先日の洲本港では、夜光虫で海面が
真っ青になるなか、最終的には私なりの
正解を見つけることができました。

その時の立役者はストリームドライブ
image


フローティングタイプもありますが、
シンキングタイプがはまったのです。

なぜか?



基本的には、夜光虫がいる海域には
メバルがいる可能性が高いと思っています。
昼間に見ると単なる赤潮…
夜になると、キラキラと幻想的な光を
放つ夜光虫
外的な刺激で発光する夜光虫
あまり刺激を与えないのが、キーポイントで
なるべく光らせずメバルに気付かせる❗
これにつきるのではないでしょうか?

もともと浮遊性のプランクトンの夜光虫
海面はキラキラでも、ちょっと下のレンジは
光りません。
なので、フローティングタイプよりも
レンジの入るシンキングタイプが夜光虫の
すぐ下のレンジを通すのに都合が良いのです。

そして、リップ付きのブルブル泳ぐタイプは
いたずらに海水を掻き回すので使い辛く、
シンペンタイプが良いのだと思われます。
ただ、シンペンタイプの中でもちょっと
水を噛む工夫がされているストリームドライブ
等は、適度な抵抗があり流れやレンジの把握が
しやすいので、結果的に釣れたレンジが
把握しやすく、連続性のある釣りが
可能になったと思います。

では、実際の流れは…
まず、夜光虫のいる海面を観察します。

そのなかで流れが出ている場所の流れの
よれを探します。

そしてキャストします。

ラインのスラッグを回収し、竿を立てラインが
海面になるべく触れないようにルアーを
よれに流し込みます。

ルアーの重みを感じながら任意のレンジまで
落としたルアーをスローに引きます。

たいていの場合手前は夜光虫の溜まり場に
なっているので、よれを抜けたらルアーは
回収し、またキャストします。

以上の繰り返しです。

今の時期はアミを食べてることが多いので、
フロントフックでも明確にひったくるアタリは
出にくく、重みが乗るようなアタリが多いです。
違和感を感じたら、とにかくきいてみるのが、
数を釣るコツと思います。

そんなプラッキング(夜光虫)パターン
個人的に期待を寄せているプラグが、
もうすぐ発売されます。
image

パンチライン45
シーバスプラグでは有名なプラグですが、
サイズダウンした45mm使いやすそうです❗
発売されれば試したいと思います。

最後に、上記の使い方とは全く違いますが、
image

ジェイドINX
海水では難しいサスペンド仕様
海水の濃度により浮いたり、沈んだりすると
思いますが、何よりデーゲームで、ジャークの
後ピタッと止まるのが素敵だと思います。
根廻に付くアベレージより大きな個体は、
魚食性が強いのでメタルジグ等で、早引きに
反応することが多いですが、このプラグで
目に前で止めると🎵

ドン❗
となうような気配が満々にします。
こちらはもう入手していますので、
近々試したいと思います。