smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

ドライブシュリンプ

18 07 16 21 淀川キビレ デーゲーム

更新が遅れてますが、連休最終日は、
のんびりと過ごそうかと思っていたのですが、
結局は暇をもて余し釣りに行ってしまいました。
20180716171629_IMG_0178
夕方からの、のんびり淀川キビレです。
先日(土曜日ナイト)ではバルキーなワームの
スイミングが良かったのですが、明るい時は
どうなんでしょうか?との、答えを求めての
釣行です。
IMG_20180716_202306_647

到着して水辺に立ちますが、やはり普段の
淀川の透明度では無く、水門の解放からの
流れで濁りが全体的に広がっている感じです。

では、検証開始❗



ワームはバルキーなバークレイのパワーフォッグ
powerhawg3

バス用のワームですが、別に関係ないとの
判断で使用します。

シンカーはジャングルジム 
ビーンズタングステン5gでのテキサスリグ
の組み合わせ
やや沖目のヨレにキャストし着低~糸フケとり
ちょっとあおって着低で




ドン🎵



20180716175025_IMG_0181
30cm位ですが、元気なキビレ🎵

躊躇無く、ガッツリ食ってくる感じのバイト
です。

写真を撮ってリリース後、キャストから
真ん中位で根掛かりしてリグをロストし、
リグり直しますが、やはり同じ様にロスト…⤵

オープンゲイブのフックでは、リグのロストが、
続くので、フックをザップのパイルドライバー
に変更して、対応します。
ビーンズシンカーの回避能力と、パイルドライバー
のワームの擦れにくさを実感しながら、引いて
きた、根掛かり多発ポイントでガツン❗

と、一気に持っていくバイトが出て、2匹目の
キビレをキャッチ…
20180716185742_IMG_0189
ワームはOSPのドライヴシュリンプでした。
20180716190127_IMG_0190
日も傾き出して、これからもっとバイトが出る
とは思いましたが、暑さに負けて2匹で納得❗

帰り道でビールを頂いて帰りました。
20180716201232_IMG_0191_1
今度は、トップで狙いたいと思います…

バス釣り大会第6戦 加古大池戦

ライトゲーム大会終了後、バス釣りチームの若手アングラーに拾ってもらい、
ちょびっと追加でアジングをして、
一路加古大池に向かいます。

連闘なので眠くなるかも⁉
と、一抹の不安を抱きながら、いざ加古大池に…

[画像:fb78953f-s.jpg]
ピーカン、無風、減水、水色最悪😞⤵⤵
釣れる気がしません。
過去に開催されたときは、優勝も経験している
加古大池ですが、これといった変化もなく、
苦手な池のイメージは変わりません…

とりあえず、広範囲を探りますが、案の定
これといった水中での起伏もストラクチャー
もなく、のべーっとした皿池😱

自然感の有る岸際か?人口的なコンクリート
護岸側か?迷いながらもシャローではあるが
リップラップのびっしりと入った場所で、
粘ることにしました。

立ち位置を何度か変えて、キャストしていると、
岸際でココっとバイト❗スーっとラインが
走ります🎵スッとあわせましたが、まさかの
スッポ抜け…
ギルなのか?…⤵

超岸際なのですが、緑に濁った水のせいで
魚は全く見えません。
落胆しながらも、場を休ませるため
キャロで沖のボトムをズルズルと引いたり、
ちょっと浮き気味に早いテンポで引いてみたり…
バイトもなく、岸際一点に絞る事にして、
30度の角度でネコリグを入れていきます。
何投かしているとまたもやココっとバイト❗
スーっとラインが走りますが我慢❗
まだまだ…

まだまだ…


ビシ❗









ギューン🎵

そのまま後ろに下がって岸にずり上げ⤴
[画像:2960aa76-s.jpg]
ようやく一匹のバスをキャッチする事が、
できました🎵


開始から3時間、後4時間このバスが元気に
いてられるように気を配りながら、ちょこちょこ
様子をみて、更なるバスを探しましたが、
あえなくタイムアップ…
終わってみると、バスを持ち込んだのは
私だけ❗と言うことでめでたく優勝と
なりました🎵
[画像:2a444cce-s.jpg]
大きくはないけど、貴重なキーパー
勝因は、自分分析ですが池事態の変化が
乏しいのでリップラップの変わり目を
変化ととらえ、岸を意識しているバスに
狙いを絞った事かなと思いますが、
最大の要因は…



集中力❗


これにつきるかな🎵と思いました。
終了後に話した方々も、何度かはショート
バイトを感じ取っていたようですが、
徹夜明けの連闘にしては、珍しく集中力が
途切れず、自分の仮説に対して信念を持って
挑めた事が一番の勝因の様に思えます。
残すは後3試合、諦めず自分を信じて
向き合う事ができそうです。

勝つか?負けるか?は時の運的な物も左右
すると思いますが、楽しくレベルアップ
今年も出来る確信が持てました。

次は、苦手な琵琶湖ボート戦
力まずに、閃きと経験で戦いたいと思います。








バス釣り大会 第4戦 津風呂湖

日曜日は、クラブチームのバス釣り大会でした。
雨のなか深夜に出発し、向かうは奈良県の
津風呂湖

到着時には雨も止み、風も無いボートには
絶好のコンディション🎵

image

チラホラ見える見えバスに期待も膨らませ
老いも若きも手漕ぎボートで出船しました。
8時から15時30分帰着までの長丁場
体力も心配でしたが、久々に漕いだボートは
思いの外良く進み、めぼしいポイントを
淡々と撃って行きます…

小バスと小ギルはめちゃくちゃ見えますが、
大きな個体は気配もなく、ここぞ❗と言う
スポットに入れても、喰ってくるのは
豆サイズ…
image

前評判ではアベレージがデカイ❗と聞いていた
のに、小バス地獄の様相です。

初場所なので、どんどん場所を変え
岬に隣接するシャローを探しますが、
どこも岸際からドン深で赤土と岩盤の境目
を中心にポイントを探し、大きな木が倒れ
こんだ如何にも❗なポイントを発見🎵
ボートを真上に着け、上から枝の間に落とし
込んでスッと持ち上げると…

ゴッチーン🎵

問答無用で引き揚げますが、敢えなく木化け…
千載一遇のチャンスを逃してしまいました😅

その後は、何時ものごとくミドストでフォール
を入れながら撃ちまくり、お昼前にようやく
本日2回目のキーパーがヒット🎵

超引きます❗
エラ洗いで魚体が見えましたが、キロアップは
間違いなく、なんとしても捕りたい❗
幸いラインはPE0.6号に12ポンドのリーダー
ここは一気に❗と、ごり巻きで寄せると

フッ
とスッポ抜け…
改めてリグを見てみると、ジグヘッドのフックが
完全に伸ばされていました…⤵

アホです😱
タックルのバランスが良くなく、ラインの
強度だけで強引なやり取りをした私のミス❗
ラインが強ければフックが負け、
フックが強ければラインが負けるのは、
当然の結果ですが、なんとも苦々しい…

そんななか、私の視界の中で、ずーっと動かず
釣り続けているメンバーがいました。
何かしら粘る理由があるのではと思い、
同じライン上にボートポジションを持っていき
しばし、水中を見つめていると🎵
ベイトを追う大きなバスが時折見えます❗


ノーシンカーのスティックベイトでスローに
引いて来るとバックリ❗
しかしながら、掛けた瞬間のエラ洗いで
あっけなくフックオフ…
今日は駄目なのか?…⤵

諦めかけた瞬間もありましたが、後1時間
まだチャンスは有るはず❗
と、心に言い聞かせ仕切り直し。

ダウンショットにかえ、ディープから上がって
来るコースにリグを置いてじっと待ちますが、
あっけなく素通り…
シュリンプ系では無いのか?とストレート系に
ワームを変え、次のチャンスを待つと、一旦は
止まってワームを見ましたが、スルー⤵
ストレート系の4インチだったワームを
5.5インチにかえ帰着時間までの最後の
チャンスに掛けました。
定期的に上がってくるバス…
初物に弱そうで、ワームを変えると必ず一旦
見には来ます。しかし動かすとスーっと逃げる。
気を引くけど、見つけてからは動かさない。
頼む❗もう一度来てくれ❗
念じながら、リグを置いていると…



来たー⤴

これが最後のチャンス…
頼む❗喰ってくれ❗
クリアーウオーターの先にワームが❗…
その先にバスが…





見てる❗










めっちゃ見てる❗










チョンで食うのか?
いやいや、動かすとスーっと逃げるはず…






じっと我慢❗





見てる❗







喰わえた❗







反転した❗




ギューン❗



先ほどの失敗を繰り返さないように、
ロットで溜めて、踏ん張って❗
ようやくキーパーをゲット❗
image

帰着時間まで後20分…
慌ててライブウェルに入れてダッシュで
桟橋に向かい結果を待ちました…


帰着すると5名のメンバーが魚を持って
帰れたようで、1匹 2匹 2匹 5匹
そして私の1匹です。

ドキドキの検量では、上位は2匹のメンバー
3位はキッカーを持ち込んだ方
私は敢えなく4位という結果になりました。
image

リミットメイクのメンバーは、私の視界に
ずっと居た方ですが、小バスの中からギリギリ
のサイズを5匹集めたようで、奮わず5位と
なっていました。
私のSAFCメンバーは今年参戦のメンバーが
2位となり嬉しい結果になりました。


いつも思うことですが、大切な事はまず
5点ボウズにならない。
そしてリミットを揃える事だと思いますが、
強い心でキッカーを狙い、キャッチした方は
いつも上位に食い込んできます。

次戦は青野ダム
バランスの取れたタックルで、リミットを
目指しながらも、キッカーを捕るべく
アグレッシブに攻めたいと思います。




バス釣り大会 第3戦 琵琶湖人工島戦

5月21日は、クラブチームの
バス釣り大会でした。

今回は琵琶湖の人工島でオカッパリです。
前日の夕方に現地に入り、日没までの1時間
プラをしてみましたが、マズメの時間帯にも
関わらず激渋でした。
image

当日も渋い状況なのか?
ポロポロ釣れてくれるのか?
そんなことを考えながら、前日IN組の4名で
近くのイオンタウンで食事をしたり、
併設のスーパー銭湯で汗を流したり…
各自思い思いの形で当日を迎えました。

私は、夕方のプラで撃ち処が見つからない
事が気になって、少しでも良い場所を探す
べく、ウィードの生えているエリアを探して
朝を迎えました。

集合時間になり、ルール説明のあと各自
思い思いのポイントに入ります。
人工島は真っ直ぐな護岸で、基本的には
どこで撃っても代わり映えしない場所ですが、
所々に生えた良質のウィードに、回遊のバスが
留まる傾向が有ると思われ、夜プラで感触の
良かった北側護岸に勝負を掛けました。

ライトゲームチームから参戦の2名も、
同じように北側エリアで、並んで回遊してくる
だろうバスを待ちます。

開始直後は、誰にも何も釣れない時間が、
続きますが、時折有るブルーギルのアタリに
イライラしながら、じっとバスを待っていると
一昨年から参加のSAFCメンバーに、待望の
キーパーがヒット🎵
一同テンションがアゲアゲになるも、後が
続かず、またもや待ちの釣りに…

そうこうしていると、角のエリアが空いたため
急いでキープしキャスト🎵キャスト🎵

程なく今年から参戦のSAFCメンバーが
キーパーをキャッチ❗
良かった❗と胸を撫で下ろすも、私は現時点で
ノーフィッシュ😭

でも、攻めかた自体は間違ってないと
自分に言い聞かせ、ひたすらキャストを
繰り返します。
ミドスト、ネコリグ、ダウンショット
手持ちのあらゆるワームを投入し、ひたすら
キャストをしていると…



ミドストで、沖から引いてきたワームに
ギルとは違うアタリが❗
すかさず回収して再度同じコースを通しますが、
アタリはなく、ダメもとでフォローとして
ダウンショットを撃ち込むと…

コココ?

グーン

瞬間的に送ったラインが一気に引き出されます。
実は、前日のプラでライントラブルが出て、
新しいラインに、巻き直していたのですが、
馴染みが悪く、大バックラッシュで殆どの
ラインを消失していたのです。
キャストしてスプールに残るラインは
ほんの少し…
image

フルキャストすると無くなるので、
指でサミングしながら着水させていたのですが、
着底して直ぐのアタリのため、ラインに余裕が
無く、走られては困ります。

ライン無くなる~😱
と心のなかで叫びながら、膝ドラグを駆使して
なんとか持ちこたえ、やり取り開始🎵
初めは、40up位の一番元気なサイズかと
思っていましたが、いなしながら浮いてきた
魚体は想像より大きく、慎重に取り込んで
無事キャッチできました😅
image

価千金のランカーをキャッチ🎵

終了時間まであと2時間…
ここまでで、SAFCメンバーは、私が1匹
O氏が、手堅く3匹、R氏は1匹
わかっている参加者のウエイトでは、
暫定で私が1位、3匹のO氏が2位
そして、R氏は4位…
R氏にあと一匹キーパーが入れば、SAFCメンバー
で入賞を独占できます❗
ルアー釣りの原点として、バスを釣る事は
ソルトの時にもきっと役に立つよ🎵と勧めた
バスフィッシング、そしてクラブチーム加入
今年度の密かな目標としていた、上位独占が

目の前に❗

私的には、残り時間は攻めながらのロスタイム
後の2人は、後1匹をひたすら追い求める時間
私=長く、ヒヤヒヤの時間
他2名=短く、焦りがでる時間
いろいろな思いのなかで時間は淡々と終了
に向かって進んでいきます。
帰着時間も考えるともう後がない10分前



R氏のロッドが曲がります❗

きた~⤴


みんなで見守るなか上がってきたバスは
675gのナイスキーパー❗

これで、見えていない参加者のウエイト次第で
上位独占出来るかも?
淡い期待を寄せながら、あわてて片付けて
帰着します…

無事帰着時間にも間に合い、ドキドキの結果は




1位 私❗







2位 最後に1匹ねじ込んだR氏




3位 参加者のなかで唯一3匹のO氏



上位独占🎵


めでたく1 2 3フィニッシュとなりました❗

image

私的には1戦、2戦の出遅れをやや取り戻し、
O氏は好調をキープ、R氏は今後に繋がる
貴重なポイントに❗
それぞれが大変充実した第3戦となりました❗
image

いや~⤴

やっぱり



あきらめたらアカン❗


と、今更ながらに思えた第3戦でした😅



来月は、初場所の奈良県津風呂湖
最後まであきらめない試合をしたいと思います。

ギャラリー
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。