smallaqua fishingclub

ライトゲームアングラーの釣行記録 たまに商品レビューします。

城北ワンド

地道な活動

土曜日は、時間が取れたので、ちょっと
城北ワンドに行って来ました。
_20180415_125535
琵琶湖ペア戦での、今世紀最大の敗戦後ですが、
次戦は城北ワンド戦です。
今一度、今年の城北ワンドが、どうなって
いるのか?見ておかなければなりません。
甘くみていた琵琶湖、そして関西屈指の
ハイプレッシャーリバー淀川…
パッと行ってパッと釣る❗なんて事は今の
私のレベルではありえません…

相変わらず人の数は半端無く、めぼしいと
思われる場所には、ひっきりなしで人が入る。
季節的には、プリの魚がシャローを目指して、
上がってくる頃でしょうが、それほど多くは
無く、何匹かの魚をみましたが、まだ本格的
では無い状況でした。
試合は5月の後半なので、今から上がってくる
魚は、アフターとなり今この魚を追っても
仕方がないので、確認だけしてスルーして
行きました。
今年の目標は、フィネスに頼らずに巻き物で
勝負したいので、水温も適切になった5月の
後半に何処で、何を投げるか?
この点に絞ってどんどん歩きました。
まぁまぁ、ボウズ釣行なのですが、これを
期日まで繰り返して、やりきれる自信を
つけるのが良いかと思っています。

勿論、フィネスの釣りもしますが、それは
居場所が掴めて、なお厳しい状況な時に
限定して、巻き物の釣りをして、
挑みたいと思います。

そんな、城北ワンド釣行でしたが、ベイト
フィネスのタックルが、非常に気持ち良く
飛距離もスピニングと変わりないか、それ
以上に飛びます。
ソルトの超軽量ジグヘッドや2g位のプラグ
では、使う理由が見つからなかったのですが、
バスフィッシングに関しては、メリットも
多く、淀川のようなシャロー主体の釣り場
では、大変重宝するタックルだと改めて
実感できました。
_20180415_125549
なので、このタックルを主軸にシャロー
クランクや、スピナーベイト、チャター
等で、釣れる魚を探して行きたいと思います。



GWは、まさかの城北ワンド

4日、5日と連続で淀川の城北ワンドに
行って来ました😅

当初は、ライトゲーム三昧の日々を予定
していたのですが……

先日のバス釣り大会のノーバイト、
ノーフィッシュが、なんとなく気になって、
モヤモヤした気分が続いていたのと、
プレッシャーも高く、個体数もそれほど
多いわけでもない城北ワンド。
でも、釣りをしてて楽しくて、結果がでない
事もこれまた逆に楽しい😃🎵

image


大会のプラにいった時は、爆風の激濁り
大会は、ピーカンのクリアーウオーター
悪天候時のラッキーフィッシュ
好天候時のノーフィッシュ
納得がいきません…

これは早いうちになんとかせねば…
と、思い今回の連続釣行となりました。

まず、4日の釣行は…💧
痛恨のノーバイト、ノーフィッシュ😱
image

昼飯位しか画像もありません…

今の時期、スポーニングを意識した、
大型の個体がワンドに入ってくるはずで、
そのバスをきっちり釣り上げた方が、大会も
優勝していますが、ワンドに入っているのか?
さえも掴めず、右往左往しただけの1日と
なってしまいました。

帰宅して、夜からライトゲームに出撃か?
それとも、もう一度城北ワンドに挑むべきか?
自問自答しながら寝落ち……⤵

これはもう行くしかない❗
そして、釣るしかない❗
と自分に言い聞かせいざ城北ワンドに❗

ピーカン、無風の城北ワンド
大会のプラ、大会当日、昨日と城北ワンドに
来ていますが、とにかく歩いています😱
ワンド、水路、本流と、ほぼすべての場所を
見て回って投げてみてようやくなんとなく
ワンドの個性がわかりだし、何処に入るのか?
考えながら見てまわりました。

この感覚は、野池を巡るのと似ているような…
隣通しでも、全く違う状況があります。

本流の影響を受けるワンド、受けないワンド
繋がっているワンド、独立したワンド
クリアーなワンド、マッディーなワンド
水深のあるワンド、水深の無いワンド
底が砂のワンド、底が硬いワンドetc…

到着から昼過ぎまではバイトもなく、
あ~⤵今日もダメか?と落胆しながら、
昼飯で鋭気を養い。
image

昼からのポイント選択を考えながら
いざ、最終決戦に❗

選んだワンドは、本流の影響を受け、
ある程度の水深もあり、隣のワンドとも
水の行き来があり、中央部は砂地で一部は
リップラップのあるワンドに照準を絞り、
ベビーシャッドをキャスト、キャスト、キャスト❗
きっと補食に上がってくると信じて投げたおし、
所々、ウィードの新芽が生えてきているところ
を見つけました。
しかしながら、タニシは爆釣します…
image


ウィードのエリアでネチネチとやるか?
それとも引き倒すのか?
悩んだ挙げ句の選択は、得意のミドスト🎵
ジグヘッドでは重すぎて、ウィードの面を
引きにくいので、ドライブスティックの
お腹にネイルシンカーを刺してのチョン掛けで
時折フォールを入れながら引いてくると




ガチッ❗コーン🎵

瞬間的にあわせたロッドがバットから
絞り込まれ、ドラグが引き出されます。

何度か引き込まれながらも、いなして、
いなしてランディング出来るところに誘導し
ハンドランディング🎵
image

ナイスコンディションの城北(淀川)バスを
キャッチすることができました。
image


暫しみとれながら、写真を撮ってリリース🎵
50cmには届きませんが、満足サイズ🎵
ここで連発すればミッションコンプリート❗
ですが、そう上手くも行かず…

それでも、一定の達成感が得られた城北ワンド
2daysとなりました😅


自身のルアー釣りの原点🎵 バスフィッシング
やはり奥深く、面白い事を再認識したGW
前半戦となりました。

本日はお仕事ですが、夜からはライトゲーム
の予定です🎵
楽しめれば良いなぁ~と思います。



バス釣り大会 第2戦 城北ワンド

昨日は、淀川の城北ワンドにて、
プライベートチームのバス釣り大会が
ありました。

今回は前日にプラもこなして、
ハイプレッシャーなワンドを攻略したいと
意気込んでの参戦です。

前日プラでは、爆風で水面は波立ち
濁りも強く、サイトフィッシングには、
向かない状況で歩き回った挙げ句、本流で
ようやく魚に出会えた非常に厳しい展開でした。

なので、プラ終了後は濁りに強いだろうと
思われるプラグや、ワームのカラーを
再度購入して万全を期したつもりでしたが…

そして、当日の朝
天候も良く、風もほとんど吹かない
大変釣りやすい状況でスタートフィッシング❗
image

開始と同時に若者はハイスピードで
目的のワンドに向かいます。
私たち高齢組は、とぼとぼと歩いて各自の
ポイントに…

私は、見える範囲を軽くキャストしながら、
昨日の本流に有る水中堤防に30分以上
歩いてようやく到着です。

しかし、そこで見た光景は……











超ドクリアー😱



え、なんで?

状況は一変して水中に伸びる堤防も丸見え、
見える範囲に魚の姿はなく、時折ベイトが
岸際をちょろちょろと泳いでします。

ベイトが居るのであれば、きっとバスも
捕食に来るはず…
そう信じてキャストを繰り返し、上流から
下りながら探りますが、一向にアタリは
ありません⤵



前半を本流に費やし、ノーバイトの厳しい展開
から、さてどうしたものか?と悩んで、
人でごったがえすワンドに戻る決心をし、
まだ濁りの残るワンドを探ります。
image

所々菜の花が咲き、蝶々が舞う、春爛漫の
藪を奥へ、奥へ進みキャスト❗
雷魚は見えども、ネストを守るバスの姿は
一向に見えず。
ヘトヘトになるまで歩いただけの、残念な
城北ワンド戦となってしまいました。

帰着時間になり全員が集合し、2名の
メンバーが魚を持参❗
コメントを聞くと、2人とも集合場所の
水路でネストを見つけてのキャッチ…

まさに、灯台下暗し…


不甲斐ない第2戦となってしまいました。

今回は2日連続で淀川の城北ワンドに
いきましたが、大阪市内でこれほど素晴らしい
フィールドがあり、沢山の人々が、スポーツを
したり、憩いの場として利用したり、釣りを
楽しんだり…
そして、外来魚として疎まれる存在のブラック
バスも、フナ、タナゴ、ナマズ、コイも自然環境をある程度残せば、共存してバランスを取っているように思えました。

みんなで、大事に守っていきたいものですね。

バス釣り大会のプラで城北ワンド

土曜日は、日曜日のバス釣り大会の
プラで、城北ワンドに行って来ました。
電車で梅田駅~大阪市のバス守口車庫行き
に乗り、約15分~徒歩5分で到着です。
image

相変わらずのハイプレッシャー…
沢山のバサーがバスを探して
右往左往しています。

当日は風が強く、そのせいか水質もマッディー
で、見えバスが全く居ません…
ひとつの場所に固執しても、今回はしょうがない
ので、テンポ良くワンドを周りながら、
アタリを探しますが、一向にアタリません…
これは明日も厳しい展開になるなぁ~と
思いながらキャストしていると
チームリーダーと遭遇❗
他にも何名かのメンバーが来ているらしく
明日にかける意気込みを感じながら
一緒に廻ることに…

いろいろな情報を聞きながら、めぼしい
ポイントを見て廻りましたが、結局あんまり
成果の無いプラに終わりました😅

ただ、水の色がわかったり、スポーンに
絡む大きなバスが、ワンドに入って無い
事はわかったので、大会の組み立ては
なんとなくイメージできるようになりました。

交通事故的に1匹のバスが釣れましたが、
image

これも、本番に繋がるかどうかは微妙です。
本番もテンポ良く、とにかく歩いて魚を
探したいと思います。

ちょこっと近場で…

夏日になった昨日は、
昼過ぎに手が空いたので、
淀川城北ワンドにバスを、
狙って来ました❗

今月のバス釣り大会は、
城北ワンドでの開催なので、
その下見もかねての
ちょこっと釣行です。

image

城北ワンドには去年の大会で、
訪れた以来の2回目ですが、
昨年は、3月のまだまだ寒い時期
そして雨で、結局全員ノーフィッシュ
の厳しい大会でした。

今年は、4月の後半で気候も良く、
バスの姿も見られると思いますので、
なんとかゲットしたいと思っております。

着いて辺りを見回すと、
沢山の人、人、人❗
プレッシャーが高いと見ていましたが、
想像以上でした。

平日でこれだけのアングラーが、
押し掛けるのであれば、日曜日の
大会は凄い事になりそうです。

頑張らねば…

時間もあまり無いので、
色々なポイントを広く、浅く
見て回り、誰かが釣り上げるのが、
確認出来ればいいかな🎵
と、他力本願で偵察を続けますが、
あいにく見ている範囲では、誰も
バスを釣り上げては居ないようで、
自身で釣った子バスだけとなって
しまいました。
image

しかしながら、何度か良いサイズの
バスを見ることが出来たので、
それなりに収穫はあった偵察でした。

小さいながらも、ワームの形状に
好き嫌いがあるようで、カラーも
含め、大会の準備をしたいと思います。

image




夜は夜で、ちょっとだけロック、
チヌ狙い…

爆風で、早期撤退となりました。
image


最後になりましたが、九州地方の方
心よりお見舞い申し上げます。
ギャラリー
  • 平日釣行の動画をアップ
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 相変わらずの低空飛行ですが…
  • 須磨海岸で夏を感じる。
  • 須磨海岸で夏を感じる。