smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

バス

インプレ 19アンタレス

先日購入してきましたアンタレスを、使った
感想を書き留めたいと思います。

20190421174226_IMG_1057
個人的には、釣具はあんまりキラキラしたのが
苦手で、黒一色とかが好みだったりします。
そんな私ですが、一度使ってみたい衝動に
かられキラキラのアンタレスを購入しました。
今までのアンタレスのイメージは、
世界で戦うとか、琵琶湖の浜で、大遠投するリールのイメージで、ボートや、オカッパリの小場所で使うリールではない、というのが
私の見解でした。

20190421151213_IMG_1055
しかし、この19アンタレスは、バーサタイル
的な34mmスプールで発売されました。
飛んで、巻けて、頑丈な今までとはイメージ
も違い、こんなのアンタレスじゃない❗
と言う意見も聞かれます。

私的には、今回のバーサタイル化は、歓迎
出来るもので購入した次第です。

さて、実際の使用感ですが、Mクラスのロッド
に、14ポンドのラインを巻いて使っていますが…




気持ちが良い❗

全てにおいて、






気持ちが良い❗


としか言い様のないリールだと思いました。

使う前の段階での各部のかっちりとした
剛性感、メカニカル、ドラグの調整時の
カチカチとなるクリック音、サイドプレート
の開閉時の噛み合わせの精度…
とにかく全てが気持ちの良い感じです。
リールの巻きも、マイクロモジュールギアの
おかげで超滑らかですから、ずっと触って
いたくなるリールです。

では、いざ投げてみての感想ですが、とにかく
飛ぶ❗
弾道が低い❗
伸びる❗
というところでしょうか…

最初に投げたのはジャークベイトだったのですが
想像の3割増しで飛びます。
20190330142817_IMG_0983
重量もそこそこあって、重心移動等も入る
飛ぶルアーですが、空気抵抗もそこそこ
大きく、終盤で失速する事の多いルアー
なのですが、さいごまでぶっ飛びます🎵
どんどんメカニカルを緩め、遠心を緩め、
気持ちの良いレベルにセッティングすると
一人でにやけた、ちょっと危ない人になる
位気持ちよく飛びます❗
同じように、スピナーベイトも空気抵抗が
大きいルアーですが、これもぶっ飛びます🎵
ラバージグや、ノーシンカーのヤマセンコー
もピッチングで挺弾道のまま体感2割増しで
飛んで行きます🎵
トラブルレスと言う意味では、ダイワの
SVスプールも大したものだと思いますが、
リニアに操作できる外部ダイアルと、人間が
サミングでコントロールする感覚は、趣味
キャスティングな私にはピッタリで、とにかく
楽しい感じです。
いつまでも投げていられます。

次に巻く…   感じですが、
先にも書いたマイクロモジュールギアの
おかげでしょうか?クランクベイトがとにかく
気持ち良い❗
ボトムにコンタクトさせながらちょびっと
浮かせて障害物を回避する…
でも、コンタクトポイントからは離さない❗
みたいな事が、いとも簡単に出来ます🎵
これは、今後の釣りに大きく影響が出るのでは?
と、思える要素で巻き感度がスピニングよりシビアに出るベイトリールとしては最高レベルだと思われます。

と言うべた褒めのインプレになってしまい
ましたが、ロッド一本で手軽に釣り歩きたい
時には、まちがいの無い選択だと思います。

強いて言えば、ぱっと見でアンタレスと
わかりすぎる鏡面のボディーなのと、価格が
いままでよりは、安く設定されているとはいえ
まぁまぁ高い事が、万人に薦められない
事でしょうか?
長く使えば、決して高くは無いと思われる
性能ですが、何台も揃える事は難しく、
バンタムや、ダイワのSVシリーズ等を上手く
噛み合わせれば、現状での最良なタックルを
揃えることも可能で、是非その候補に上げて
もらいたいリールだと思います。
ただ、ある程度いろいろなリールを使って
経験がないと、余りにもあっさりと難易度の
高い事をやってのけてしまうポテンシャルが
ありますから、このリールありきでは、他の
リールが色褪せてしまい、道具選びの楽しさは
無くなってしまうことでしょう…



2019 バス釣り大会 奈良津風呂湖ボート戦

5月12日は、奈良の津風呂でプライベート
チームのバス釣り大会第2戦がありました。

今回のルールは、免許を所持して、エレキが
有れば使用しても良い❗
無い人は、手こぎボートで戦う事になります。

7挺がエントリーしましたが、エレキ挺は4挺
手こぎが3挺…
私は手こぎでの参戦です。
ハンディキャップとして、手こぎはキーパー
20cm、エレキ挺は25cmを各5匹
スタートは手こぎの30分遅れでの開始です。
20190512080029_IMG_1175
アドバンテージを活かすべく、手こぎ的
フルスロットルで、ボート桟橋の対岸側の
朝方シェードになる面の上流に船を進めます。
20190512110326_IMG_1177

今回持ち込んだタックルは4本
20190512153040_IMG_1178
スピニング1本とベイトタックル3本

風向きを考慮して、ある程度こいだらそこから
はひたすら流されるを繰り返すしかステイ
出来ない手こぎ挺は術がありません。
ワンチャンス、ワンチャンスと意識を高めて
キャストしますが、バスからの反応はありません。

前年に倒木にバスが付いていた所が気になり
ボートをこぎ、倒木を凝視すると、巨ブナに
隠れるように付く、バスを発見❗

ベイトフィネスタックルでヤマセンコー6in
をノーシンカーでキャストして、素早くラインを
引き出してバックスライドさせると…
ワームが見えなくなった時にラインに反応が


ビ~ン🎵

フッキングと同時に一気に引き剥がして、
難なく取り込んだバスは、見つけていたバス
よりもはるかに小さかったのですが、
キーパーの20cmは余裕で越えているので、
良しとして次を狙いました。
しかし、そこからは何の反応もなく
見えていたバスも居なくなったので、
ボートをこいで、もとのシェード側を
流されながら撃ちますが、効率が悪く一度のミスキャストで
狙いのポイントを潰してしまう事も多々あり
作戦を変更することにしました。

この時点で時間はお昼前に…
なんとかノーフィッシュは免れていますが、
リミットメイクもしたいし、津風呂らしい
きれいなキッカーフィッシュも釣りたい😅
と、試行錯誤が続きました。

帰着の3時30分まで、何処で、何を、どうする
べきなのか?考えての選択はボート桟橋
近くのブレイクをライトリグで丁寧に探る。

ベイトタックルで巻いて釣りたいという
思いが強く、これまで大半の時間をハード
系のプラグに費やしましたがノーバイト
日も高くなり、更に厳しくなるだろうとの
判断からです。

そして、この判断が吉❗とでまして…
スピニングタックルで3.5gのシンカーと
スパテラ4インチのダウンショットを入れると
ナイスサイズのバスがヒット🎵
その後も、ブレイク沿いの限られたスポットで、
バイトが続き、トータルではリミットには
1匹足りませんが4匹のバスを持ち帰ることに
成功しました。

そして、結果はウエイン3名(エレキ挺2名)
で、大会の長がきっちり5匹揃え優勝…
20190512155621_IMG_1183
私は4匹で2位
20190512155512_IMG_1182
3位は1匹

結果的には、手こぎボートでの2位は
上々のできですが、エレキで流しながら
サイトで見つけた魚をきっちり釣る優勝者と、
行き当たりばったりで、なんとか釣れてくれた
魚のサイズは、大きな差があり、やはり厳しい
事は事実ですが、出来る範囲でやれる事は
やった感もあった第2戦となりました。
20190512155758_IMG_1186
次戦は淀川の城北ワンド…
なんとか1匹でもねじ込みたいと思います。

18 02 バス釣り大会 城北ワンド戦

5月20日にクラブのバス釣り大会の
第2戦が淀川の城北ワンドで開催されました。
DSC_1043

開幕戦の琵琶湖ボート戦では、痛恨の極み
ノーフィッシュとなり、惨敗だったので
今回はなんとかポイントを稼ぎたいと思い
ちょびっとだけですが、プラも行っていざ
当日を迎えました。

天候は快晴ですが、前日より気温がガクンと
下がり、当日も肌寒い気温でした。
水質はワンドによりまちまちですが、
一様に増水しており、魚は入って来やすい
ように思えました。

しかしながら…






参加者全員ノーフィッシュ😱


ネストの釣りはどうかと?言う意見で、
今回は時期を少しずらし、サイトでの釣りを
封印して挑んだ訳ですが、想像以上に厳しい
淀川城北ワンドでした。

私自身、今年は巻き物でなんとか勝負したい
気持ちが強く、今回はベイトタックルが2本
スピニングタックルが1本で、挑みましたが、
DSC_1044
次戦の津風呂湖戦でも、このセットで投げ
続けることが出来そうなことが、確認できた
ことが唯一の成果となりました。

まぁまぁ、釣れないんですが、釣れない時も
面白いと思うドMな、趣味キャスティング❗

今度こそは…

始まります❗

今年もプライベートチームの、バス釣り大会
が始まります❗

初戦は琵琶湖でのボートペア戦ですが、
毎年ボート戦での成績が良くなく、苦戦して
いるのですが、今年は楽しむ事に重きを
おいてenjoy bass fishingとしたいと思います。
勿論、勝敗にもこだわりますが…

そんなわけで、今年のスタイルは巻物を
中心にライトリグを入れていく感じで、
安易にライトリグに頼らない、強い釣りを
していきたいと計画しています。

_20180405_125208
大好きなスピナーベイト(90g)や、
_20180405_125226
ビックベイト、マグナムクランク…


こんなでかいので釣れたら面白いだろうと
今からワクワクしておりますが、現実は
厳しいでしょう。
行く前が一番楽しいんですよね🎵
それでも、その場所、季節等を考慮しつつ
チャンスを物に出来るように感覚と技術を
磨いて行きたいと思います。


まぁまぁ



趣味   キャスティング

だけは避けたいと思います。

バス釣り仲間と新年会🎵

あっという間に新年も半月が過ぎましたが、
所属しているバスフィッシングクラブの、
新年会が6日に梅田で開催されました🎵
去年の運営に関する事や、今年度の事を
話しながら、楽しい時間はあっという間
でした。

そして、14日はバスの初釣りとして、恒例
になっている、水藻フィッシングセンター
でのチーム対抗王将ゴチバトルがありました。

ルールは簡単で、2チームに別れ、釣り上げた
バスの総匹数で争います。
大きさは関係ありません😅
小さくても1匹は、1匹です…

2年前は、勝者チームは100匹以上釣り上げ
昨年は、振るわなかったと言いながらも、
相当数のバスを釣り上げています。
そして私は、2年連続で負けチームとなり、
王将ゴチを支払う、高い❗高いバス釣りに
なっていました…⤵
積年の屈辱を晴らすべく挑んだ今年❗
さて、どうなりますやら…

当日は、寒さで道路もピカピカに光る中
メンバーが、集合しチーム分けのくじ引きを
引きます。
DSC_0872

この、くじ引きはチームリーダーを決める
くじ引きで、なんと私がチームリーダーに…

相手チームのリーダーとドラフト形式で
チームのメンバーを獲得していきます。
私の選んだメンバーは、手堅く上手い方を
選びつつも、昨年、一昨年と負けている
メンバーを重点的に獲得し、今年こそはの
リベンジメンバーで構成しました。

時間は7時スタートの16時終了…
途中1回の桟橋交代
各自配置も決まりいざスタート❗
DSC_0873

前方に見えている相手チームが幸先よく
バスをキャッチ❗
テンション上がっています…
すると、直ぐにもう1匹追加❗
その後も順調にキャッチ数を伸ばしていきます。

対して私たちは…



………


……………⤵

バイトすらなく、時間だけが過ぎていきます。
期待とは裏腹に超渋い展開で、イライラして
いると、チームの一人が待望の1匹をキャッチ
スモラバで、釣り上げたと言うので底を重点的に
私はスプリットでズルズルと這い回るも
ノーバイト…
お昼過ぎの場所交代まで、相手側5匹
私たちは2匹の劣勢で折り返しとなりました。


さて、後半戦ですが、これまでの経験では
場所を替わったら釣れなくなり、相手側の
方は今までが嘘のように釣れる展開がいつもで、
嫌な予感を感じながら、キャストを開始します。

一時間程は何事もなく、ひたすら信じた
スプリットをキャストし続けていたのですが、
そのスプリットにココン🎵と生命反応❗
ワンテンポ置いてスイープにあわせると
気持ちの良い生命反応❗
めでたく初バスをキャッチ
これで我がチームは3匹🎵
5対3と反撃の狼煙を上げテンションは
上がります。

初バスをキャッチして、意気揚々とキャスト
をした、次の次…
またもやココン🎵
DSC_0877
後1匹となるバスをキャッチ❗



その直後には、チームメイトも1匹を追加し
とうとう同点の振り出しとなります。

テンション上げ上げで盛り上がるチーム
対岸はお葬式のように静まり帰っていますが、

ここで、実力No.1のチームメイトが逆転の
1匹を追加で怒濤の快進撃❗
そして、私と一緒の2匹目をキャッチするチーム
メイトも現れ、残り2時間で7対5
ただ、ここからの2時間は長く感じられ…
いつもは負けているのであっという間ですが、
自身は次なる魚を探しつつも、相手側にこれ
以上釣れないように負のパワーを送りながら
ひたするら耐えていましたが、終了10分前に
相手チームがバスをキャッチ❗
これで7対6ヤバい❗ヤバ過ぎる❗
と、焦るも終了のアナウンスが流れて、
無事に勝利を掴み取ることができました🎵

苦節3年……


遂に王将食べ放題を実現する事ができ、
幸先の良いスタートとなりました🎵
FB_IMG_1515971937642


めっちゃ食った❗


皆様、お疲れさまでした🎵


ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。