smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

ドライブスティック

GWは、まさかの城北ワンド

4日、5日と連続で淀川の城北ワンドに
行って来ました😅

当初は、ライトゲーム三昧の日々を予定
していたのですが……

先日のバス釣り大会のノーバイト、
ノーフィッシュが、なんとなく気になって、
モヤモヤした気分が続いていたのと、
プレッシャーも高く、個体数もそれほど
多いわけでもない城北ワンド。
でも、釣りをしてて楽しくて、結果がでない
事もこれまた逆に楽しい😃🎵

image


大会のプラにいった時は、爆風の激濁り
大会は、ピーカンのクリアーウオーター
悪天候時のラッキーフィッシュ
好天候時のノーフィッシュ
納得がいきません…

これは早いうちになんとかせねば…
と、思い今回の連続釣行となりました。

まず、4日の釣行は…💧
痛恨のノーバイト、ノーフィッシュ😱
image

昼飯位しか画像もありません…

今の時期、スポーニングを意識した、
大型の個体がワンドに入ってくるはずで、
そのバスをきっちり釣り上げた方が、大会も
優勝していますが、ワンドに入っているのか?
さえも掴めず、右往左往しただけの1日と
なってしまいました。

帰宅して、夜からライトゲームに出撃か?
それとも、もう一度城北ワンドに挑むべきか?
自問自答しながら寝落ち……⤵

これはもう行くしかない❗
そして、釣るしかない❗
と自分に言い聞かせいざ城北ワンドに❗

ピーカン、無風の城北ワンド
大会のプラ、大会当日、昨日と城北ワンドに
来ていますが、とにかく歩いています😱
ワンド、水路、本流と、ほぼすべての場所を
見て回って投げてみてようやくなんとなく
ワンドの個性がわかりだし、何処に入るのか?
考えながら見てまわりました。

この感覚は、野池を巡るのと似ているような…
隣通しでも、全く違う状況があります。

本流の影響を受けるワンド、受けないワンド
繋がっているワンド、独立したワンド
クリアーなワンド、マッディーなワンド
水深のあるワンド、水深の無いワンド
底が砂のワンド、底が硬いワンドetc…

到着から昼過ぎまではバイトもなく、
あ~⤵今日もダメか?と落胆しながら、
昼飯で鋭気を養い。
image

昼からのポイント選択を考えながら
いざ、最終決戦に❗

選んだワンドは、本流の影響を受け、
ある程度の水深もあり、隣のワンドとも
水の行き来があり、中央部は砂地で一部は
リップラップのあるワンドに照準を絞り、
ベビーシャッドをキャスト、キャスト、キャスト❗
きっと補食に上がってくると信じて投げたおし、
所々、ウィードの新芽が生えてきているところ
を見つけました。
しかしながら、タニシは爆釣します…
image


ウィードのエリアでネチネチとやるか?
それとも引き倒すのか?
悩んだ挙げ句の選択は、得意のミドスト🎵
ジグヘッドでは重すぎて、ウィードの面を
引きにくいので、ドライブスティックの
お腹にネイルシンカーを刺してのチョン掛けで
時折フォールを入れながら引いてくると




ガチッ❗コーン🎵

瞬間的にあわせたロッドがバットから
絞り込まれ、ドラグが引き出されます。

何度か引き込まれながらも、いなして、
いなしてランディング出来るところに誘導し
ハンドランディング🎵
image

ナイスコンディションの城北(淀川)バスを
キャッチすることができました。
image


暫しみとれながら、写真を撮ってリリース🎵
50cmには届きませんが、満足サイズ🎵
ここで連発すればミッションコンプリート❗
ですが、そう上手くも行かず…

それでも、一定の達成感が得られた城北ワンド
2daysとなりました😅


自身のルアー釣りの原点🎵 バスフィッシング
やはり奥深く、面白い事を再認識したGW
前半戦となりました。

本日はお仕事ですが、夜からはライトゲーム
の予定です🎵
楽しめれば良いなぁ~と思います。



バス釣り大会第一戦

日曜日は所属のクラブチームの
バス釣り大会第一戦でした。
image


琵琶湖オカッパリなので、
まぁまぁ釣れるだろうと
呑気に構えて、金曜の夜は
泥酔…

案の定、御前様で土曜日の昼から
現地入りしました。

眠い目を擦りながら、様子見しますが、



激渋😱

何ら収穫も無く、
途方に暮れながら、夜は
同じように前日入りのメンバーの
方たちとダベリング🎵

仮眠もそこそこに深夜に
もう一度竿入れてみると…

image


やってもーた❗

はい❗
本番に是非置いておきたかった
良型のバス❗

本番転けるパターン濃厚で
当日の朝を迎えました。

何の策も、パターンも掴めていない
ままゲームスタート❗

沖目の枯れかかったウィード
周辺を何となく撃ちますが、
ノー感じ❗

傍らでは、メンバーの方が
良いサイズをあげています。

どうやらバスはウィードに付く
のでは無く、ウィード沿いを回遊
している感じで、それより手前は
ノンキーがチョロチョロ釣れる
程度の薄~い状態です。
image


このままタコ粘りで、回遊との
交通事故を待つのか?
それとも、少しでも条件の良い
場所を探して動くのか?


迷ったあげく、ラスト3時間は
場所を変えて勝負することにしました。


てくてくと歩いて、エリアの最端
で勝負❗

この移動が、結果に大きく作用
したのですが、同行で新しくメンバー
に加入した、初参加の方がいきなりの

ヒット❗

規定のビックフィッシュ賞に
僅か1cm届かない44cm1210g
のビックフィッシュをゲット❗

一気にテンションがMAXに
上がります🎵


が…

どうやら単発⤵



それでも、このエリアにバスは
必ず居ると自分に言い聞かせて
探り続けます。

このエリア
image

右は、ルール上最端で
人工島の水路に続く方向
image

左は本湖

予想では、バスは本湖から水路
に向けて入って来ると判断し、
本湖側の護岸基礎部分のブレイク
で、ダウンショトで待ち伏せしました。

ラスト1時間❗

枯れかかったウィードに引っ掛けて
シェイクしていたリグを外した瞬間


コン❗







来たー⤴


慎重に、慎重に寄せてあげたバスは
815g
image

先に大きなバスを見てるので、
小さく感じますが、
待望のキーパー❗


帰着時間も考えると、残り30分


次の決断は手数の減るダウンショット
は捨てて、エリア全体を素早く探れる
ジグヘッドの、スイミングにリグ
り直し、あわよくばの追加を狙うと…


コココ❗

ギューン😭


来たー⤴

image


最後の最後に1匹追加で帰着時間
となりました。

終わって見れば、
結果2位❗

同行の方も堂々の3位入賞❗
image


幸先良くスタート出来ました。




3月からバス大会の準備をし、
管理釣り場で感覚を覚えてもらい、
秘密基地での度重なるミーティング
まだまだ準備不足も有りましたが、


努力は運を支配する❗


身近でまたもや、実例を見れた
事は、結果以上に収穫となった、
バス釣り大会第一戦でした。

次は淀川城北ワンド戦


準備したいと思います🎵
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。