smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

チヌ

短時間フィッシング

最近は仕事の仲間と一緒に30分
フィッシングを楽しんでおります。

仕事を終えてちょこっとだけ釣りを楽しみます。
最初は、釣りをしない仲間もギャラリーと
して、後ろから見守っていましたが、
今日はチヌを釣る❗と断言して、30分以内に
チヌを釣り上げるのは、なかなかスリリング🎵
[画像:e33952e0-s.jpg]

見事に仕留めるとギャラリーは、歓声を
上げて凄い❗凄い❗と盛り上がります。

そして、次の日…
竿持参の仲間が一人増えます。
そして、今日はシーバスを釣る❗
と、断言して30分の戦い😱
見事にミッションクリアーで、また歓声が
上がります…
[画像:d2d7b337-s.jpg]

こんなに大きいのが居てるのか?
そんなに簡単に釣れるのか?
疑問は尽きません…

また次の日…
今日はガシラを釣ります❗と宣言して
また、30分の勝負をします。
[画像:7430d443-s.jpg]
[画像:2992e4d8-s.jpg]
日も暮れないわずか3投で2匹キャッチに
成功します。

この時点で竿を持参してくる仲間は3名に
増え、各自思い思いに魚釣りをしだします❗

この辺から、何をどうすれば良いのか?
聞いてくる仲間と、自分の経験を頼りに
釣りをする仲間の2つに別れ始めます。

そしてまた次の日
今日はアジを釣る❗と断言してアジングを
敢行します。
[画像:c50b36a3-s.jpg]
難なくキャッチし、小さな魚ですが
狙って釣る事の面白さを伝えます。

ここまで外さずに、結果が出てるのは
自分の経験と基本を忠実に実行してきたから
と思われ、欲を出さずに自分の技量の最善を
考えてぶれない事が要因に思えます。

ここでまた、大きな魚を釣りたい派と
小さな魚も面白そう派に別れます。

持参のタックルで何が狙えるのか?
どうすれば良いのか?
各自と話をしながら、ここで、これを、
こうやってみてと説明し、その通りにすると
[画像:a62e4ab5-s.jpg]

それなりの結果が出て来ます🎵

伝えていることは簡単な事で、
いきなり手前に立たない。
際には魚が想像以上にいる。
ライトは極力点けない。
ドタドタ歩かない…etc
非常に基本的なことですが、このちょっと
した事を注意して実践するだけで、釣果が、
でやすくなります。

そして、結果が出ると楽しい😃🎵
もっと釣りたくなる。
深いところに向かって興味が沸いてくる。
釣れないときも集中力が持続するようになる。
といった好循環が生まれます。

釣れないときは、今一度基本に帰る事が
人に教える事により、再認識させられた
ように思える今日この頃です。

台風が落ち着いたら大阪の海も水温が
下がり初め、本格的な秋の海になるでしょう🎵

満喫したいと思います。





インプレ シマノ 17スコーピオンDC100HG

本命使用目的のソルトゲーム、
サブでの使用目的のバスフィッシング
何度か使うことが出来ましたので、自分なりの
使用感を書いておきます。
[画像:84fa8e3e-s.jpg]
まず、ベイトリールの購入にあたっての背景は、
ライトゲーム中心の私ですが、たまには
フルキャストでビューンと投げたい時もある。
そして、いつもより大きな魚とのやり取りも
楽しみたいと思う時、既存のスピニングより、
ベイトリールの方が、よりおもしろく、
ストレスも無いのでは?と思い購入しました。

ダイワ派、シマノ派と言ったメーカー好みは
無いので、どこのリールでもよかったの
ですが、合わせるロッドがセミマイクロガイド
なので、ダイワの一部の機種のようにラインの
出口を解放して、飛距離出す、設計の物は
相性が悪いと思い、レベルワインダーの
広がらないタイプで探す事にしましたが、
コストの兼ね合いや、最新のブレーキシステム
が搭載された、スコーピオンDCとなりました。
思い起こせば25年前にバスフィッシングで、
バンタムスコーピオンを使っており、
その後はカルカッタになったのですが、
ちょっと感慨深い物があります。
当時は遠心ブレーキ、カルカッタも遠心ブレーキ
なので、マグネットブレーキシステムは、
あまり使うことがなかったのですが、
今回のスコーピオンDCはデジタルコントロール
ブレーキシステム❗
大分進化しているだろうなぁ😅と思い期待は
高いものがありました。
いざ、購入してみると以前までのスコーピオン
独特の小豆色のカラーではなく、ブラックに
細かなラメが入った塗装で、スコーピオンでは
無いような仕上がりのリールで、私的には
かなり気に入った感じです。

ソルトでの使用がメインになるので、ラインは
PE1.5号を150巻いています。
では、実際の使用感を…

最初のリグは、メジャークラフトのタイラバ型
ジグのジグラバースルー40g
[画像:60ff73fa-s.jpg]

幅広い魚種が狙えるのが魅力で、興味の
あるルアーなんですが、重い(実際は重い程良い)のが難点で、手持ちのスピニングタックル
では、投げにくいのですが、流石にベイトリール
であれば、楽に投げられました。
飛距離は申し分なくDC独特のビーンと言う
音を立ててスピニングタックルと比べても
遜色無くむしろ飛ぶ🎵
ブレーキのセッティングは2にしていますが、
少々の風であれば向かい風でも、ナーバスに
なることもなく、適当に投げればノーサミングで、
着水までブレーキがフォローしてくれます❗
恐るべき技術の進歩で、ナイトゲームでも
バックラッシュの心配無しに釣りが出来ます。

そして、面白いのはジグをフォールさせて
着底の瞬間❗
普通であれば、着底の瞬間にサミングして
いなければ軽いバックラッシュになると
思いますが、このリールはスッと止まります。
落としている途中でも、スプールを見ていると
逆回転しそうになるとくるんくるんとブレーキ
がかかって、バックラッシュを回避させようと
働いているのが面白いです。

そして、次はワインド用の1/2オンスに
交換して見ましたが、これも難なくクリアー
して、ストレスは全くといっても良いぐらい
ありませんでした。

シマノ(SHIMANO) 17 スコーピオンDC 101 左 03660【あす楽対応】

先日は、メタルマルの19gで港湾部のチヌや、シーバスを狙ってみましたが、
剛性感も充分で、巻き上げもスピニングより
楽なので、あっという間に
勝負はつきました。
[画像:5bf373ee-s.jpg]
[画像:855bdb2f-s.jpg]

まぁ、PEも1.5号 リーダーも20ポンドなので
ドラグが出るほどの、ファイトはありませんが、
ハマチクラス位であれば、何の問題も無い
剛性感であると思われます。

そもそも最新のリールなので、私のような
アングラーならば、どれでもそんなに変わり無い
仕上がりのリールの印象になるとは思いますが、
今のところ買って正解だと思える、費用対効果
だと言えます。

次はスコーピオンBFSかな🎵

09 06 28 寄り道アジング

水曜日は仕事終わりに寄り道アジング🎵

サクッと釣って帰るはずが……💧

いざ、渡し船で天保山に🎵
[画像:f4621008-s.jpg]
釣り人も少なく、まだまだタチウオも
入って来ていないのか?
閑散としています…

夕暮れのベストタイムはちょっと過ぎましたが、
2時間ちょっとは釣りが出来るので、
なんとかアジと遊びたい❗とリグを投入します。

それなりの結果が得られれば、また書きたい
と思いますが、この日はちょっと思いつきの
仕掛けで探ります。






……



……💧


全くアタリが出ません…😱


仕方がないので、足で探すしかないと、
いろんな場所を撃ちますが、一向にアジからの
返事がありません。

右往左往してようやくツツッーとアジらしき
反応を得ますが乗りません。
釣りの前の妄想では、ツツッーと乗らない
アタリをお試しのリグで、刈り取るはずだった
のですが、現実は厳しくそもそもアタリが
出ない状況です。

いつものジグ単だったらもっとアタルのか?
それとも、居ないのでどちらにしても一緒
なのか?そんなことを考えながら、数少ない
バイトを探して、確認するもアタラ無い。
痺れを切らせてジグ単に切り替えたのですが、
結局は魚の絶対数が少ないと言う結論に
至り、万死の敗北…⤵
まだまだ安定しない湾奥アジングとなりました。

そして、失意のバスでの帰り道
ラインで、釣り友さんが今季チヌ、キビレの
釣果が100匹を達成したとのコメントが…

ターゲットを狙っている期間はたぶん三ヶ月
位ですから、素晴らしい結果だとこちらの
テンションも上がります。


かれこれ10年ほどになるお付き合いの大阪
湾奥マスター❗
私の得意分野ではないシーバスについては
いろいろとレクチャーしていただきました。
チヌ、キビレに関しては、あまり興味が
なかったのか、たまたま私の知っている
情報を共有できたりしながら、日々この
ジャンルの釣りにも興味を示され、元々の
ポテンシャルと共に今回、大台突破と言う
結果になったと思います 

毎日グループラインに釣行の報告が上がって
ましたが、今回に至っては半端無い出動回数
そしてメンバーのみんなの激励やアドバイス
にも。耳を傾け日々チヌ、キビレを釣り上げ
てこられました。
最初の頃はボーズでした…と言う報告も
ちらほらありましたが、その頻度は日に日に
減り、どんどんキャッチ数も上がっている
のを見ていると、やはり行ってなんぼ❗
なんだなぁ~と感じました。

行ってみて、やってみて、結果を考える。
でも経験が多いから対応力が付いて、
キャッチ数が稼げる…
そしてサイズに不満が出れば、新たなポイント
を開拓する❗
これも経験があるから、絞り込めるしどんな
アプローチが有効か?も的確になつているの
だと思います。

いずれにせよ、釣りたい❗と言う欲求と
達成する❗と言う自身のコミットへの
動きが最高の形で結果に繋がったのだと
思うのです。
世の中にはもっと、もっと釣る人もいますし
上手い方は沢山います。
でも、自身で目標を決めてやってみるのは、
趣味としての釣りを続けていくモチベーション
になるかもしれませんね🎵

まぁまぁ何はともあれ






おめでとうございます❗
200匹迄後97匹ですね😅





こだわり

急に寒さがぶり返して来ましたね😭
これからしばらくは、三寒四温で
春に向かって行くのでしょうか?
大阪近辺は木曜に雨が降るようですが、
この雨、南風を伴って降るようなので
気温は上がり、水温も下がらない
雨のようです。
春に産卵を迎えるような魚は、
この雨をきっかけに今より少し産卵を意識した
ポジションに移るのではないでしょうか?


ところで本題ですが…

こだわって釣りをする❗

いろんなこだわりが有ると思います。

魚種にこだわる。
釣果(数)にこだわる。
釣果(サイズ)にこだわる。
場所にこだわる。
ルアーの種類にこだわる。
釣り方にこだわる。
タックルにこだわる。
時間にこだわる。

非常に大切な事だと思います。

しかしながら、こだわりすぎて逆に
プレッシャーになってる事は無いでしょうか?

誰もがテンションの上がる、ボイルや
鳥山、良い潮の流れ、ベイトの群れ…
限られた時間に行く私たちの釣りで
そうそう出会う事はありません😱

でも、原点に帰れば、そもそも魚を釣りたくて
魚釣りを始めたと思うのです。
最初のうちは何でも釣れれば嬉しかった❗
のではないでしょうか?

私は、今でもなんか釣れれば良いと思って
釣りを楽しんでいます🎵
その延長線上にライトゲームがあります。


せっかく釣りに来たのに、ノーフィッシュ😱
それでも、フィールドの状況は見れた。
魚が居ないことがわかった。
そう自分に言い聞かせる事もできますが、
なんかモヤモヤしませんか?

大抵の場合、その場所に魚は居ます。
ただ、自分の技量が足りなかったり、
攻めかたが違ったりしたのかもしれません。

でも、一番の障害はこだわりだと思うのです。
このこだわりを無くすと意外に簡単に答えが出る事がよくあります。

私は、テクトロが好きでよくします。
岸際が最大のストラクチャーで、魚も付くと
思っているからです。
しかしながらよく聞く話は、
投げて釣りたい❗
テクトロは釣った気がしない❗
という事を聞きます…

でも、このこだわりを捨てれば…
魚に出会えたかもしれません。
そして魚に出会えたのであれば、キャストの
方向を岸際に変えれば良いと思うのです。

どうしてもこのルアーで釣りたい❗
これもよく聞くフレーズです。
7割位はそのルアーに時間を割いても
良いと思います。
でも、残りの3割は違うルアーで探るべきでは
ないかと思います。
居るのか?居ないのか?それ事態が
わからなければ、こだわったそのルアーの
ポテンシャルもわからずじまいになります。

横でバンバン釣れている❗
ちょっと聞いて合わせてみるのも
良いと思うのです。

0匹と1匹は雲泥の差があります。
そして、その1匹がヒントとなって複数匹に
繋がると思います。
なので、1匹から得る物はとても大きく
その1匹の積み重ねがコンスタントに釣れる
引き出しになるのではないでしょうか?

これからの季節、気温と水温は一致せず
思うほど釣果も上がらない事が大いと
思いますが、とりあえず1匹🎵

目指して頑張りましょう❗

第六回ライトゲーム大会

25日土曜の夜、
ライトゲーム大会を開催しました。

今回のターゲットは、チヌ、キビレ
好調の淀川を舞台に熱い戦いが…


のはずが…




雨❗ 濁流❗

安全性も考え急遽開催場所を
変更しての開催となりました。

ターゲットは各自の用意も
考慮し、そのままチヌ、キビレ。

現地に集合し、ルール説明の後
各人ポイントに散り、ターゲットを
探します。
image

淀川の荒れ方からは、想像も付かない
くらい、穏やかな水面😱

厳しい時間が過ぎていきます。
好調の淀川の予定からの場所なので、
思考は切り替えないといけないと
思いつつも、少ないバイトに集中力
がついてきません😱

早々にタケノコはゲットして
いましたが、今回のターゲットでも
無く、キビレのバイトがでません。
image


途中集合の時点で、ターゲットを
確保しているのは1名だけ…
情報交換もしながら、後半戦に
望みをかけます。






しかしながら…
結局はポイント選択も、リグの選択も
後手、後手にまわり
あえなくタイムアップ


後半戦にキビレ41cmをかけた方が
見事優勝
image


終始噛み合わないライトゲーム大会
となってしまいました。

次戦は、もう一度リベンジの
意味も込めて淀川キビレ
今度こそは、良い魚を捕りたいと
思います。

ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。