってきたこともあると思います。
今後も機会があれば、行きたいフィールド
だと言えるようになってきました。


バス釣り大会 第8戦 琵琶湖オカッパリ戦

12日の日曜日は、琵琶湖でバス釣りチームの
琵琶湖オカッパリ戦が開催されました。

水温もだいぶ下がり、15度台となり、バスは
どのようになっているのか?
晩秋ととらえるのか?初冬ととらえるのか?
迷うところでしたが、当日の気温も低く
ワーム中心のフィネスフィッシングで、回遊
してくるであろうバスを拾うしかないかな?
と思い、とにかくリグを水中にとどめようと
点の釣りをしました。

[画像:9c5e44c9-s.jpg]
開始早々、10m程北側にいたメンバーが
アル❗ アル❗と叫んでいるのを耳にしながら、投げた2投目…

ラインを張ってシェイクを入れた瞬間に、
鈍くティップが押さえ込まれます。

?⤴

と思いあわせてみるとググっと魚の抵抗感
落ち着いて寄せますが、なかなかのファイト
楽しむ余裕はありませんが、浮いてきた魚は
35cm程のナイスキーパー❗
慎重に取り込んで5点ボーズを逃れました。
[画像:f1f14106-s.jpg]

[画像:6d6924a0-s.jpg]
フッっと一息ついて、先程のアル❗アル❗の
方を見ると、ほぼ同時に釣れていたようで、
キーパーサイズの20cmあるのか?無いのか?
を計測した結果、めでたくキーパーだった
雄叫びでした。

二人で良し❗と喜んでいると、今度は南側
で大きな歓声が上がっています❗
見てみると52cmのビックサイズ❗
やられた…と落胆しながらも2匹目を狙います。

しかし…










しかし……







良かったのは朝の一瞬だけ…💧

それからの6時間はウンともスンとも…

私たちの他にもアングラーは、沢山いますが、
釣れている事もなく、あらゆるリグが試され
てはいるはずでも、釣れていない…

若干でも、水温の高い中央付近に船団も
あることから、魚が届く範囲にいてないと
いうのが、現実なのかもしれません。

そして、タイムアップとなり、朝一の3匹だけ
の釣果となりました。
結果、私は2位に入ることができ、ラッキーな
琵琶湖オカッパリ戦となりました。
[画像:46d0c894-s.jpg]

ちなみに、この日のワームはちょっと前に
釣友のgontaさんに頂いた、マッドネスの
マザーワーム❗
[画像:7fb87fe3-s.jpg]

通常は、OSPのドライブクローラーでスタート
するのですが、なんとなくの閃きで使い
見事にバスをキャッチ🎵

朝一の宝くじが見事に当たったような釣果と、
使った事のないワームの選択…

なんとも、ラッキーな事の連鎖でした。



gontaさんありがとう🎵


初バスは高くつきます❗

毎年恒例になりつつある、
バス釣りチームの新年会に
参加してきました。
image

新年会と言ってもバス釣りバトル❗
終了後にちょっとした宴会もありますが…

でも、この新年バス釣りバトル
いつも天候が…

過去には大雪の琵琶湖開催
image


今回も最強クラスの寒波到来と
厳しい環境での開催となりました。

雪も降り、現地到着が心配されましたが、
無事に全員到着し、バス釣りバトルは
スタートしました。

バトルルールは、2チームに別れて
バスを釣り上げた数で勝負します。
釣り上げる度に相手チームに報告、トータルの
数で勝敗が決まり、5cmのバスでも、50cmのバスでも1匹でしか価値はありません😱

会場は、水藻フィッシングセンター
バスの管理釣り場です。
昨年は勝利チーム136匹
敗者チーム83匹(私のチーム)
と、この時期にしては釣れ過ぎ❗

今年はどうなることやら?
とチーム分けの後それぞれチームで
決めた桟橋に陣取ります。
開始してしばらくは、静かな時間…
風裏かも🎵と選んだ我々は湖面で巻く風を
読みきれておらず、ビュービューの激寒❗

対して、対岸はなにやら快適に釣りをして
いるように見えます。
隣の何とかは…と心に言い聞かせ探りますが、
全く反応なし…


そんななかポロポロと相手チームにバスが
釣れ出して、気がつけば10対1に⤵
そんなあせる展開のなかようやく私にも
ワンバイト🎵
image

サイズは関係ありません❗

チーム内でもポツポツと釣れ出して
私にも待望の2匹目❗
image

サイズは関係ありません❗

しかしながら、今年から大会参戦の
新人(SAFCメンバー)に魚が釣れていません😱
なんとか1匹と思いながらも、場所交代の
時間が来てしまいました…

この時点で相手チームとの差は大差❗

好調だった場所への入れ換えに期待が
高まります☀
午前と午後で入れ替わりするのですが、
どうも、逆、逆だったようで、朝方調子の
良かった桟橋は不調に…
朝方不調で交代間際に好調になった桟橋は
好調をキープして結果は

35対13
大差にて今年のバトルも敗戦となりました。

後半戦は全く振るわなかったのですが、
唯一新人にも1本釣果が出たことが救い

敗因はいろいろ有るとは思いますが、
各人の技量に任せて、情報がまわらず、
釣れているメソッド、場所への集中砲火が、
出来ていないのが最もな原因かと思いました。

戦い終わって祝賀会❗
負けチームが全ての代金を出し合います。
image

勝者チームは全て単品での超豪華な夕食

敗者チームはセットメニューだけの、
質素な夕食…
2年連続で敗者チームの私も、反省しながら
早々に終わる食事を取り、勝者チームの
延々に終わらない食事を眺める屈辱的な
幕開けとなりました。


来年こそは、ビール❗、デザート❗
食べまくってやる❗
と、心に決めた初バス釣行でした。
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。