smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

プラグゲーム

インプレ スコーピオンbfs

  先日購入したスコーピオンbfsの使用感を
ちょっと書きたいと思います。
ここでのインプレは、あくまでも使ってみた
感想で、リールのスペック等はメーカーサイト
でご確認下さい。

先ずは外観ですが、カラーリングはピカピカ
していないのが、私的には好感が持てます。
実際にロッドに着けてみても、ほとんどの
ロッドに違和感無くセット出来ると思います。
ただ、今回セットで購入したテイルウォーク
のロッドはコルクグリップでデザイン的には
カルカッタの方が、レトロ感が出て良いとは
思いますが…
DSC_0888
では、キャストは…
ここが、ベイトフィネスの難しい所だと
思いますが、バスフィッシングでのフィネスと
ソルトでメバルやアジを狙う釣りとでは、
質量が根本的に違うので、バスフィッシング
を中心に考えると、何ら問題なく投げられると思います。
それは、バスフィッシングでノーシンカー
といっても、ワーム自体がかなりの重さもあり
ダウンショットや、ネコリグ等もシンカーは
軽くても結構重さがあるからで、ソルトの
極小ワームに1g以下のジグヘッドとでは、
少々次元が違うところがあります。

身近には、改良に改良を重ねて、ソルトで
超軽量のリグを飛ばせるようにしている方も
いますが、現状のスコーピオンbfsでは、
そこまでの究極には無理があります。
スピニングタックルよりも太いラインを
使えるメリットもありますが、小さなプラグ
では、太すぎるラインは泳ぎに影響が出ます。
私的には、3g~のプラグやジグヘッド、
メタルジグが投げれれば充分使えると判断
していますが、その点はクリアしていますので、
これ以上を求めるのであれば、スピニング
タックルを使えば良いと思います。
なので、3g~であれば、低弾道で、糸フケも
少なく、ピンスポットにスパッと撃ち込めます。

巻感はというと、きめ細かくヌルヌルとした
巻心地でありませんが、軽くて素直な標準的
なリールでは無いかと思います。

最後に、私的に初めての機能として、ドラグ音が
なるようになっていますが、これが結構
気持ち良く、わざと緩めで楽しんでおります。
IMG_20180129_184202_089


飛距離や、バックラッシュについては、
リールの性能的には問題ないと思いますが、
あわせるロッドやラインによって、ピーキー
になったり、ノンストレスに感じたりするので
なんともいえません。
特にロッドとの相性は各自のスイングスピードや
投げ方によっても変わりますので、過去の
ベイトリールがカルカッタで遠心ブレーキ
だった私は、ダイヤルで直ぐに調整できる
スコーピオンは良い相棒になってくれそうです。


因みに、今は手持ちの4ポンドのフロロを
50m巻いていますが、4..3fのロッドでも
6gのメタルバイブを投げると、最後まで
ラインが引き出されます🎵





謹賀新年

あけましておめでとうございます❗

今年もSmall Aqua Fishing Clubを
よろしくお願いいたします❗

年始もバタバタとしながら、飲んでばかりで
あっという間に4日となってしまいましたが、
ようやく釣りにいって参りました🎵

夕方からの出撃を予定して、道具を用意して
いると、ラインにメッセージが…
SAFCのメンバーさんから何処かいきませんか?
との事で、二つ返事で待ち合わせをして合流
何処に行こうかと悩みながらも、地元で手堅く
ボウズを避けましょうと、大阪湾奥に
行きました。

現地に着いて、先ずは海の感じを見ますが、
透け透けで、ちょっと厳しい感じ…

とりあえずは、メバルに強い34のオービー
を0,8gのジグヘッドに付けて表層を探ります。

しばらくして、アタリが出ますが乗らず…
厳しいけれども辛抱だ❗と自分に言い聞かせ
再度同じ感じで探ると…

グググ🎵
待望の初メバルをキャッチしました。
DSC_0844
サイズは小さいですが、とりあえずはボウズ
ではなくなり、一安心です🎵

その後も同じ感じで探り続け、もう1匹
キャッチ🎵となります。
DSC_0849
若干サイズアップ🎵ですが、ポテンシャル的には
まだまだ、大きいのが居るはず❗と思い
プラグに替えて同じように表層を引くと…
DSC_0852
釣れてくれましたが、サイズダウン⤵

同行のメンバーはアタリはちょこちょこ出て
居るようですが、乗らずで苦戦しています。
それでも丹念に攻め続け、めでたく初メバルを
キャッチ🎵して、お互いボウズは逃れました。

一休みしながら、本日の傾向を考え、表層にも
出るけれど、食いが浅くもう一段下げた方が
良いのかも?と思い、釣り納めで良かった
中層でのマイクロワインドに変えて見ること
にしました。

0.9gのデルタマジックで、キャストして
一旦ボトムを取り、底からしゃくりながら
中層をキープするようにトレースして
引いてきます。
2投目でボトムを取りしゃくりを入れて引き
もう一度しゃくりを入れて止めた直後に

ドン❗

固めに閉めていたドラグが出て、キビレか?
と思いながら、いなしていると明らかに
キビレではない引き抵抗🎵

メバルの可能性大🎵

と、浮かせると思惑通りのメバル❗

しかもデカイ❗❗❗


家を出るときに2ポンドのソアレにするか?
3ポンドのフリームスにするか?迷っての
フリームス2004H抜ける❗一気に抜きあげ
たメバルは…
DSC_0857
お腹もパンパンのグットサイズ🎵
DSC_0853
風船みたいなママメバルでした。
見た感じウエイトはあるけど、尺は無い感じ
でしたが、一応計測🎵
DSC_0855
写真では有りそうに写っていますが、
実際には28cm😱

しかしながら、初釣りなので嬉しいご対面
となり、改めて大阪湾奥のポテンシャルと
今期のやる気を、引き出してくれる魚に
出会えたことに感謝してリリースとしました。

こいつぁ~
春から縁起が良い❗

と、なった初釣りメバリングでした。

タックル
ロッド プロックス モバイルトラウト8+1
リール ダイワ フリームス2004H
ライン サンラインFCフロロ3ポンド
ジグヘッド デルタマジック0.9g
ワーム オンスタックル マナティー

12 22 48 大阪湾奥メバリング

年末という事で、仕事が山のように
押し寄せ、残業が続く週となっています。

なのですが、釣り自体はコンスタントに
こなしています。
毎日なにかしら釣れており、昼間の5投
勝負では、サバがまだ釣れたりアジもまばら
ですが、釣れています。
DSC_0787
そして、先日(22日金曜日)は仕事仲間と
夕方のメバリングをしました。

18時頃からのスタートで、私は前記事に
書いたマドネスのEBEECH48だけで、
同行者は、0.6gのジグヘッドにワームの
極めて標準的なスタイルで釣り始めました。

開始早々に私が、メバルをキャッチ🎵
DSC_0793
22cm程のナイスサイズで、幸先良い感じ❗
DSC_0795
お腹のフックにガッツリ食いついています。

同行者も同じようなサイズのメバルを
釣り気持ちのよいドラグ音が響いています。

調子良い感じと思っていると、ここから
豆シーバスのラッシュで、ちょっと落胆です。
メバルは食った後、素早く下に突っ込みますが、
シーバスは上にパシャと出るので、直ぐに
判断がつきます。
同じサイズでもシーバスはまだまだ幼魚なので、
全く引きません⤵…
ちょっと場所をずらして、メバルを探します、
2ヶ所ほど探った所でメバルを発見🎵
DSC_0796
これも20upで良く引きました🎵

その後もコンスタントにバイトは出ますが、
乗らない事も多く、バイトが出た所を
同行者にワームでフォローしてもらう作戦
で、キャッチ数を伸ばしました。

そんな感じで楽しんでいると、もぞっと
触るようなバイト❗
聞きあわせで魚とわかり、突っ込みを楽しみ
上がってきたのはグットサイズのママメバル
DSC_0798
プックリとしたお腹には、沢山の赤ちゃんが
いることでしょう🎵
暫し魚体に見とれてリリースしました🎵
DSC_0799
時間も30分オーバーとなったので、帰り際に
EBEECH48の本来の使い方であるだろう
ダートアクションでガシラを狙いました。

帰り際の防波堤の際からフル遠投して、
フォールさせ、着底後暫しステイさせて、
チョンチョンとダート…
再び底を取ろうとフォールさせていた時に
ラインが走ります❗
ロッドが柔いので、少々きつめにあわせると
なかなかの手応え🎵
いなしながら浮かせてきた時はアコウ?かと
思わせる魚体でしたが、残念ながらガシラ😱
DSC_0800
尺には届きませんが、なかなかのサイズ❗
この一匹で満足となりストップフィッシング
としました。

次の記事に書きたいと思いますが、正直
大阪湾奥にこんなにメバルや大型のガシラが居ることは3年前迄は想像もしていませんでした。

でもね…⤴

居てますよ🎵

それも結構な数が…
手軽なライトゲーム…
楽しみましょ🎵

インプレ マドネス EBEECH48

 今シーズンのメバルに関して、以前にも
書きましたが、プラグ主体で釣果を出したいと
思っています。

私の中の、プラグの位置付けですが、
小魚で食わす感覚は乏しく、アミの集合体
としての位置付けが大半です。
実際にメバルを捌いた場合、小魚が出てきた
事はほぼ無く、アミ(プランクトン)が
出てくるのがほとんどで、3月のイカナゴの
時期ですらアミを食べています。
もちろん小魚も食べてはいるのでしょうが、
主食はプランクトンだと思っています。

なので、ワームを選ぶときもクリアー系に
ラメが入ったようなカラーを使うことが多い
のですが、プラグも同じようにクリアー系を
主体で使っております。

そんなプラグでのメバリングに、最近発売
されたマドネスのシリコン素材のプラグ


ebichi_main

画像は赤金ですが、私のチョイスは…
DSC_0791

こんな感じで、クリアーにラメが入った
カラーを購入しています。

プラグを使う利点は、アピールが強い事。
止める(流す)ても沈まなかったり、ゆっくり
落とす事ができる。
等があり、デッドスローでシャローを引く
時なども、ワームでは不可能なこともでき、
非常に有効なメソッドになると思います。
DSC_0764
ちょっと前置きが長くなりましたが、この
EBEECH48パッと見たときは、ライトゲーム
よりチヌに効くのでは…
と思ったのですが、カラーを見渡して見ると
魅力的なカラーバリエーションでした。
エギ型で軽いしゃくりでダートさせて
食わせるイメージの形状ですが、私は表層
のただ巻きで使います。
もちろん沈めてダートさせても良いのですが、
DSC_0769
ダートさせるとガシラ率が高まります。

なので、エギ型のルアーというイメージは
捨てて、飛距離の出るワーム感覚で使います。
着水と同時にロッドを立てて巻いてくるだけで、
その間にアクションはほぼ入れません。
ロッドを寝かせるとレンジが入るので、
ロッドは必ず立てることがポイントだと
思いますが、3.5gあるので少々の風でも
安定して引いてこれます。

今期はこれだけで、結構な数のメバルを
キャッチできていますが、アタルけど乗らない
場合はフォローでワームを入れると高確率で、
追い食いしてきますのでサーチとしても
充分な力量のあるプラグだと思います。
そして、このプラグの最大の特徴である
シリコンで、作られている事は、水押は
あるけれどバタバタ感がない。
ことで、スレにくい事も大きなアドバンテージ
だと思います。
そんな、EBEECH48もう少し使い倒したい
と思います。

最後に…
多くのプラグにはリップが付いています。
これはルアーを泳がせたり、目的の深度まで
ルアーを到達させるために付いていると
思いますが、メバルに限っては、あまり必要
ではないと思います。
ワームでもそうですが、グラブ系やシャッド
系の
派手なアクションよりストレート系、ピンテール
系のワーム(一見泳いでいないように見える)の
方が、メバルの反応が良いと思うことが、
多々あります。
プラグでも同じでウォブリングの強いルアーは、
ブルブルと泳がせるとあまり釣れなく、
希望のレンジで止めたときや流した時に
バイトが集中する傾向にあることが多いです。
ただ、リップを無くしてしまうと、泳いでいない
ように見え、ルアーの位置や感覚が伝わらない
というアングラー側の要望に答えたプラグが
多いと思うのです。
事実、リップが折れてから釣れるように
なるプラグも結構ありました。

スーっと目の前を通す事で反応するメバル。
そんなときにシリコン素材のプラグは
使いやすいと思います。

一度お試しあれ❗

今期のアジング~メバリングについて…


アジング…

つい最近までは、春の釣りと冬の釣りとの
繋ぎ程度の感覚でした。
夏は大好きな季節で、炎天下の沖磯も、
灼熱の防波堤もへっちゃらなんですが、
仕事が外仕事の為、休みぐらいはできれば
クーラーの効いたお部屋でのんびり過ごしたく
蒸し暑い夜はビールでも飲んで、涼みたい
衝動が頭のなかを支配します。

なので、秋になってようやくアジでも狙おうか?
となっていたわけです。
冬は着込みさえすれば我慢できますので、
メバリングの釣行回数はある程度コンスタントになってきます。

そんな繋ぎ程度のアジングですが、今年は
ちょっと意識が違ってきています。
なんとなくではありますが、アベレージを
越えるアジが居て、そのアジへのアプローチ
が、あるように思えてきています。
最初の段階では、サビキの撒き餌に付いた
アジは釣り辛く、苦戦しましたが、今では
サビキ歓迎と言えるほど、攻略できるように
なっています。
そして、サビキでは釣れにくいサイズのアジ
が、その近辺に居て、それを釣るメソッドも
なんとなくではありますが、身についてきた
ように思います。
トライ&エラーの賜物ですが、リアルと空想の
域を検証しながら埋めていくのは、大変面白く
釣りの奥深さを実感し、今まで続けてこれた
原因の一つでもあると思うのです。
[画像:b259d91e-s.jpg]

そして、冬になると…
メバリングの季節になってきます。

こちらは、アジングよりも早くから取り組んで
いたのですが、順調に釣れる様になったと
思っていたら、メバルとガシラは釣り分けが
可能な事が解ってなく、なんとなくメバルも
釣れていただけ…
[画像:17edf75f-s.jpg]

ようやくそれも解ってきだすも、サイズが
伸びず、20cmまでの小メバルに遊んでもらう
ばかりのメバリング、たまに大きなサイズが
混じってもまぐれでしかなく、次に繋がらない
釣行を重ねていました。
それでも釣りを続けていくと、何らかの
ヒントは見つけられ、メバルはメバル、
ガシラはガシラ、魚種ごとの釣り方の違いも
解るようになり、潮の動く時はメバル
潮が動かず厳しい時間帯はガシラとか、
自分なりの組み立てで遊べるようになります。
ただ、人間(私)の欲は留まらず、今度は
サイズを求めだします。

ここで、今期のアジングと被る所があるのですが、単純に尺メバル、尺アジという一つのゴールを得るには、阪神間を捨てて、
尺のいる場所に遠征するのが近道かも
しれません。

ただ、今年の前半のメバリング、そして今の
アジングは、今までアベレージで釣れている
サイズを大きく越えています。
要は、居てないのでは無く、食わせられていない
だけかもしれません。
[画像:351757e7-s.jpg]


なので、今からの時期は、もう少しアジを
追いかけようと思いますが、メバルに推移
してもサイズを意識した釣りを心掛けたいと
思いますし、メバルに関しては、プラグ中心の
組み立てで挑みたいと思います。







ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。