smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

メジロ

04 23 14 爆風の沖磯に泣く…

日曜日は和歌山の大引の沖磯に
行って来ました。
image

写真では、天候も良く最高の釣り日和に
見えますが、爆風が吹き荒れるライトゲーム
には、最悪のコンディションです…

今回は2名釣行で私はライトゲーム
もう一方は、ガチガチの青物タックルでの
メジロ狙いのチーム編成です。

渡った磯はヒラバエと言う、比較的平坦な
沖磯で沖側は青物、手前側は水道筋になって
イカや、根魚が狙えそうな感じです。
image

持ち込んだタックルはいつもの6.7fに2000番
のリールセット(フロロ4ポンド)と、8.6fに
2500番のリールセット(PE0.6号)ですが…
一応狙いの中心はイサキで、軽いメタルジグ
等も持参しての磯渡りです。
image

浅く、広くのケース内容…

爆風で軽いリグは、全く使い物にならず、
過去に釣行した際に活躍した、ガシラ等の
軽量リグでのガシリングも出来ません。
春イカも期待してのエギも、風でラインが
流され、3号では一向に沈まず…

狙いをイサキ一点に集中して、釣りを始めました。
手始めにメタルマルの19gで遠投し、
探り始めますが…
3投目で着底からリーリングし、チョンチョン
ス~⤵と落としたメタルマルがスッ
吸い込まれるアタリ❗
すかさずあわせると竿はバットから絞り込まれ
ラインは飛沫をあげて引き出されます❗

何でやねん😱

瞬間で青物とわかるそのダッシュ
耐えながらも寄せに入りますが、ラインも
細く、竿もパワー不足、そして過去にも
メタルマルでメジロを掛けてしまった時の
テールフックが伸ばせれ外れた経験が、
頭をよぎりながら、いなして、いなして
寄せてきます…
その最中でも以外に冷静に
「しかし、今のアタリは完全に飲み込んでいると思う❗」
とか、
「竿のカーブきれいやなぁ~」
とか、
「ガチで引っ張りあいさえしなければ、
ラインは余裕で耐えるなぁ~」
なんて考えながら、じわじわと寄せて
きましたが問題が…

沖側の磯回りはテーブル状に根が出ており
手前で走られるとラインブレイク必至です。
タモも無く、同行者は反対側で見えない位置です。
image

それでもなんとなく、いなしながら寄せては
走られ、寄せては走られながらも問題の
手前テーブルまで寄せた安堵のその瞬間…

最後の力を振り絞った魚は無情にも、
磯際をダッシュ❗

プッん







あえなく、ラインブレイクとなってしまいました。


よく、逃がした魚は…と言いますが、
正にその言葉通り…

暫し、茫然…

気を取り直してラインを組み、もう一度
メタルマルでキャスト❗

着底し糸フケを取り、リーリング開始直後

ガッン❗
今度は引たくるアタリで、またもや竿が
フルベント❗

しかしながら、こちらはその直後に
針外れ…

その後は、バイトも無く同行者の様子を
見に行くと…

きっちりハマチをキャッチされていました❗

「小さいからぶっこ抜いた❗」とのこと…
60cmあるんですけど🎵と思いながら
やはり郷に入れば…
のことわざが頭をよぎりました😅


そんな、ほろ苦い今期の沖磯デビューですが、
また、機会を見つけて行きたいと思います。

今度は本命のイサキ🎵
メタルマル買い占めときます❗

やめます❗ 海上釣り堀

体育の日、久々に海上釣り堀に
行きました。

場所はいつもの和歌山県
海上釣り堀 紀州
image


肌寒い、秋の訪れを感じながら
いざ出船

image

風が強く、海上は時化気味ですが、
これからの季節、北西風が吹くと
こんな感じになるんだろうなぁ😅
と、話ながら到着しました。

抽選で決めた釣り座に着き、
準備をしますが、海面はバシャバシャ❗
うねりも入って、釣れるのか?と
心配になってきます😱

スタート❗
の合図と共に一斉に仕掛けを投入🎵

先ずは、軽い仕掛けで定石通りの
真鯛狙いで、団子エサで始めます。

ウキが馴染んだかなぁ、
と思うぐらいで3名位の方が
同時にヒット❗

エエっと、仕掛けを上げて打ち返すと
投入したウキが馴染まないうちに
ガツン❗

食い上げで真鯛が食ってきました。


これは…⤴

今日は大爆釣?⤴


………




………




………





何が?



その後は、ウンともスンとも…😱


同行の釣り堀初挑戦のメンバーは、
コンスタントにシマアジを混ぜながら
真鯛をゲット❗
もともと、エサ釣りをされていた
だけあってさすがの釣果❗

途中、レギュラーのgontaさんに
グッドサイズのカンパチが掛かるも、
image

痛恨のラインブレイク…😱

対する私は、すべてが後手に回り
ポンコツ感満載でストップフィッシング



敗因は…⤵

食い込みを重視しすぎて、軽い仕掛け
(1.5号)にしたのですが、風とうねりで
アタリが取れない❗

団子エサがやはり強かったのに、
生エサにこだわりすぎた。

風と潮の流れに対応出来ず、
あきらかに食うポイントが有ったにも
関わらず、上手く流し込めていない。

等々…
あげればきりがない敗因ですが、
そもそも海上釣り堀が向いてない?
とも思えてきました⤵


なので、海上釣り堀はやめます❗




















うっそで~~す❗



とりあえず来月23日の予約が
取れたようなので、また行きます❗

それまでになんとか秘策を❗
と、思いながら…





小豆島でライトゲームしてきます😱
image




ヤバい❗ヤバい❗

更新が滞っております。
まずは、8月21日の海上釣り堀から‥

付き合いの延長で、
行った海上釣り堀
当初は1回きり?

ところが、3ヶ月に1回位?

いえいえ、2ヶ月に1回?

ドンドン面白さにはまり、
なんと、今月2回目の釣行🎵
image

道具もレンタル→1本購入+レンタル

2本目購入で今や全て揃った感じ。

経験も増え、釣り方もわかってきて
釣果もうなぎ登り❗‥




そんな甘無い❗







最初の頃の方が、よっぽど釣れました。

最近は真鯛さえ厳しい展開です。
まぁ、水温も高く、エサ取りも多い
この時期は難しいらしいのですが‥⤵

それでも、何か進歩しているのか?
ちょっとは上手くなっているのか?

自問自答しながらの釣行となりました。

開始早々に、隣角のgontaさんに
青物がヒット❗

今日は爆釣か❗
と思ったもののそれ以来さっぱり😭

ポツポツと鯛が釣れるだけで、
盛り上がりの無い時間が淡々と
流れます‥⤵

鯛はポツポツと釣れますが、

青物の放流直後も活性は
上がらず‥⤵

終始、山場の無い平淡な釣行と
なってしまいました。

竿頭は釣り堀初体験(釣り自体)の
女性が8匹釣り上げ、我々男性陣の
面目も立たず、全体でも40匹程‥
またもや宿題の残る釣行でした。
image


最後に、今までの釣り堀での
見てきたことや、感じたことを
残したいと思います。

まずは、持論で魚相手に竿は折れない❗
と、思っていたのですが、
折れます❗

今までに2回見てます。
釣り堀独特の、掛けたら直ぐ上げる。
走らせない取り込みの為、
PE5号や、6号にハリス8~10号の
ラインシステムは竿の限界を
はるかに越え、手前で走られると
バットエンドからへし折られます❗
専用の竿(海上釣り堀用の安価)で
良いので、用意した方が無難です。

そして、リールはドラグガン締め
投げる事はないという状況で使える
安価だけどしっかり巻けるリール
が必要です。

また、仕掛けに関しては、
大は小を兼ねますが、小は大を
兼ねません😱

細ハリスの効果はある程度
有ることが確認できていますが、
大物が掛かったときはぶち切られます。
なので、ある程度の余裕は必用と
思います。

そして最後にエサ❗
生が良いとか、アミノ酸が効くとか
色々ありますが、基本は

だんご

なんだかんだ言いながら、これが一番
当たり、外れが少ないと思います。

この辺をもう一度考えて次回の
釣行に備えたいと思います。
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。