smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

ルアー

カマサーと言うルアー


実に不思議なルアー
Go-phish カマサー
[画像:923e4d2a-s.jpg]


本当はタックルハウスから発売されている
キーパプースと言うルアーなんですが…

小型のミノープラグで、シーバスやメッキ
小型の回遊魚等、何でも釣れると言う事ですが、
私の使い方が悪いのか?
何にも釣れないんです❗
かなり以前から、持ってはいるんですが、
その釣れ無さっぷりから、いつもケースには
入っているが、使わない→無くならない❗
でも、シーバスとメッキは若干の釣果が
あるので、一応2軍ルアーとしてケース入り
しているルアーなんです…

そんなキーパプース
Go phishさんではカマサーと名付けられ
人気のルアーとして販売されています❗

カマサー?
[画像:5af8a0a0-s.jpg]

こと、
カマスに関しては抜群の実績があるのです。
ネットでは、カマスはワームで釣ったり
メタルジグで釣ったり、勿論プラグで
釣ったり…
色々なアプローチで釣れる魚なのですが、
カマサーは群を抜いて釣りやすいと思うのです。

投げて巻くだけ🎵
まさに、このキャッチーなコピーが
ぴったりのルアーなのです。
[画像:316472a8-s.jpg]

ルアーとしての基本性能はちゃんと備わって
いるので、何が釣れてもおかしくないの
ですが、カマスのこのルアーに対する反応は
異常にも思えます❗


Go-Phish(ゴーフィッシュ) カマサー 50mm #2 オレキンミラーGB QPA50GP


今年はカマスのサイズも大きく、食べても
美味しい魚ですから、シーズンが続く限り
色々な場所で狙いたいと思います。

朝、夕のマズメ時が一番のチャンスですが、
ナイトゲームでも、ボイルが出たりする事も
あります。回遊魚なのでじあいを逃さず
効率よく釣るためにも手返しの良いプラグ

カマサー🎵

Go-Phish(ゴーフィッシュ) カマサー 60mm #18 アラハダレインボー QPA60GP

おすすめできるルアーだと思います。

西表~石垣のんびりフィッシング

本日より西表に3日間滞在します。
image

交通手段は、勿論ピーチ❗
いつも通りの簡単搭乗
image

少々狭いですが、往復で24000円
image

2時間半のフライトです🎵

空港に着くと、フェイスブックで
お知り合いの方がお迎えに❗
暫し談笑しながら、離島ターミナル
に送ってもらいました。

離島ターミナルからは、高速艇で
一路西表に…
image


昼過ぎには到着となりました🎵
距離は遠いですが、あっと言う間
天気はぐずついていますが、
南国独特の空気感、匂い…
短い間ですが癒してもらいます。

島内はレンタカーで、これからの
釣行の下調べをしました。


何ヵ所かめぼしを着け、竿出し
すると、小雨の降る水面を割って
マングローブジャックが、
出迎えてくれました🎵
image

小さいですが、
今回のファーストフィッシュ
ありがとう🎵とお礼をして、
お帰り頂きました。

その後もいろいろと見て回り、
ほのぼのとした田舎の景色に
浸りました。
image


しかしながら、何処を見ても絶景❗
image

雨でド茶濁りですが、これからの
釣行に期待が膨らみます。


そして、そして…



夕暮れ時✨






日没前のローライトに小雨が
合わさると❗





image

見たことの無い綺麗な虹が🎵

しばし呆然と立ちつくして
見とれていました❗

やっぱり自然は凄い🍀
image

帰りの夕焼けも素晴らしく、
初日は終了しました。

宿(ベースキャンプ)では、
八重山ソバを自炊
image

美味しく頂きました❗
image


明日はカヤックでの釣り❗
雨で川はどうなるのか、
わかりませんが頑張りたい
と思います。

野球型とゴルフ型

ふと、思ったので書くことにしました。

私は、以前にも書いたように、
2つのクラブチームに所属させていただいています。

メンバーの方のラインや、Facebook、ブログなどで新しいルアーや、ワームの購入に関して、日々いろいろな情報が書かれています。

しかし、世の中にはたくさんの商品がありますが、本当に必要なのか?
試す必要があるのか?
疑問に感じる事があります。

確かに釣れると聞けば使ってみたいと思う気持ちもありますが、本当に必要なのかもう一度考えた方が、より楽しい釣りになると私は、思っています。

ちょっと解りづらい書き方かも知れませんが、ゴルフは同じスイングでクラブを替えて距離を調節したり、フェアウェイ用、バンカー用、アプローチ用、グリーン用とクラブを替えてプレーします。

それに対して野球は、相手のピッチャーがカーブが多いからとか、フォークに対応するためにバットを替える事は基本無いと思います。

そして釣りの場合は、バスフィッシングはゴルフ型で、その他の釣りは状況にあわせて自分をアジャストしていく野球型が大半だと思います。


補足として、魚種を替えるのは、上記に当てはめるとスポーツ自体が変わるとの考え方です。

私の普段の釣りは、
ライトゲームが大半で、釣れないときには、自分を釣れる状況にアジャストしていく野球型です。

なので、自分の信じたバット(竿)で、自分の信じたルアーをアジャストして食わせる事に釣りの面白味を感じています。

では、アジャストの達人は?



ルアーメーカーのテスターの方だと思います。
もともと釣りが上手な人だと思いますが、メーカーの縛りのなかで、自分をアジャストして、メーカーのラインナップの中で釣果に結びつける技術が必要で、それが出来る人でないと成り立ちません。
また、それをすることにより更に上手くなると 、私は思います。

一般的には、自由に商品を選んで釣りをするのですが、今一度自分のタックルが、どれくらい使いこなせているか?
確認してみるのも良いかと思います。


ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。