smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

ロッド

新しくロッドを買いました。

ブリーデン 
glamour Rock Fish TREVALISM KABIN  5f6in 

アジングロッドです。

これからのシーズンは豆アジから始まり、
年末までいろんなサイズのアジが楽しめると
思います。

今までは、バスロッドや、トラウトロッド
メバル用のロッドでアジングを楽しんできた
訳ですが、昨シーズンはアジングをする機会が
多く、沢山のアジに出会い、ナイスサイズの
アジもなんとか釣れたりもして、メバリング
も楽しいのですが、アジングの本当の楽しさ
が、少しわかってきたように思います。

そこでアジングロッド…
普段はモバイルトラウト8+1
持ち運びの有利さで、これはこれでOKなの
ですが、休みの日にどっぷりアジングを❗
となるとやはり専門のロッドがあっても良い
かも?と思い購入した訳です。

ラインナップにはチューブラーティップ
私の購入したソリッドティップ、そして話題の
チタンティップがありましたが、
チタンティップは、究極すぎる😱

これまでチューブラートップは散々使って
きた事を考慮し、ソリッドトップの無難な
5f台のショートロッドにしました。
4fからラインナップされていますが、如何せん
波止やテトラで使うには短すぎるのです。

インプレは後日に、魚を釣ってから書きたい
と思いますが、とりあえず港で投げてみました。

DSC_1042
第一印象は…



軽い❗

とにかく軽い❗

ロッドが43g リール(ソアレ500S)が140g
合わせても200gを大幅に切る重さ😱

今までのモバイルトラウトは80g位で
リール(フリームス200H)は驚愕の235g

それでも、使いだすと慣れもあって、なんら
問題なくアジもメバルも釣れていたのです…

本当に軽い❗は正義なのか?
使い込んでからまたインプレしたいと
思う次第です。

インプレ ソルティースタイル KIJIHATA

先日、私なりの17スコーピオンDCについて
インプレしましたが、今回はその相棒となる
ロッドのインプレを書きたいと思います。

アブ ガルシア ソルティースタイルKIJIHATA
762M-H-KR
[画像:135bc678-s.jpg]

手軽な価格で、ラインナップも豊富なアブの
入門用~中級者向けのモデルです。
KIJIHATAとの記載通り、アコウやオオモンハタ
等の、中型のロックフィッシユをワーム等で
誘いだし、掛けたら一気に根から剥がす事を
重点に置いた、セッティングですが、私の住む
エリアには、それほどアコウの魚影は
濃くなく、アコウを真剣に意識しての購入ではありません。

購入の決めては、私の利用状況にマッチしそう
な長さ、ティップの硬さとルアーウエイトの
数値がちょうど良い感じで、尚且つ安い❗
事になります。

なるべく少ないタックルで、色々と使い回せる
事を前提にこのロッドを選びました。

クロダイロッドの時にも書きましたが、
シーバスはこのロッドとか、メバルは
このロッドといった縛りは私のなかにあんまり
ありません。
なので、ソルトメインですが、バスフィッシング
にも使えればとの考えもあります。
なので、長すぎると使い辛いので、8f以内
ルアーウエイトは2ozまで使えますので、
ビックベイト等も使えるベイトロッド
を探した結果このロッドになりました。

仕様的にはM-Hクラスで、ソルトで使用する
メタルジグの40gや、キャスティングタイラバ
の40g、鉄板系等はフルキャストも全く心配
無くこなせます。
このクラスのショアジギング用のロッドは
ティップが硬く、使い辛い事もありますが、
適度にティップの柔軟性もあるので、乗りは
非常に良いと思います。
感度自体も、ある程度の重さのあるルアー
の場合、そんなにシビアなアタリが出ることも
ないと思いますので、水中での流れや、違和感も
充分で伝わります。
ただ、軽いウエイトでのワインドは弾く事が
多く、タイミングが合わないと乗らない事
は、頻繁にありました。
振り抜きに関しては、もう少しロッドが軽いと、
良いなぁと思えますが、投げてからのリーリング
では、ベイトロッドの構造上上にリールがあり
体に近いので、全然問題なく維持出来ますし、
投げ続けられます。

魚を掛けてからは、ベリーから素直に曲がる
ので、必要以上に暴れることもなく、
寄せられますし、少々強引に寄せても
バットの強さで、どうにでもなる感じです。
[画像:a2845eb9-s.jpg]
後、セミマイクロガイドという事で、
ロングリーダーでのキャストでも引っ掛かりは
抑えられ、快適にキャスト出来ます。

まぁ、コストパフォーマンスはかなり高いので、
私のような、ライトゲームメインで、たまに
ショアジギングをするような使い方であれば、
ちょうど良い感じだと思います。


アブガルシア(Abu Garcia) ソルティースタイル キジハタ STHC−762M−H−KR 1437223

竿は立てましょう🎵


毎週のように釣り談義に
花を咲かせていますが、

釣れない❗

ばらした❗

無くなった❗

と言うキーワードが出ます😱

image

このキーワードに共通して
言えることに、竿が立っていない
事が絡んでくる事が多いです。

竿が立っていないと‥

地形の把握も、解らないままで
根掛かりも多発するかもしれません
アタリが取りづらいので、せっかくの
魚からのサインを見逃しているかも
しれません。
アタリが出てからも、アワセが効かない
かもしれません。
掛けてからも、竿の弾性が活かせず
ラインが飛ぶかもしれません。

とにかく竿が下がる(寝る)と
良い事があんまりありません😱

ですが、往々にして竿が寝てしまう
事が多いと思うのです。

ライトゲームに限らず、シーバスや
青物も竿が寝る事はあまり良い結果に
結び付きません😱

ちょっと前まではロッドの流行りで、
高弾性カーボンのファーストテーパーな
ロッドが主流でしたが、最近は中弾性や
低弾性のロッドも出てきています。
これらもメリットがあっての商品化
でしょうが、むこうアワセには良くても
しっかりアワセる釣りには、それなりの
パワーが必要です。
竿が寝るとアワセのタイミングが、
遅れたり充分なパワーが乗らない
事になります。

リトリーブでの引き抵抗も、竿先に
出ますが、寝ているとわかり辛く、
曖昧になります。


風が強い❗
足場が高い❗
潮が速い❗

いろいろな理由が有ると
思いますが、今一度
自分のロッドの角度❗

見直してみてはいかがでしょうか?
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。