日曜日は和歌山の大引の沖磯に
行って来ました。
image

写真では、天候も良く最高の釣り日和に
見えますが、爆風が吹き荒れるライトゲーム
には、最悪のコンディションです…

今回は2名釣行で私はライトゲーム
もう一方は、ガチガチの青物タックルでの
メジロ狙いのチーム編成です。

渡った磯はヒラバエと言う、比較的平坦な
沖磯で沖側は青物、手前側は水道筋になって
イカや、根魚が狙えそうな感じです。
image

持ち込んだタックルはいつもの6.7fに2000番
のリールセット(フロロ4ポンド)と、8.6fに
2500番のリールセット(PE0.6号)ですが…
一応狙いの中心はイサキで、軽いメタルジグ
等も持参しての磯渡りです。
image

浅く、広くのケース内容…

爆風で軽いリグは、全く使い物にならず、
過去に釣行した際に活躍した、ガシラ等の
軽量リグでのガシリングも出来ません。
春イカも期待してのエギも、風でラインが
流され、3号では一向に沈まず…

狙いをイサキ一点に集中して、釣りを始めました。
手始めにメタルマルの19gで遠投し、
探り始めますが…
3投目で着底からリーリングし、チョンチョン
ス~⤵と落としたメタルマルがスッ
吸い込まれるアタリ❗
すかさずあわせると竿はバットから絞り込まれ
ラインは飛沫をあげて引き出されます❗

何でやねん😱

瞬間で青物とわかるそのダッシュ
耐えながらも寄せに入りますが、ラインも
細く、竿もパワー不足、そして過去にも
メタルマルでメジロを掛けてしまった時の
テールフックが伸ばせれ外れた経験が、
頭をよぎりながら、いなして、いなして
寄せてきます…
その最中でも以外に冷静に
「しかし、今のアタリは完全に飲み込んでいると思う❗」
とか、
「竿のカーブきれいやなぁ~」
とか、
「ガチで引っ張りあいさえしなければ、
ラインは余裕で耐えるなぁ~」
なんて考えながら、じわじわと寄せて
きましたが問題が…

沖側の磯回りはテーブル状に根が出ており
手前で走られるとラインブレイク必至です。
タモも無く、同行者は反対側で見えない位置です。
image

それでもなんとなく、いなしながら寄せては
走られ、寄せては走られながらも問題の
手前テーブルまで寄せた安堵のその瞬間…

最後の力を振り絞った魚は無情にも、
磯際をダッシュ❗

プッん







あえなく、ラインブレイクとなってしまいました。


よく、逃がした魚は…と言いますが、
正にその言葉通り…

暫し、茫然…

気を取り直してラインを組み、もう一度
メタルマルでキャスト❗

着底し糸フケを取り、リーリング開始直後

ガッン❗
今度は引たくるアタリで、またもや竿が
フルベント❗

しかしながら、こちらはその直後に
針外れ…

その後は、バイトも無く同行者の様子を
見に行くと…

きっちりハマチをキャッチされていました❗

「小さいからぶっこ抜いた❗」とのこと…
60cmあるんですけど🎵と思いながら
やはり郷に入れば…
のことわざが頭をよぎりました😅


そんな、ほろ苦い今期の沖磯デビューですが、
また、機会を見つけて行きたいと思います。

今度は本命のイサキ🎵
メタルマル買い占めときます❗