smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

ベイトリール

朝活でバスフィッシング

日曜日は、釣り友のgontaさんと早朝の淀川
城北ワンドに行って来ました。

朝の3時過ぎにお迎えに来ていただき、
一路、城北ワンドに向かいましたが、
早朝の市内はスイスイで、到着時はまだまだ
夜が明けきらない状態でした。
駐車場で準備を済ませ、ワンドに着くと
すでに何人かのバサーがキャストしています。
流石は屈指のメジャーポイント…
私は、ライトを持参してなかったので、
明るくなるまで待って、ボチボチと始めます。

まずは、水面系のポンパドールjrで、際を
絡めながら引いて遊びます🎵
20190721061236_IMG_1332
ポコポコと良い音をたてながら、水面を
クロールしてくる様は、愛嬌があって実に
楽しく、まだちょっと薄暗いのもあって、
鯰が出て来ないかとヒヤヒヤしながら、
遊びました。
心配した鯰も出て来ず、平穏な休日の朝を
満喫しながら、次はちょっとレンジを入れて
いこうかと、ギルフラットを投入しました。
20190721061016_IMG_1331
このギルフラット、セッティングに少々コツが
要りますが、泳ぎは正にギルそのもの🎵
リールの巻き方でヒラヒラ泳がせたり、
キュッと早巻きを入れて誘ったり、
いろんな使い方ができる、優れもののワーム
だという事を再確認させられました。

でも、まぁ安定のノーバイトでしたが…


そして次に投げたルアーは、ジャークベイト
20190721061454_IMG_1333
バンタム リップフラッシュ115F
見た目よりレンジが入るのですが、ハイフロート
で、ウィードにコンタクトした瞬間に、
止めれば、直ぐに浮き出してくれて、スタック
しにくく、早巻きのストップ&ゴーで、効果的
な使い方ができるミノーだと思いました。

巻き抵抗の有るルアー、全く抵抗の無いルアー
スピードの強弱をつけたくなるルアーと、
いろいろなタイプのルアーを、投げましたが
巻く事にストレスが無く、状況を的確に伝えてくれるリールの性能は、大事だとおもいました。

朝5時前から釣りを始め、7時前には撤収した
今回の朝活フィッシングですが、気温も上がり
切っていないタイミングで、短時間に集中して
取り組むのも良いなぁ~と思えました。

インプレ 19アンタレス

先日購入してきましたアンタレスを、使った
感想を書き留めたいと思います。

20190421174226_IMG_1057
個人的には、釣具はあんまりキラキラしたのが
苦手で、黒一色とかが好みだったりします。
そんな私ですが、一度使ってみたい衝動に
かられキラキラのアンタレスを購入しました。
今までのアンタレスのイメージは、
世界で戦うとか、琵琶湖の浜で、大遠投するリールのイメージで、ボートや、オカッパリの小場所で使うリールではない、というのが
私の見解でした。

20190421151213_IMG_1055
しかし、この19アンタレスは、バーサタイル
的な34mmスプールで発売されました。
飛んで、巻けて、頑丈な今までとはイメージ
も違い、こんなのアンタレスじゃない❗
と言う意見も聞かれます。

私的には、今回のバーサタイル化は、歓迎
出来るもので購入した次第です。

さて、実際の使用感ですが、Mクラスのロッド
に、14ポンドのラインを巻いて使っていますが…




気持ちが良い❗

全てにおいて、






気持ちが良い❗


としか言い様のないリールだと思いました。

使う前の段階での各部のかっちりとした
剛性感、メカニカル、ドラグの調整時の
カチカチとなるクリック音、サイドプレート
の開閉時の噛み合わせの精度…
とにかく全てが気持ちの良い感じです。
リールの巻きも、マイクロモジュールギアの
おかげで超滑らかですから、ずっと触って
いたくなるリールです。

では、いざ投げてみての感想ですが、とにかく
飛ぶ❗
弾道が低い❗
伸びる❗
というところでしょうか…

最初に投げたのはジャークベイトだったのですが
想像の3割増しで飛びます。
20190330142817_IMG_0983
重量もそこそこあって、重心移動等も入る
飛ぶルアーですが、空気抵抗もそこそこ
大きく、終盤で失速する事の多いルアー
なのですが、さいごまでぶっ飛びます🎵
どんどんメカニカルを緩め、遠心を緩め、
気持ちの良いレベルにセッティングすると
一人でにやけた、ちょっと危ない人になる
位気持ちよく飛びます❗
同じように、スピナーベイトも空気抵抗が
大きいルアーですが、これもぶっ飛びます🎵
ラバージグや、ノーシンカーのヤマセンコー
もピッチングで挺弾道のまま体感2割増しで
飛んで行きます🎵
トラブルレスと言う意味では、ダイワの
SVスプールも大したものだと思いますが、
リニアに操作できる外部ダイアルと、人間が
サミングでコントロールする感覚は、趣味
キャスティングな私にはピッタリで、とにかく
楽しい感じです。
いつまでも投げていられます。

次に巻く…   感じですが、
先にも書いたマイクロモジュールギアの
おかげでしょうか?クランクベイトがとにかく
気持ち良い❗
ボトムにコンタクトさせながらちょびっと
浮かせて障害物を回避する…
でも、コンタクトポイントからは離さない❗
みたいな事が、いとも簡単に出来ます🎵
これは、今後の釣りに大きく影響が出るのでは?
と、思える要素で巻き感度がスピニングよりシビアに出るベイトリールとしては最高レベルだと思われます。

と言うべた褒めのインプレになってしまい
ましたが、ロッド一本で手軽に釣り歩きたい
時には、まちがいの無い選択だと思います。

強いて言えば、ぱっと見でアンタレスと
わかりすぎる鏡面のボディーなのと、価格が
いままでよりは、安く設定されているとはいえ
まぁまぁ高い事が、万人に薦められない
事でしょうか?
長く使えば、決して高くは無いと思われる
性能ですが、何台も揃える事は難しく、
バンタムや、ダイワのSVシリーズ等を上手く
噛み合わせれば、現状での最良なタックルを
揃えることも可能で、是非その候補に上げて
もらいたいリールだと思います。
ただ、ある程度いろいろなリールを使って
経験がないと、余りにもあっさりと難易度の
高い事をやってのけてしまうポテンシャルが
ありますから、このリールありきでは、他の
リールが色褪せてしまい、道具選びの楽しさは
無くなってしまうことでしょう…



インプレ シマノ 17スコーピオンDC100HG

本命使用目的のソルトゲーム、
サブでの使用目的のバスフィッシング
何度か使うことが出来ましたので、自分なりの
使用感を書いておきます。
[画像:84fa8e3e-s.jpg]
まず、ベイトリールの購入にあたっての背景は、
ライトゲーム中心の私ですが、たまには
フルキャストでビューンと投げたい時もある。
そして、いつもより大きな魚とのやり取りも
楽しみたいと思う時、既存のスピニングより、
ベイトリールの方が、よりおもしろく、
ストレスも無いのでは?と思い購入しました。

ダイワ派、シマノ派と言ったメーカー好みは
無いので、どこのリールでもよかったの
ですが、合わせるロッドがセミマイクロガイド
なので、ダイワの一部の機種のようにラインの
出口を解放して、飛距離出す、設計の物は
相性が悪いと思い、レベルワインダーの
広がらないタイプで探す事にしましたが、
コストの兼ね合いや、最新のブレーキシステム
が搭載された、スコーピオンDCとなりました。
思い起こせば25年前にバスフィッシングで、
バンタムスコーピオンを使っており、
その後はカルカッタになったのですが、
ちょっと感慨深い物があります。
当時は遠心ブレーキ、カルカッタも遠心ブレーキ
なので、マグネットブレーキシステムは、
あまり使うことがなかったのですが、
今回のスコーピオンDCはデジタルコントロール
ブレーキシステム❗
大分進化しているだろうなぁ😅と思い期待は
高いものがありました。
いざ、購入してみると以前までのスコーピオン
独特の小豆色のカラーではなく、ブラックに
細かなラメが入った塗装で、スコーピオンでは
無いような仕上がりのリールで、私的には
かなり気に入った感じです。

ソルトでの使用がメインになるので、ラインは
PE1.5号を150巻いています。
では、実際の使用感を…

最初のリグは、メジャークラフトのタイラバ型
ジグのジグラバースルー40g
[画像:60ff73fa-s.jpg]

幅広い魚種が狙えるのが魅力で、興味の
あるルアーなんですが、重い(実際は重い程良い)のが難点で、手持ちのスピニングタックル
では、投げにくいのですが、流石にベイトリール
であれば、楽に投げられました。
飛距離は申し分なくDC独特のビーンと言う
音を立ててスピニングタックルと比べても
遜色無くむしろ飛ぶ🎵
ブレーキのセッティングは2にしていますが、
少々の風であれば向かい風でも、ナーバスに
なることもなく、適当に投げればノーサミングで、
着水までブレーキがフォローしてくれます❗
恐るべき技術の進歩で、ナイトゲームでも
バックラッシュの心配無しに釣りが出来ます。

そして、面白いのはジグをフォールさせて
着底の瞬間❗
普通であれば、着底の瞬間にサミングして
いなければ軽いバックラッシュになると
思いますが、このリールはスッと止まります。
落としている途中でも、スプールを見ていると
逆回転しそうになるとくるんくるんとブレーキ
がかかって、バックラッシュを回避させようと
働いているのが面白いです。

そして、次はワインド用の1/2オンスに
交換して見ましたが、これも難なくクリアー
して、ストレスは全くといっても良いぐらい
ありませんでした。

シマノ(SHIMANO) 17 スコーピオンDC 101 左 03660【あす楽対応】

先日は、メタルマルの19gで港湾部のチヌや、シーバスを狙ってみましたが、
剛性感も充分で、巻き上げもスピニングより
楽なので、あっという間に
勝負はつきました。
[画像:5bf373ee-s.jpg]
[画像:855bdb2f-s.jpg]

まぁ、PEも1.5号 リーダーも20ポンドなので
ドラグが出るほどの、ファイトはありませんが、
ハマチクラス位であれば、何の問題も無い
剛性感であると思われます。

そもそも最新のリールなので、私のような
アングラーならば、どれでもそんなに変わり無い
仕上がりのリールの印象になるとは思いますが、
今のところ買って正解だと思える、費用対効果
だと言えます。

次はスコーピオンBFSかな🎵

リール(タックル)考察

釣りをする上でタックルの
選定は重要と思います。
image

高価なタックルと言う意味ではなく、ターゲットに合わせた選定が釣りの面白味、キャッチ率を上げるキーとなる事が多いでしょう。

今回は、リールについての持論です。

続きを読む
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。